藤井聡と安倍総理の会食を財務省が警戒!消費増税反対を唱える京大教授の正体!令和ピボットとは?

安倍総理との会食を財務省が警戒する男

司会 男司会 男

藤井さんが安倍総理と会食、何が語られたのか?

こちらについて話を聞きます。

日経、朝日に続いて、読売新聞が、藤井さんと安倍総理の会食について報じました。

読売新聞にはこう出ています。

先月19日夜、その一角のビルに構える日本料理店で、安倍総理が地元名物のフグ料理を振る舞った相手の名が、財務官僚の胸をざわつかせた。

京大教授の藤井聡氏と、京都府選出の自民党参議院議員、西田昌司氏です。

画像出典:Twitter

藤井さんは兼ねてから、消費増税反対を唱えてきたんですけれども、藤井さん、これ色んな新聞の記事になっていますね。

藤井聡藤井聡

なっていましたね。

司会 男司会 男

これ、どうでしょう。

この場で、どんな事が語られたのか?

藤井聡藤井聡

それは当然ね、僕はね、ひとっ言も誰にも喋っていないです。

その場で何をしゃべったか。

誰にも言っていないですけど、まぁ、会ったという所から、色んな記事が推察をして書いているんですね。

司会 男司会 男

会ったというのは、どこかから、

藤井聡藤井聡

それはね、首相動静にも、

司会 男司会 男

総理の一日みたいなものですね。

安倍総理との会食で一体何が語られたのか?

藤井聡藤井聡

はい。

それにも載っていますし、総理が食事をすると、総理に記者の方が、いっつも番記者がついてらっしゃるので、それこそレストランから出ると、20人~30人の方がバーッとおられて。

テレビもいっぱいあったりとか。

それは、そういうものなんですね。

だから、そこで何が喋られましたかと言うと、別に何も喋っていないし。

で、その時に西田先生がね、一緒に出てきたんで、先生が仰っていたのは、これは6年間藤井参与ご苦労様でしたという慰労の会でありました、と西田先生は解説をそこで言ってられました。

司会 男司会 男

そうですか。

記事にはですね、財務官僚は影で2人を京都学派と呼び、その動向を警戒して来たと書かれています。

藤井聡藤井聡

だからこれはね、そこの会食で何を喋ったかという話を報道しているのでは無くて、会ったという事実について、色んな人の意見を聞いて、この読売の記者は恐らくですけど、書いているわけですよね。

だから、これは要するに財務官僚の話を書いているわけじゃないですか。

その動向を警戒して来たと。

司会 男司会 男

総理と藤井氏の再びの接近は、財務官僚の心を十分にかき乱した。

藤井聡藤井聡

そうそう。

だからこれは、僕らが何喋ったかは無関係ですよね。

かき乱したと、かき乱されたという財務官僚がいたんでしょうね。

司会 男司会 男

だから、「おいおい、安倍総理が藤井さんと…」

藤井聡藤井聡

「会ってるよ、おい」って。

司会 男司会 男

「これ、どういう事?」って。

藤井聡藤井聡

という事を書いているんですよね。

だから、これは取材として正しいというか、情報としてそういう事ですよね。

司会 男司会 男

はい、えぇ。

まぁ、この記事の後半で、財務省が今の景気は底堅いと主張しているという箇所があるという事なんですけどね。

まぁその、財務省の認識というのはこれは?

