三橋貴明 MMT 現代貨幣理論を財務省が必死で潰す理由!リフレ派でデフレ脱着は出来ない!佐藤健志

揉めに揉めるブレグジット

3月15日産経新聞

イギリス合意な離脱否決

三橋貴明三橋貴明

これは、要は期限について今までは3月29日だったのが、3カ月延ばす事が出来るかもしれませんよというような、そういう議決をしたんですけど。

EU側は、別に伸ばすのはいいんだけど、ちゃんとした理由が無いと延ばさないと言っているので。

その合意が、一応EU側と政権は、テリーザ・メイさんたちは通っているんだけれども、議会が通らないという状況が終わっていないから、これはまだどうなるか分からないという感じですね。

佐藤健志佐藤健志

そうですね。

イギリス議会は、まぁ大動乱で。

三橋貴明三橋貴明

そうでしょうね。

佐藤健志佐藤健志

3月12日にまず、テリーザ・メイ首相、内閣がまとめて来た合意離脱案、これが1月ほどでは無かったけれども、やっぱり大差で否決。

そして翌日、13日に今度は合意なき離脱をするのか、議会は承認するのかしないか採決にかかって、これまた否決。

それで、3月14日、じゃあというんで短期の延長。

ブレグジット短期延期をですね、これは可決されました。

ただこれはですね、本当に認められるには実は12日に否決されたばっかりの離脱協定案を可決しなきゃいけない。

2回否決されたものを3回目出して、可決されるというのはどういう意味があるのか。

EU側もですね、あれ実は、口先では色々と言っていますが、本音は、いい加減ここまでグダグダになったら、ブレグジットを撤回してEUに残ったらという事なんです。

三橋貴明三橋貴明

なるほどね。

乗ったバスを降りるのは本当に大変

佐藤健志佐藤健志

マクロン大統領が、ヨーロッパ刷新の為にという文章を、なんと22カ国語で発表。

EU全体で使われている言語は全部で24ですから、その殆どで発表。

彼はなんて言ったかと言うと、修正グローバリズムという感じのスタンスを出しているんですよ。

つまり、今のヨーロッパというのは、彼にとってはEUですね。

は、諸国民の不安に十分に応えているとは言えない。

だけど、だからと言って、EUから出ていくというのは答えにならん。

というんで、マクロンが提案したのが、なんかですね、「ヨーロッパ会議」というのを作りたいと。

今年中にですよ。

三橋貴明三橋貴明

今年中ですか?

無理でしょ、絶対にそれは。

佐藤健志佐藤健志

EU加盟国、各国の代表プラス、ヨーロッパの主要国際機関の代表で構成されるヨーロッパ会議というのを今年中に作りたいと。

で、このヨーロッパ会議が、EU改革の道筋を示すと。

彼に言わせれば、マクロン曰く、これによってヨーロッパの諸国民は、

三橋貴明三橋貴明

統合されるって事ですか?

