朝鮮学校無償化は日本人の税金負担増!嫌いな人に誰が金を出すの?差別と発狂!武田邦彦

朝鮮学校無償化 広島地裁は無効と判決

共同通信によりますと、在日朝鮮人が通う朝鮮学校を、国が高校無償化の対象にしなかった事の違法性が争われた裁判で、広島地裁は2017年7月19日、違法ではないという判決を言い渡しました。

この裁判は、広島朝鮮学校を運営する学校法人、広島朝鮮学園と卒業生らが起こしたものです。

訴えの中で卒業生らは、国が4年前に朝鮮学校を授業料無償化の対象から外したのは違法だと主張して、5600万円の損害賠償などを国に求めていました。

これに対して国は、朝鮮学校は北朝鮮やその関係団体の影響の下にあり、無償化の資金が授業料にあてられない懸念があると反論していました。

19日の判決で広島地裁は、国側の主張を認めた上で、国の判断に裁量範囲の逸脱・濫用は認められないと述べ、卒業生らの訴えを、全面的に退けました。

同じような裁判は広島を含め、全国5カ所で争われていて、今回が初めての判決となります。

北朝鮮への抜け穴を次から次に作る辻元清美

大高未貴大高未貴

でもこれ、良かったですよね。

広島で、よくここまでね、こういう判断をしたなって。

ああいう土地柄でね。

東京もそうですね。

ただ、抜け穴はいっぱいあると思うんですけれども。

つまりこの朝鮮学校への支援という形で、国が打ち切っても、やはり別の形で希望のたね基金とか作られて、日本人から金を集めてそこで奨学金として出すとか。

辻元清美さんがね、国会の部屋を借りてバックアップした組織ですけど。

画像出典:Twitter

次から次へのこのね、抜け穴を作って行く気持ち悪さというのはありますけどね。

いかがですか?

朝鮮学校無償化は日本国民の税金負担増

武田邦彦武田邦彦

そうですね。

僕はまずあの、無償化という言葉は嘘だという事を言いたい。

無償化ってね、朝鮮学校の無償化と言ったらね、朝鮮学校の先生が給料を貰わないのかなとか。

それから、朝鮮学校の校舎は、朝鮮の人が建てるのかなと。

そうしないと、無償化にならないじゃないですか。

無償化と言うからそうかなと思ったら、そうじゃなくってね、僕らの税金を使うんだって。

なんで僕らの税金を使うのに無償化なんですか?

だって、無償じゃないじゃないですか。

無償って言うのはタダだって事だからね。

だから、タダならいいですよ。

非常に大変に結構で、朝鮮学校を無償化しますと。

ああ、そうですか、朝鮮学校の先生方は大変ですね。

アルバイトをしないといけませんねとか。

こうなるんだったらいいけど、日本人の税金を使って、朝鮮学校がなんで無償化なんてあり得るんですか。

僕は、無償化という言葉を全部辞めてね、税金負担、朝鮮学校の税金負担増、税金負担増を認めずと。

という風にするべきですよね。

まず第一に、言葉の使い方。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

One Response to “朝鮮学校無償化は日本人の税金負担増!嫌いな人に誰が金を出すの?差別と発狂!武田邦彦”

  1. 中国人、朝鮮人、全員が日本を嫌いなわけではないし、日本を嫌に思う人の背景を考えたことはないのですか。彼らの中には、確かに今の日本人の姿を理解していない人もいるとは思います。でも、もしあなたは日本人がかつて中国や韓国の人々に対してしたことを知らないのであれば、まずはしっかり学んでください。戦後、日本に残留を余儀なくさせられた朝鮮人の子供たちに民族教育の場を設けようと、いかに彼らが努力してきたか。朝鮮学校の突然の閉鎖に対して抗議した少年が日本の警察官に殺されたこと、彼らは日本人が経験することのないすさまじい体験を日本でさせられていることを知ってください。また、朝鮮学校で学んでいる子供たちは別に反日教育を受けているわけでもないし、彼らはむしろ日本と朝鮮の架け橋になりうる大事な人材です。日本政府のこの決断は、どう考えても差別であり、無実の子供たちを失望させた世界的に見ても恥じるべき決断です。
    彼らの立場になって考えてください。

コメントを残す