日本国民を騙して増税する為の財務官僚の自己洗脳

藤井聡藤井聡

完全に間違った認識ですよね。

ちょっと、鼻で笑いますよね。

だってもう、完全に政府の見解もだいぶ変わっているわけで。

もう10月をピークに、CIというね、景気尺度はガッサーっと下がって来ているんですよ。

でこれ、景気判断というのはね、半年くらい経たないと、「あっ、俺たち下がっているんだ」って分からないんですよ。

なんでかと言うと、下がって、なんかこう上下運動をしますから、景気というのは。

だから、半年間くらいグーっと下がっていたら、「なんや、俺たちあかんねや」って事になるわけですけど、殆どそれがくっきりし始めているんですよね。

だから、底堅いって、何を言うてんの自分?っていう話ですよね。

でも、底堅いと言っておかないと、増税出来ないので。

常に、嫁さんとご飯食べている時も言ってんちゃいますかね。

独り言でも「底堅い、底堅い、底堅い…」

って自分を信じ込ませないと、他人を騙せれないので。

景気はいいんだ、という空気をなんか醸し出そうとする、なんというか健気なね、いじらしい嘘ですよね。

財務省の皆さん方。

司会 男司会 男

でも、藤井さんね、第2次安倍内閣が発足した2012年12月から内閣官房参与をお務めになって、去年の末に退職されたという事ですけど。

これはどうなんでしょう、ブレーンを辞めてからも会食をするというのはまれな事なんでしょうか?

藤井聡藤井聡

いや、普通なんじゃないですか。

例えば、伊藤元重さんなんかは、

画像出典:JapaneseClass.jp

経済財政諮問会議を終えられましたけど、その慰労の会をしてらっしゃるというのは、これは結構普通じゃないですかね。

まぁ、喧嘩して別れたら別ですけど、喧嘩して別れたんじゃ無かったら、結構普通の事じゃないですかね。

司会 男司会 男

いや、だけれども中身が、詳しい事を藤井さんもお話されていないのに、それが記事になって行くというね。

藤井聡藤井聡

そうなんですよ。

なっているんですよ。

一番びっくりしたのがね、朝日放送がね、なんか、「藤井がこう言って、総理がこう言った」とか書いてあるんですよ。

司会 男司会 男

えぇ~、はい。

藤井聡藤井聡

えっ?と思って。

こんな事、総理言った?

僕がいくら思い出してもね、こんな言ったかなぁ、と思って。

誰にも喋っていないし、かつ総理がこう言ったという言葉の内容、全く記憶に無いんですよ。

なんやこれ?って問い合わせたら、知り合いがいるので、「私じゃ無いです…」

俺、こんな事を言いましたっけ?って言ったら、

「いえ、藤井さん、こんな事を言っていないの私知ってます…」って言うて。

じゃあ誰が書いたん?って言うたら、

「いや、ちょっと分かんないです…」

司会 男司会 男

あれ?

藤井聡藤井聡

どういう事?調べてくれ!って言うたらね、そうしたら半日くらい調べてね、

「なんかね、総合的な調査をして、取材をして書いたそうです…」

総合的な取材をして、俺が聞いた事無い事書かれているわけって、どういう総合的な取材やねんお前みたいな。

そういうね、なんかね、捏造みたいな。

間違い、まぁ、間違いと言ったらいいのかな。

なんやそれみたいな。

司会 男司会 男

やっぱり藤井さん、総理とのそういう会話というのは、話せないものなんですね。

藤井聡藤井聡

話していいんですけど、常識で話さないですよね。

そんなもの、一国の総理ですから。

司会 男司会 男

それはそうですね。

藤井聡藤井聡

そんなんね、「フグ美味しいな」くらいは言っているかもしれませんけどね。

「これ旨いんだよ」とかね。

司会 男司会 男

「お疲れ様でした」とかね。

「よく頑張ってくれました」とかね。

藤井聡藤井聡

そういうのはあるのかもしれませんけど、

新しい政策への大転換 令和ピボットとは?

司会 男司会 男

ここからはね、藤井さんにこのテーマでお話を聞きます。

新しい政策への大転換、令和ピボットとは?

新元号が発表され、5月1日から令和の時代が始まります。

そんな中、藤井さん達は令和ピボットなるプロジェクトを立ち上げたという事なんですが、これはどういうものなんでしょうか?