佐藤健志佐藤健志

いや、自分達の未来を真に掴むことが出来るであろうと。

三橋貴明三橋貴明

抽象的でわからんw

佐藤健志佐藤健志

で、イギリスもこのようなヨーロッパにこそ、真の居場所を見出すと私は確信すると。

三橋貴明三橋貴明

この問題の本質は、EUの一般のね、国民の人達が、主権の行使が出来ないという事じゃないですか。

それでまた会議とかをやって、それは明らかに、そこにどうやって主権の行使をするかって、プロセスは多分無いわけですよね。

あっちゃあ駄目ですよね、逆に。

全然、解決にならないですよね。

それではイギリス国民の不満は解消しないですよね。

佐藤健志佐藤健志

されないんですが、面白いのは、マクロンは、この言い方とこの口ぶりで行くと、まるで、もうブレグジットというのは潰れたんだと言わんばかりの事を言っている。

あとEUのトゥスク大統領ですか、イギリス下院での動きに関連して、「いや、離脱延期は長期でもいいよ」といった事を言い始めて。

三橋貴明三橋貴明

言い始めたんだ。

佐藤健志佐藤健志

これ、要するに彼らの本音というのは、まぁ、なし崩し的に潰して、イギリスをEUに留まらせようと。

それをはっきりEUとして言っちゃうとイギリスはムキになって出ていくかもしれないから、それは言わない、というのが真相ではないかと思いますね。

三橋貴明三橋貴明

なんでしょうね。

マクロンとか、EUの首脳部とかそうなんですけど、貴族階級とかそんなイメージなんですかね。

佐藤健志佐藤健志

でしょうね。

元々、ヨーロッパは身分社会ですからね。

三橋貴明三橋貴明

元々そうですからね。

だから、一般人民に主権があるというのが、そもそも間違っているんだという印象を最近凄く受けるんですよ。

特に、大統領の発言とかから。

佐藤健志佐藤健志

まぁ、そうですね。

アホに権利を与えるとロクな事にならんと、そういう感じですよね。

私、個人的にはイギリス議会の下院の議長、ジョン・バーコウさん、好きになりましたけどね。

あのだみ声、静粛にって、「オーダー!オーダー!」ってね。

三橋貴明三橋貴明

見てんですね、テレビをねw

日米FTAをFTAではないと誤魔化すセコイ話

三橋貴明三橋貴明

はい、次ですけれども、これは今の話と関連するんですけど、

3月15日朝日新聞

日米通商交渉来月にもと。

日米FTAなんですけど、なぜかFTAと呼ばれない不思議な交渉が始まるという事ですね。

佐藤健志佐藤健志

相変わらずTAGと強弁している。

三橋貴明三橋貴明

日本側はね。

佐藤健志佐藤健志

あれは、外務省の仮訳にしか載っていなくて、仮訳って効力は無いですからね。

あれはただ本当に日本が言っているだけ。

三橋貴明三橋貴明

あの、FTAじゃないと、そもそもWTOにも加盟しているわけだから、特定の国との貿易協定って認められませんもんね。

なんでFTAって言わないんですかね。

今、変な言い方していますよね。

USJ…

佐藤健志佐藤健志

USJTA

USがアメリカ、ユナイテッドステイツ、ジャパンのトレードアグリーメント。

USJTAと。

要は、FTAですよ。

三橋貴明三橋貴明

FTAですよね。

佐藤健志佐藤健志

これは去年12月に向こうが出して来た、アメリカの通商代表部が出して来た目標を見りゃあ分かるんですよ。

どう考えたって、あれはFTA以外の何ものでもでもない。

三橋貴明三橋貴明

逆にFTA以外、認められませんもんね。

絶対に、結べるわけが無いんで。

佐藤健志佐藤健志

取り敢えず、英語の公式文書、こっちは効力があります。

では、USJTAと言っている。

それを日本側がですね、仮訳、これは効力はありません。

で、それはTAGであると、強弁をして、現在に至ると。

三橋貴明三橋貴明

物の貿易協定に過ぎませんよという振りをして、FTAをやるんだけれども、アメリカ側もFTAと言うと日本の世論が反発するのは分かっているから、じゃあ呼び方をUSJTAでいいですよと、こんな感じなんですか?

佐藤健志佐藤健志

というレベルの話でしょ。

三橋貴明三橋貴明

もう、いい加減にしろと。

佐藤健志佐藤健志

非常にセコイ話で。

トランプが、例の金正恩との第2回会談がコケた時に、ベトナムで会見した時に、これからは日米通商交渉に本腰を入れるって言っているんですよね。

三橋貴明三橋貴明

でも、アメリカ側もFTA、さっきのイギリスの話じゃないんですけど、別にFTAなんて言葉を使わなくても、実利が取れればなんでもいいわけですよね。

だから、どういう呼び方をしても日本の好きにしろよと。

ただし、内情はFTAですよという話ですよね。

佐藤健志佐藤健志

だって、サービスも金融も、実は全部入っていますからね、あれね。

三橋貴明三橋貴明

だからね、これこういうFTAとかTPPもそうだったんだけど、「バスに乗り遅れるな」とか、「一回やって乗ってみて、一回やってみて駄目なら辞めればいいじゃないですか」って言うじゃ無いですか。

そんなのイギリスの例を見たら、どれだけ大変か分かるでしょ、って事ですよ。

無理ですよ、バスを降りるのは。

飛び降りるか、二度と戻れない終着点に連れて行かれるかのどっちかしか無いので、戻ってくるのは今のイギリスの苦労を見れば分かりますよね。

どれだけ大変か。

佐藤健志佐藤健志

バスが発車しようとしているからと言って、乗らなきゃいけない義理は無い、マル。

それだけの話ですね。

三橋貴明三橋貴明

要は、だからそういう風に焦らせて、世論を誘導して賛成させようと、そういう事をやっているんですけど、こういうのに簡単に騙されちゃう日本国民というのも、相当にプロパガンダに弱いなとも思いますけどね。

日本最悪のプロパガンダ「財政破綻論」

三橋貴明三橋貴明

プロパガンダで思い出したんですけど、最悪のプロパガンダは財政破綻論じゃないですか。

佐藤健志佐藤健志

もちろん。

三橋貴明三橋貴明

でね、今、その財政破綻論について、まぁ簡単に言うとね、日本政府が日本円建ての国債を発行して、日本銀行が日銀当座預金という円を発行して買い取っているんですけど、これでどうやって財政破綻するんですかというのが、私たちがずっと言って来たんですけど、

