【ニュース 韓国】日弁連副会長に韓国人が就任と判明!日本弁護士連合会は反日弁護士連合会に改名せよ!武田邦彦

日弁連副会長に韓国人白承豪弁護士が就任

日本弁護士連合会(日弁連)の副会長に、外国人としては初めて韓国籍の白承豪(ペク・スンホ)弁護士(57歳)が就任する事が判明しました。

画像出典:毎日新聞

白承豪弁護士は1962年に韓国のソウルで生まれ。

11歳の時に沖縄に移住して来られたようです。

幼児期に交通事故で右腕を失い、ハンデを抱えた状態で、一から日本語を学んだ白承豪さん。

琉球大学を卒業し、8回目の司法試験で合格し弁護士になられた方のようですね。

白承豪弁護士は、在日コリアン弁護士協会(LAZAK)の会長、兵庫県弁護士会の会長なども務めておられた方です。

神戸新聞によると、白承豪弁護士は兵庫県弁護士会や、近畿弁護士連合会の推薦を受け、副会長に就任。

任期は4月1日からの1年間。

人権擁護、国際人権問題、海外の放送団体との交流、死刑問題などを担当し、来年の4月に京都で行われる「国連犯罪防止・刑事司法会議」の準備にあたるという事です。

画像出典:日本語

現在、日本弁護士連合会の会長は、菊地裕太郎弁護士が務められています。

画像出典:nichibenren.or.jp

nikkan-spa

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す