渡邉哲也 トランプ大統領で台湾が独立する日!中国が企む台湾の武力統一!

中国が狙う台湾の武力統一

今日はですね、台湾問題について取り上げてみたいと思います。

台湾問題、台湾独立、色んな問題があるわけですけど、ここにきて台湾と中国との間が、かなりきな臭い状態になって来ています。

中国はですね、習近平体制になり、台湾にに対しての介入を強めている。

そして、今年1月2日にはですね、習近平氏が、台湾を武力による統一もあるとし、一国二制度を台湾に対して認めるように求めて来た。

これに対して蔡英文総統は、大反発して、「台湾は台湾である」「民主主義による人権を重視した国家を維持していく」としているわけです。

そしてですね、これはアメリカと台湾との関係にも、大きな影響を与えています。

トランプ大統領で台湾が独立する日

台湾というのは、南シナ海問題、アメリカのアジアの覇権問題を考えた時に、最も重要なポイントであるわけです。

アメリカは昨年3月、台湾旅行法という法律を作り、台湾に対してアメリカ人の要人が、正式に旅行できる法律を制定しました。

そしてですね、在台事務所と言われる、台湾にあるアメリカ大使館に相当するもの(AIT)を新しくして、アメリカ海兵隊を駐留させ始めたわけです。

そして、昨年12月にには、アジア再保証イニシアティブ法案という法律を通して、台湾に対して武器を売れるように法改正を行った。

そしてですね、台湾側はF16とM1戦車の売却を、アメリカに対して要請しました。

またですね、アメリカの議員の一部では、ナンシー・ペロシ氏に対して、

画像出典:Folha – Uol

台湾の蔡英文総統の議会演説を求める書簡を出したという事が報じられてします。

これを主導しているのは、ジョン・ボルトンを中心とした親台湾派のグループで、

画像出典:jp.sputniknews.com

これが非常に今政権の中で、大きな力を持ちつつあるというのが現状なんですね。

このような状況、トランプ大統領になる前は、到底想像出来ませんでしたが、

画像出典:Engadget

トランプ大統領で一気にアメリカは台湾防衛に対して、前向きな姿勢を示していると同時に、台湾独立に関しても言及し始めたという事になるわけです。

台湾の独立は日本にとっての生命線

蔡英文総統が、アメリカ議会で演説をした場合、当然アメリカ側も台湾に対して返礼をする大きなポイントになるわけですね。

この場合、トランプの電撃訪台もあり得るのではないかという状況になってきたわけですね。

これまで全く想像がつかなかった、トランプの電撃訪台、これが真実味を持って語られるようになった。

そして、トランプが電撃訪台した場合、当然、台湾の独立を認めるのではないかという話も出来て来たわけです。

同時にその場合、台湾とアメリカとの間で、米台安全保障条約を即時結ぶ可能性も高いと言われています。

この場合ですね、当然アメリカに次ぐ形で、イギリスやファイブアイズ(UKUSA協定)と言われるイギリス同盟国もそれに同調し、日本もそれに同調するかどうかというのがポイントになって来るんだと思います。

また、アメリカのボルトンは、基隆港、高雄港、という台湾の重要軍港に対して、アメリカの軍の派遣もあり得るとしているわけですね。

そして、ここに来て台湾と中国との間の海峡、台湾海峡に対して、中国軍機を飛ばし、領空侵犯という行為を何度も繰り返している。

そして、アメリカ、台湾側は、航行の自由作戦で、台湾海峡に対して軍艦を派遣という事も行っており、台湾海峡における軍事演習も活発化してきています。

台湾の独立、これは日本にとっての生命線であり、逆に言うと、アメリカを含む自由陣営にとって、最も重要な事という事になるんだと思います。

渡邉哲也でした。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す