20年で8000兆円失い20%衰退した日本!日本を衰退させた無能な経済学者やインテリ!藤井聡

20年間貧乏にされ続ける日本人

司会 男司会 男

日本が20年間で失った所得は8000兆円!

これ、衝撃の数字です。

8000兆円。

藤井聡藤井聡

これもうちょっと2000兆円足したら1景円ですからね、これ。

司会 男司会 男

そうですね。

藤井聡藤井聡

ギャグかみたいな。

ほんま冗談みたいな話なんです。

司会 男司会 男

だってよく言われている、政府の借金と呼ばれているのが1000兆円超えたら大変だって言ってるけど。

藤井聡藤井聡

8000兆円なくなってんねんもう、みたいな。

司会 男司会 男

もうこれ、この衝撃の数字ですけど。

日本は、今この酷い状況に置かれているにも関わらず、それに気づいていないという。

藤井聡藤井聡

気づいてない。

司会 男司会 男

藤井さんはどうお考えかと、このあたり教えていただけますか。

年収を100万円以上減らされた日本人

藤井聡藤井聡

これはまず、何が8000兆円かというところからお話をしますとですね。

これ世界は過去20年で138%成長しているんです。

ところが日本はドル建てベースでいって、マイナス20%になっているんですよ、つまり20%衰退をしているんですよ。

今500兆円ちょっとのGDPに今なっているんですけど、これ1998年からそういう事になっちゃったわけですけども。

もし仮に98年にデフレにならずに、世界の平均成長率で成長していたとしたらで計算するの簡単じゃないですか138%足したらいい。

そうすると1300兆円くらいになるのかな、それくらいになっているちゅうことになってるんですよ。

GDPって何かって言うと、僕らの所得の合計値ですから。

だからもう、平均年収が1200~1300万になってるちゅう話なんですよ、平均年収が。

これすごいという事で、ところが平均年収が500万とか400万とかになってるじゃないですか。

という事は、もし仮に成長していたら僕らの年収1300万とか1400万とかになってましたよと、それで徐々に増えてきてたわけですから。

その僕らが今ある状況と、もし成長していたらというところで、僕らがこの20年間どんだけの所得を失ったのかと言う事を累計すると8000兆円になっているという話なんですよ。