藤井聡藤井聡

これはね、ピボットっていうのは、バスケットをやっている人は知っていると思うんですけど、

司会 男司会 男

ピボット、ありましたね。

藤井聡藤井聡

軸足、

司会 男司会 男

片方の足を軸にしてね。

藤井聡藤井聡

軸にしてグルグル、グルグル回るという。

あれをピボットっていう動きなんですよね。

後ね、それは昔から言われていましたけれども、最近あの、IT企業だとか、ビジネスマン達もピボット、なんか要するに展開させる。

色んなこう、やり方を変えていく、ピボットという。

あとそれからね、オバマとかが、アジアピボットとかって言って、中東からアジアに軸足を置き換えるという。

司会 男司会 男

転換ですね。

令和の時代は「反緊縮・反グローバリズム・反構造改革」

藤井聡藤井聡

転換していくというね。

そういう意味で、ピボットという言葉は、カタカナでは比較的使われている言葉だったんですけど、要するにこの令和ピボットというのは、令和という新しい元号が始まるにあたって、この新しい御代を新しき、そしてそれこそ令和の「令」のイメージでね。

日本が本来持っている潜在的なものを花開かせる方向に、政策を大転換、転換させていく必要があるだろうと。

御代代わりに合わせて、平成の暗い時代から、いい時代に変えていくんだと。

いう思いで、ずっとね、これは三橋貴明さんだとか、あと小浜逸郎先生だとか、あとまぁ相談レベルとかだったら、評論家の中野剛志さんだとか、色んな人とね、ずっとね、この御代代わりにおいて、どういう方向に政策を変えて行ったらいいんだろうと議論していて。

それを一言でというか、ワンフレーズでまとめると、

「緊縮から反緊縮」

「グローバリズムから反グローバリズム」

「構造改革から反構造改革」

という事で、「反緊縮・反グローバリズム・反構造改革」

というこの3つのキーワードに象徴される方向に、ピボット転換、政策を転換する必要があるんじゃないかという事を、兼ねてより議論しておりまして、令和という新元号の名称が公表されると同時に、そういう政策転換をやって行こうという国民運動を展開しようという事で、

国民の皆様に、その方向に政治家とか、官僚とかそういうものじゃなくて、国民全体に呼び掛ける。

その国民の中に政治家の方がおられたらそういう転換をすればよいし、官僚の方も言論人の方も転換すればいいわけですけど。

国民全体として、新しい御代をお迎えするにあたって、政策の方向を転換して行こうじゃないかという事を呼び掛ける。

並びに、一人一人が、「僕もこういう転換をする」「私もこういう転換をする」というような事を考えて貰って、一人一人実践して貰うような、そういうような呼びかける運動をしようじゃないかという想いで、「令和ピボット」

「令和の政策ピボット」というのが正式名称ですけれども、令和ピボットっていうのが、まぁ略称で言うとそれを始めたという事なんですね。

司会 男司会 男

藤井さん今、「反緊縮・反グローバリズム・反構造改革」と仰いましたけれども、これ改めて平成の時代に行われた「緊縮・グローバリズム・構造改革」これ、どういう風に感じていますか?

