三橋貴明 MMT 現代貨幣理論を財務省が必死で潰す理由!リフレ派でデフレ脱着は出来ない!佐藤健志

揉めに揉めるブレグジット

3月15日産経新聞

イギリス合意な離脱否決

三橋貴明三橋貴明

これは、要は期限について今までは3月29日だったのが、3カ月延ばす事が出来るかもしれませんよというような、そういう議決をしたんですけど。

EU側は、別に伸ばすのはいいんだけど、ちゃんとした理由が無いと延ばさないと言っているので。

その合意が、一応EU側と政権は、テリーザ・メイさんたちは通っているんだけれども、議会が通らないという状況が終わっていないから、これはまだどうなるか分からないという感じですね。

佐藤健志佐藤健志

そうですね。

イギリス議会は、まぁ大動乱で。

三橋貴明三橋貴明

そうでしょうね。

佐藤健志佐藤健志

3月12日にまず、テリーザ・メイ首相、内閣がまとめて来た合意離脱案、これが1月ほどでは無かったけれども、やっぱり大差で否決。

そして翌日、13日に今度は合意なき離脱をするのか、議会は承認するのかしないか採決にかかって、これまた否決。

それで、3月14日、じゃあというんで短期の延長。

ブレグジット短期延期をですね、これは可決されました。

ただこれはですね、本当に認められるには実は12日に否決されたばっかりの離脱協定案を可決しなきゃいけない。

2回否決されたものを3回目出して、可決されるというのはどういう意味があるのか。

EU側もですね、あれ実は、口先では色々と言っていますが、本音は、いい加減ここまでグダグダになったら、ブレグジットを撤回してEUに残ったらという事なんです。

三橋貴明三橋貴明

なるほどね。

乗ったバスを降りるのは本当に大変

佐藤健志佐藤健志

マクロン大統領が、ヨーロッパ刷新の為にという文章を、なんと22カ国語で発表。

EU全体で使われている言語は全部で24ですから、その殆どで発表。

彼はなんて言ったかと言うと、修正グローバリズムという感じのスタンスを出しているんですよ。

つまり、今のヨーロッパというのは、彼にとってはEUですね。

は、諸国民の不安に十分に応えているとは言えない。

だけど、だからと言って、EUから出ていくというのは答えにならん。

というんで、マクロンが提案したのが、なんかですね、「ヨーロッパ会議」というのを作りたいと。

今年中にですよ。

三橋貴明三橋貴明

今年中ですか?

無理でしょ、絶対にそれは。

佐藤健志佐藤健志

EU加盟国、各国の代表プラス、ヨーロッパの主要国際機関の代表で構成されるヨーロッパ会議というのを今年中に作りたいと。

で、このヨーロッパ会議が、EU改革の道筋を示すと。

彼に言わせれば、マクロン曰く、これによってヨーロッパの諸国民は、

三橋貴明三橋貴明

統合されるって事ですか?

佐藤健志佐藤健志

いや、自分達の未来を真に掴むことが出来るであろうと。

三橋貴明三橋貴明

抽象的でわからんw

佐藤健志佐藤健志

で、イギリスもこのようなヨーロッパにこそ、真の居場所を見出すと私は確信すると。

三橋貴明三橋貴明

この問題の本質は、EUの一般のね、国民の人達が、主権の行使が出来ないという事じゃないですか。

それでまた会議とかをやって、それは明らかに、そこにどうやって主権の行使をするかって、プロセスは多分無いわけですよね。

あっちゃあ駄目ですよね、逆に。

全然、解決にならないですよね。

それではイギリス国民の不満は解消しないですよね。

佐藤健志佐藤健志

されないんですが、面白いのは、マクロンは、この言い方とこの口ぶりで行くと、まるで、もうブレグジットというのは潰れたんだと言わんばかりの事を言っている。

あとEUのトゥスク大統領ですか、イギリス下院での動きに関連して、「いや、離脱延期は長期でもいいよ」といった事を言い始めて。

三橋貴明三橋貴明

言い始めたんだ。

佐藤健志佐藤健志

これ、要するに彼らの本音というのは、まぁ、なし崩し的に潰して、イギリスをEUに留まらせようと。

それをはっきりEUとして言っちゃうとイギリスはムキになって出ていくかもしれないから、それは言わない、というのが真相ではないかと思いますね。

三橋貴明三橋貴明

なんでしょうね。

マクロンとか、EUの首脳部とかそうなんですけど、貴族階級とかそんなイメージなんですかね。

佐藤健志佐藤健志

でしょうね。

元々、ヨーロッパは身分社会ですからね。

三橋貴明三橋貴明

元々そうですからね。

だから、一般人民に主権があるというのが、そもそも間違っているんだという印象を最近凄く受けるんですよ。

特に、大統領の発言とかから。

佐藤健志佐藤健志

まぁ、そうですね。

アホに権利を与えるとロクな事にならんと、そういう感じですよね。

私、個人的にはイギリス議会の下院の議長、ジョン・バーコウさん、好きになりましたけどね。

あのだみ声、静粛にって、「オーダー!オーダー!」ってね。

三橋貴明三橋貴明

見てんですね、テレビをねw

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す