これがね、ようやくアメリカで真っ当な経済学として今、勃興しようとしていて、大論争になっているんだけど。

えっと、モダンマネタリーセオリーですね。

MMT

MMTは「現代金融理論」ではなく「現代貨幣理論」

三橋貴明三橋貴明

なんか、日本だと、「現代金融理論」って訳されているんだけど、いや、「現代貨幣理論」だと思うんですけど。

佐藤健志佐藤健志

貨幣でしょ。

マネタリーだからね。

三橋貴明三橋貴明

なぜか現代金融理論って言っていますけど、これね…

佐藤健志佐藤健志

金融ってファイナンスだから、現代金融理論だとMFTでしてね。

MMTと呼ばれている以上、これは「現代貨幣理論」ですね。

三橋貴明三橋貴明

貨幣ですよ、そう。

これの何がポイントかと言うと、要は一番分かりやすいのは銀行預金なんですよ。

銀行預金ってどう生まれるんですかというと、普通の人は、いやいや私たちが一万円札を銀行に預金して、それで銀行預金が出来るじゃないですかという話なんだけど、この一万円札は、日本銀行の借用証書ですからね。

画像出典:Banknote Index

だから、日本銀行券って書いてあるの。

その話はいいんですよ、それはその通りなんだけど。

でも、おかしくないですか。

例えば、佐藤さんが3000万円銀行から借りようとした時に、現金紙幣を借りないですよね。

そんなやついないよ、絶対。

佐藤健志佐藤健志

まぁ、袋に入れて、持って持てない事はないくらいですから。

三橋貴明三橋貴明

面倒くさいでしょ。

佐藤健志佐藤健志

面倒くさいし、不用心だし、それは当然、振り込んで貰う方がいいですね。

三橋貴明三橋貴明

まさにそれがポイントで、3000万円を借りる時に我々が何を借りているかというと、銀行預金なんですよね。

通帳に3000万円って書かれるだけなんです。

じゃあ、その3000万円という預金、借りた3000万円という預金はどこから来たか。

今、佐藤さんは振込という言葉を使いましたけど、実際は違います。

書いているだけだからね。

数字を書くだけで、3000万円という預金というお金が発行されているのが、これが真実なんです。

銀行預金というは、銀行が何らかの借用証書と引き換えに、書くだけで発行しているんですね。

1万円札も、実は日銀の借用証書というのを我々が銀行に持ち込んだら、これと引き換えに書くだけで1万円という預金を誕生させているんだけど、これは実は、現実がこうなんだけど、誰も理解してくれなかった、今まで。

なんででしょう?

佐藤健志佐藤健志

今や、書いてすらいないでしょ。

印字しているだけ。

数字を印字する事を、取り敢えず便宜上、振込という。

三橋貴明三橋貴明

そうですね、あるいは、その今はデジタルデータになっちゃっているから、印字もしないですよね。

デジタルの世界で、数字を増やすだけでお金を発行しているんだけど、

佐藤健志佐藤健志

一連の数字がデータとして出てきました。

これを振込と呼びます、便宜上。

三橋貴明三橋貴明

なるほどね。

佐藤健志佐藤健志

だから、物を振り込んでいるようなイメージがあるけれども、実はっていうのですね。

米国の経済学界で大論争のMMT

三橋貴明三橋貴明

で、その数字を増やすだけでお金を発行しているにも関わらず、これがなんか全然違うような状況になっていて、なんか世界のお金の量は一定ですという、まぁ一万円札なら分かるんだけれどね。

一定ですよというような経済学というのが進化しちゃっているから、日本では例えば財政破綻論ですね。

そういうのが流行っちゃったり、例えばそのいわゆるリフレ派のね、お金を発行したらデフレを脱却出来ますよと。

「出来ねぇ」って言ってんだけど。

まぁ、そういう歪みが出ちゃうんですよ。

これが今、修正されようとしているのがね、このMMTなんですよ。

ちょっと今回やるには長すぎるのでやりませんけども、ロイターとかブルームバーグで読むと、アメリカで大論争で、既存の経済学者、クルーグマンとか、

画像出典:The Malaysian Reserve

サマーズとか、

画像出典:Vox

比較的金融政策に理解があるい人達までもがですね、ブードゥー経済学だとか言って、滅茶苦茶批判しているそうです。

ブードゥー経済学だって、なんでアメリカ人はみんな使うんですかね。

なんかね、流行っているんですか?

財務省がMMTを必死で潰す理由

佐藤健志佐藤健志

あの国は、元々迷信深い国という側面を持っているので、それを言ったら今の経済学の方がブードゥーですよね。

三橋貴明三橋貴明

そうですよ。

そっちの方が、本当にブードゥーですよ。

佐藤健志佐藤健志

ブードゥーがブードゥーと言っているからには、それはまともだと、そういうような話になる。

三橋貴明三橋貴明

そういう話なんですね。

という事で、この話は日本に上陸、今し始めています。

多分、財務省は潰そうとすると思います。

なぜかというと、そういう真実が明らかになっちゃったら、緊縮財政論も財政破綻論も、全然出来なくなっちゃうから。

という事で、これから大論争になるので注目して頂きたいのですが…

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す