三輪和雄 日韓議員連盟の活動を停止すべき理由!日韓議員連盟が作られた経緯!

反日韓国にすり寄る日韓議員連盟

韓国のまさに自滅としか言いようがない馬鹿馬鹿しい周章狼狽ぶり。

もう散々このコラムでも言いましたけども、今日はですねそれにも懲りずに韓国にすり寄ろうとしている日本の日韓議員連盟の話をしたいと思います。

まぁ、昨年ですね11月かな、城内実さん

画像出典:TKCグループ

この方は自民党では非常にまともな外交官出身の議員ですが、この方は、もう日韓議員連盟を脱退を致しました。

今まともな人はどんどん日韓議員連盟から距離を置こうとしているのですが、以前として日韓議員連盟というのは、まぁ機能しているわけです。

日韓議員連盟はどのように出来たのか?

今日はですね、その現状もさることながら、この日韓議員連盟というのはどうやって出来たのかという事からお話をしてみたいと思いますが。

まず昭和40年代くらいにですね、自民党中には、ちなみに日韓議員連盟が出来たのは昭和45年、1975年なんですが、その前、昭和30年代とか40年代に、自民党においての外交での取り組みというのはどういう状況かという事でお話しますと、

まず、A研とAA研というのがあったんですね。

A研というのは何かというとアジア研究会なんです。

AA研というのは何かというとアジアアフリカ研究会なんですね。

で、アジア研究会の方には、自民党の保守派、タカ派という人達が集っていたんですね。

ここのアジア研究会の骨子は、当然、台湾、中華民国を支援すると。

中国共産党の方ではなくてですね。

と同時に、韓国も支援すると。

あるいは、南ベトナムも支援すると。

つまり、もう反共の防波堤のような感じがアジア研究会だったんですね。

一方、アジアアフリカ研究会というのは、自民党の左派リベラルが結集して、そうしたグループだったわけでございます。

1972年に、日韓議員懇親会というのが出来まして、そしてそれが日韓議員連盟に昭和45年出来たわけです。

当時はですね、自民党の中のタカ派が集まっていたアジア研究会の人達が、この日韓議員連盟の主体だったわけですね。

それともう一つ、ある意味自民党よりも外交防衛ではまともだったと言われた、当時の民社党からも何名か入りまして、日韓議員連盟というのは、明らかな保守派・タカ派の牙城だったわけでございます。

必要性を失った日韓議員連盟

ところが、それが今やとんでも無い事になってしまっているんですね。

例えば昨年12月、徴用工の問題その他があって、もう韓国があまりにも愚かな事が日本中に知れ渡った頃、恥ずかしげもなく日韓議員連盟の人達はソウルに行ったわけですね。

この時に参加した人は、30名です。

で、その中にですね、なんと共産党の議員が6名も入っているんですよ。

だから、5分の1は共産党なんですね。

もちろん数だけではなくて、志位さんとか、

画像出典:iZa!

穀田さんとか大幹部も入っているわけです。

 

画像出典:まとめダネ!

ところがこの共産党は、韓国に対してどうだったかと言うと、平成に入ってからもですよ、これは少なくともね、平成10年代くらいまではそうだったんじゃないかな。

韓国と言わないで、南朝鮮と言っていたんですよ。

韓国という表記を敢えて使わなかった。

これは当時の赤旗などを見れば、もう一目瞭然です。

つまり、韓国という事すら言わなくて、南朝鮮と言っていたわけですから、当然、日韓議員連盟なんていうのは、もう敵視していたわけですね。

ところが、それがもう日韓議員連盟の今、主要なメンバーになっていると。

これだけでもですね、韓国を巡る日本の中の思想の座標軸が全く入れ替わっちゃったんですね。

では今、日韓議員連盟っていうのはどういう人が会長をやっているかというと、額賀福志郎さんという、

画像出典:産経ニュース

これは旧竹下派の重鎮ですよ。

額賀派という風に一時名乗っていた事もある人です。

で、幹事長というのが河村建夫さんとう方なんですね。

画像出典:毎日新聞

で、あの木内さんはこの日韓議員連盟を辞めたいきさつを記した雑誌正論にですね、韓国とのパイプを持って行くという意味では、この日韓議員連盟の必要性もあるってな事は一応書いていますけれども、それは自民党の中野先輩議員たちへのある種の木内さん的な配慮であってですね、