でも僕らは、何か今が当たり前だと思っているじゃないですか。

だからこの8000兆円損してるんやでって、単純計算で計算してみたって事なんですよね。

司会 男司会 男

いきなりその、今みたい8000兆円どんと来るとぎゃっとビックリするけど、ちょっとずつ損している。

日本人を救う気が無い経済学者とインテリと政治家

藤井聡藤井聡

ちょっとずつ損してるので、これはいわば、茹でガエル君の状況で。

水に入れたカエルがあって、その水をちょっとずつ温めて、だんだん湯になってきても、カエルあほですからぴょんと飛び出さんとじっとしてて、

その内体がだんだん茹で上がってきてぷかーんと浮き上がって。

司会 男司会 男

動けなくなって。

藤井聡藤井聡

そうそう、日本もうこうやって徐々にダメになってきているので茹でカエルのようにダメになってるんと違うかなと。

司会 男司会 男

今は。

藤井聡藤井聡

今はっていう事なんですよね。

司会 男司会 男

今の話、茹でカエルの聞いてですね、もうだからぴょんと熱いって言ってぴょんと飛び出す力も無くなってきちゃう。

デフレの対策をする世界の政治家と対策しない日本の政治家

藤井聡藤井聡

無くなってるんですよ茹でカエル、そうですよ、そういう事ですよね。

更に僕これちょっと原稿で書いたんですけど、日本は茹でカエル君よりはもっと愚かで。

だいたい、98年にデフレになった時に、とつもない状況になって、普通のこれリーマンショックみたいなもんです、アメリカの、アメリカからしてみたら。

その時どうしたかって、オバマ大統領は90兆円の財政政策をどかーんとやって、90兆ですよ90兆。

日本の国家予算と同じだけの金額を追加的に出動させることを通して、デフレから脱却したわけです。

中国だって、60兆円の財政政策をどかーんとやってデフレにならないような状況にしたわけですよ。

だからデフレになった瞬間に熱ってなって、ぴょんと飛び出たわけですね、アメリカと中国。

日本は98年デフレになった時に、もう湯に入れられたわけですよ、日本というカエルは。

だから熱い、熱いわってぴょんと出ればいいところを、熱い辛抱しなきゃいかんのだって。
バカかお前みたいな。

司会 男司会 男

熱湯コマーシャルを思い出しますけどね。

藤井聡藤井聡

ザ我慢みたいな。

80年代、ザ我慢みたいな我慢しちゃったんですよね。

それでもうずっと、そこで更に熱いからぴょんと出たいところに我慢しな、米百俵とか言いながら我慢してた。

司会 男司会 男

ありましたね。

藤井聡藤井聡

辛抱の辛みないななんじでどんどん辛抱しちゃったわけ。

更にどんどん熱くなる、いやもっとこれは辛抱しなきゃいかんのだ。

この状況で、もう移民を受け入れるなないといかんのだと。

これからもっと緊縮しなきゃいかんのだとか言って、デフレがいいんだ、この熱いのが実はいいんだみたいな。

バカかお前はって。

茹でカエルよりもっとバカなんです今の日本は。

そんな事になっています。

司会 男司会 男

今そういう現状なんですね。

その今98年の話出ました。

アメリカ90兆円つぎ込んだ、中国も60兆円つぎ込んだ。

日本はちょっとはつぎ込んだんですよね?

藤井聡藤井聡

ちょっとはつぎ込んだんですけども、ちょっと何か4~5年やって来たら、日本は借金が増えてきたからこれは削らなきゃいかん。

緊縮にして増税をしてもっと辛抱しなきゃいかんのだぴょんって。

バカかお前って。

これで8000兆円って言ったら皆びっくりするでしょうし、138%はないだろうとしても、日本がいくらバカだと言っても世界の成長率は3分の1くらい行けると考えましょうと。

アメリカだったら130%成長しますし、成熟社会でも何でも成長出来るんですけど。

仮に日本がおバカで3分の1しか成長してなかったとしても、今の日本のGDPは800兆円くらいになってて、それの間、それを基準にすると3000兆円損してるんですよね。

日本が衰退し日本人が貧乏にされ続ける理由

司会 男司会 男

それで3000兆円損してるんですね。

3分の1でも。

藤井聡藤井聡

だから、3分の1も成長出来ない。

衰退しているわけですから、本当にバカなんですよ日本ってのは。

ちょっとちゃんともうちょっと考えて欲しいです日本も。

司会 男司会 男

でもその今、藤井さんに熱湯かぶせられたような気持ちでいますけども、そんな酷い状況に置かれているにも関わらずそれに気づかないその原因とは何なんですか?

藤井聡藤井聡

これはやっぱり、インテリがバカだからだと思いますね。

これ普通はね、庶民っていうのはなんか、お金は雇い主から貰うじゃないですか。

あるいはお店やってる人は、お客さんからお給料貰うわけじゃないですか売って。

それで、お客さん減って来たな困ったなって思うくらいじゃないですか。

更にその労働者は、なんか給料とかボーナスが出えへんなぇとかってなるだけじゃないですか。

若い人とか、なんか、就職口に、あんまりええのないなって思うだけじゃないですか。

だから何でこうなったか気づかないですよね。

これに気づくのは誰かっていったら、インテリなんですよ。

経済学者を中心とした。

ほいで、アメリカや中国はインテリがちゃんといて、これはデフレになるから財政政策をやってデフレを防いでおかなアカンってこれ気づいたからですよ。

日本のインテリ共は、経済学者共はですね、そういう事何も言わなかったんですよ。

結局、なんかほったらかしてるわけですよ。

全然そんな経済状況は、なんにも言わんと。

「いやね、やっぱりね精神的に文化レベル上げればいいんだよ」とか素っ頓狂な事を言ったりして。

でも、文化レベルの話をする前に給料が少なくなっとんねんお前はと。

失業者増えて若者困っとるやないかって言う、当たり前の事を論ずるインテリが左から右まで全然いなかったんですよ。

左はこれはもう政府は小っちゃかったらええとか、共産党とかの方もね、公共事業やったらアカンとかそんなんゆうとって。

右は何かって言ったら、経済の事アホやから分からへんから。

「いややっぱり、日本の伝統を残す事が大事なんだ、経済なんて金の事言っちゃいかん」とか。
「成長段階っていうのは、下品な事を言ってるバカが言ってる事だ」って素っ頓狂な事言って。

金が無いって言ってんねん。

若者が失業してるって言ってんねんみたいな。

そんな当たり前の事が出来なかったんですよね。

司会 男司会 男

今日入ってきてるニュースでも、世界銀行が今年の日本の実質経済率1%と、原油価格上昇に伴うガソリンの値上がりなどで家計の所得が実質的に減って景気の足を引っ張ると見込んでると。

何にも変わってないですね。

藤井聡藤井聡

これ普通の左のインテリも右のインテリも、いや1%でも成長しているからいいじゃないか、あと2%成長して3%とか言ってるかもしれません。

1%とか2%とか3%とかせこい事言うな、それでもやっぱり日本の伝統はだなとか言ってバカかお前。

司会 男司会 男

それが現実。

藤井聡藤井聡

そうバカばっか、やってられん。

2018.06

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す