藤井聡藤井聡

これはね、要するに平成っていうのは、本当に暗い時代で、後になればなるほど、「平成って最悪やったな」という時代になるだろうと。

もし、令和が良かったら。

令和がもっと悪かったら、そう言われないかもしれませんけど。

という時代になり得る時代だと思っているんですけど。

データで言っても、成長率は本当に世界最低を記録したわけで、

平成元年に消費税が導入されて、平成9年に導入で、10年から増税で、10年からデフレになって。

平成というのは、ずっとデフレで、停滞と衰退を繰り返した時代だったんですよね。

で、それを導いたのが緊縮。

消費増税と、支出カットの緊縮。

で、更にその停滞を加速したのが、グローバリズムと構造改革。

要するに、グローバリズムと構造改革というのは、過当競争を導いたんですよね。

過剰な競争状況。

先ほどの話でね、バス会社がね、弱い者同士が協力すればいいところ、競争しちゃってどっちも共倒れになって行くという話があって。

それを競争するのを辞めようや、ちょっと仲良くしていこうやと。

保護主義と言うと大袈裟ですけれども、連携したり、協調したり。

競争以外にも、他社関係っていっぱいあるわけですから、それをやろうやという事が、例えば地方の都市で認められるようになったわけじゃないですか。

これはまさに令和な方向へのピボットの表れだと思うんですよね。

で、更に言うと、トランプ大統領だって、保護主義って言っているわけじゃないですか。

要するにピボットしたわけですよ。

司会 男司会 男

転換したんですね。

藤井聡藤井聡

あるいは、ブレグジット、イギリスはEUの路線から大転換、もの凄いピボットを、

司会 男司会 男

離脱というね。

世界にボロ負けした平成という時代

藤井聡藤井聡

離脱という方向に、EUから反EUにピボットしたわけですし、更に言うと、フランスは今そのピボットをやろうとして、反緊縮の黄色いベスト運動をやっているわけですよ。

従って今ね、欧米はね、大ピボットが行われていて。

日本は、要するに欧米はピボットする前の「緊縮・グローバリズム・構造改革」で、疲れちゃって、ちょっと転回しようぜ、ってなっているわけですよ。

更に言うとね、全世界で見てもね、もの凄いピボットが、転回起こっていてね。

欧米諸国から、中国中心、インド中心、あるいはロシア中心、ってあの権威主義国家に、経済の中心が動き始めているわけですよ。

一体一路にEUが乗っかるなんてね、これ30年前だったら想像出来ないようなピボットが行われていて。

で、一時期ね、冷戦が終わった事で、西側諸国の大勝利だという風になったんですけど、それはやっぱりちょっと違うよな、という事で、世界全体でピボットが行われようとしているわけですよ。

だから、中国の共産主義的な資本主義が、ある意味なんか自動的修正資本主義をやっちゃったようなもんですよ、中国は。

元々、共産党が、資本主義に手を突っ込んでいるわけですから。

だから、専門用語で修正資本主義って言うんですけど、修正資本主義的な資本主義を、中国はやっとるわけですよ。

司会 男司会 男

実際は。

藤井聡藤井聡

そう。

だから、ボロ勝ちしているわけですよ。

だから、好む好まざるに関わらず、中国はピボットしちゃったわけですよ。

司会 男司会 男

転換した。

藤井聡藤井聡

転換しちゃったわけですよ。

その、ピボット合戦が今行われていて、日本だけがガラパゴスのように、「緊縮・グローバリズム・構造改革」をええやんけってやっとるわけですよ。

このままやったら、死んでまうで、というのが、この令和ピボットの運動をやろういう想いに、僕たち言論人達がね、考えた方針があるわけですよ。

かつね、「令和」

令和の「和」ってね、競争ではなくて、仲良くするという事ですから。

これは、連携的、保護主義的なんですよ。

令和の「令」っていうのはね、これは大宝律令の令にもあるようにね、しっかりと法律を、制度を、ルールを守ろうという方向ですよ。

これは、反構造改革主義ですよ。

だから、反自由化的な流れが、「令」という言葉なんですよ。

だから、「令和」っていうのはね、まさに我々が考えている反グローバリズム、反構造改革的なピボットを象徴する言葉なんですよ。

これね、我田引水的のように、今聞こえている人がいる人がいるかもしれませんけど、違いますよ。

この「令」という言葉、「和」という言葉が持っている漢字が持っているポテンシャルが、我々がやるべきだという方向と、完全に一緒なんです。

司会 男司会 男

潜在能力が。

藤井聡藤井聡

そう。

でね、このピボットをやる事によって、日本が本来持っている可能態として持っている日本のつぼみの花を開かせる方向にね、ピボットをしようとしているわけですよ。

だからね、令和の言葉そのものですよ。

ですから、言霊。

司会 男司会 男

言霊ね。

藤井聡藤井聡

令和にはあるし、かつ時代の名前ですよ。

もう一回言いますけど、平成って平らになる。

とにかくもう自由にして、みんな好きにして…

からね、「令和」になるわけですよ。

まさにそのピボットがね、言葉に表れていますよ。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す