私はもう、もはやこの議員連盟の必要性は全く無くなっていると思います。

日韓議員連盟の活動を停止すべき理由

パイプどころか、例えば昨年の12月にソウルに行った時もですよ、もう机を叩いて抗議をした人なんか、全くいないわけですね。

それどころか、外国人参政権なんかにも前向きに取り組むみたいな事を言っているわけです。

で、こうした事は、逆に日本の今別に反韓、嫌韓の人じゃなくて普通の人も今の韓国のあまりにも愚かな行為に対しては、本当に怒っているわけですよ。

ところが、その日本を代表する国会議員がそこに言って、そうしたメッセージを発するという事は、明らかにこれは韓国をミスリードしてしまう事になる。

だとすると、この日韓議員連盟というのは、少なくとも韓国の態度が改まらない限り、私は活動を停止すべきだと思います。

で、ここが活動を停止する事が、韓国に対して、「私たちもやりすぎた」「これはまずいぞ」と思わしめるシグナルになるわけですよ。

ですから、私は日韓議員連盟というのは、その意味でも非常に重要なポジションを占めていると思います。

この日韓議員連盟、元々、本当に朝日新聞をはじめ、あるいは日本共産党からなにから、韓国に罵詈雑言を浴びせた頃にですよ、本当に韓国の事を想って立ち上げた良識のある議員連盟ですよ。

それが、全く今は換骨奪胎して奪われてしまったと。

しかし歴史はあるんですね。

この日韓議員連盟が、今の韓国を見て、とてもこういう状況の所とは友好親善を深める事は出来ないという事で、解散とまでは仮に出来なくてもですよ、活動を停止するという事を言っただけで、韓国に対して、どれだけ反省をさせられるかと。

いうことで言えば、私はこの日韓議員連盟は、今もう役割を終え、少なくとも停止するという事は是非やって欲しいと思います。

で、少なくとも自民党の議員は、ここから撤退をすると。

で、日韓議員連盟が解散して、新たな左派系議員が、そういうものを作るのは勝手かもしれない。

しかし、少なくとも昭和47年に懇親会というものが発足し、昭和50年に出来た日韓議員連盟の頃の栄光ある歴史は、今や完全に左派勢力によって乗っ取られてしまったという事で言えばですよ、

少なくとも、この日韓議員連盟は活動を停止すると。

そして、新しいものを作りたい左派系議員は、それはそれで新しいものを作ればいいと。

少なくとも、日韓議員連盟の役割を終えたという事は、はっきりと明記すべきたと思います。

そしてそれが、韓国に対して、少なくとも日本で最も良識のある親韓派だった人間が、とうとう決定的に匙を投げたというシグナルになります。

これが、日韓のもし今後も日韓関係というものを継続するとすれば、絶対にこれは必要な事なんですよ。

韓国に猛省を促すためにも、日韓議員連盟は、活動を停止すべきだと、活動を凍結すべきだという事を敢えて申し上げたいと思います。

日韓議員連盟の訪韓の約30名が判明!竹島防衛訓練で歓迎!徴用工判決後ノコノコ何しに韓国に?

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

One Response to “三輪和雄 日韓議員連盟の活動を停止すべき理由!日韓議員連盟が作られた経緯!”

  1. 国民の、心の中からの叫び より:

    日本国民/有権者の立場から見れば、〖日韓議員連盟〗の連中なんて《反日/売国議員の集団》なんだ。一例を見ても解るが、日本国にとって【大変/危険】な『日韓トンネル』の建設を目指すなんて、明らかに国民の納めた【血税の無駄/使い】の見本で、過去に起きた歴史から学び取り、そぅして素人・目から見ても⋘百害あって、一利・無し⋙の代物だと理解が出来るのに・・。本当に・此の連中にゎ・心の中から⋘怒りの心が⋙沸々と・湧き上がるのみだ。

コメントを残す