渡邉哲也 明らかに独禁法に違反している日本メディアの実態!テレビが偏向報道だらけのカラクリ!

テレビ、新聞、ラジオの機能の違い

渡邉哲也渡邉哲也

ルサンチマンプロパガンダというのは、「ねたみ そねみ よしみ」なんていうキャッチフレーズもございましたけれども。

水島総水島総

えっ?最後の、妬み嫉み…

渡邉哲也渡邉哲也

よしみ

水島総水島総

あぁ、あっちの喜美ね。

画像出典:RED

渡邉哲也渡邉哲也

あっちのよしみもありましたけれども、うちの嫁がよく言っていましたけれども、

それはいいんですけれども。

あの、まずメディアという事を大枠で言っていますけれども、マスメディアにも新聞、テレビ、ラジオ、という3媒体があって、それぞれ機能が違うという事を、まず理解しなければいけないんですね。

新聞は元々言論機関であり、自由な意思に基づいて発言するもの。

それに対して、テレビ、ラジオというのは、放送法によって、報道が許されており、政治的公平性が求められるもの。

本来新聞には政治的公平性は必要無いんです。

無いものに対して、日本のマスメディアは不偏不党とかですね、党に偏りが無いとか、イデオロギーは我々は中立であると言って、そこでまず読者を騙している。

それに対して、テレビやラジオというものは、政治的に公平でなくてはならない。

それぞれを取り上げなくてなならないとされているので、本来にそこに公平性が必要なのですが、それが出来ていない。

で、ここの最大の問題というのは、日本においてマスメディアの基本であるメディアの集中排除原則という基本原則が、成り立っていないという所に問題があるわけですね。

本来マスメディアというのは、それぞれが資本を別々にして、集中を排除する。

そして、それぞれが言いたいことを言い合ってぶつけ合う。

そして、自らのポジションはこうであるという明確な意思を持って書くことによって、それを読者が認識してぶつかりあって、打ち消しあっていくというのが正しい姿で、これが世界的に言う、マスメディアの集中排除原則というものになるんですが。

日本の場合、新聞社とテレビ局とラジオ局が、同一資本上に並んでおり、場合によったら地方局などは、2つのテレビ局が、お互いに一つの局に対して番組を供給している場合もある。

そして現在、キー局が地方局をどんどん買収して行ってしまっている状況にある。

つまりそれで、それだけだったらまだ対立構造が綺麗に出来るからいいんですが、日本の場合、代理店側も問題がありまして、代理店側に1業種1社制が取られていない。

例えば、広告代理店というのは、世界的に言えばトヨタ自動車の広告を受けていたら、日産やホンダの広告は受けられないんです。

なぜなら、社内で新商品の情報等を扱うので、その情報が漏れたりする可能性がある。

だから、基本的に代理店というのは、一業者一社制、というのが基本なんですが、この一業者一社制が無くてですね。

1つの制作会社がワイドショーを牛耳る実態

渡邉哲也渡邉哲也

例えば、よしもとなんかっていうと、在京のキー局ですね、フジテレビ、テレビ朝日、日本テレビ、といった形でですね、全てのテレビ局が出資して、芸能プロダクションまで持っちゃっている。

で、要は本来は縦糸の、いわゆるメディアグループだけならまだいいんですが、横糸まであるんですね、日本には。

代理店といわゆる芸能事務所をはじめとして。

で、今問題になっているのは、ある制作会社がですね、殆ど、日本のキー局のワイドショー、報道バラエティーというのを、1社で8割近く、キー局の分で言えば、作っているという状況にあって、

こんなもの、メディア集中排除どころの話ではなくてですね、独禁法にも該当するような案件なんですね。

水島総水島総

泉放送制作でしょう。

渡邉哲也渡邉哲也

そうです、そうです。

水島総水島総

別に、これ自分で出しているからね、タイトルをね、名前を挙げても大丈夫だと思います。

渡邉哲也渡邉哲也

えぇ。

水島総水島総

それが事実だから、本当に。

渡邉哲也渡邉哲也

グッディ!とかそんな色んなフジテレビ4番組、テレビ朝日2番組、日本テレビ何番組といった感じでですね、殆どのバラエティーと呼ばれるもものを一社で作っているというこの状況は、明らかに独禁法、メディア集中排除原則に反しているんですね。

で、縦糸、横糸でガチガチになっていたいわゆる既存メディアというものに対して黒船がやって来たのが、小森さんが言っていたインターネットという今までの規制外の勢力がやってきて、それでガタガタになって。

特に金銭的にも、お金が詰まって来ていると。

遂に、インターネット等の媒体費が、テレビの広告費を抜きましたので、結局その分、食われてしまっているわけですね、テレビから。

当然お金が無くなって来ると。

お金が無くなって来ると、どんどん質が低下して行く。

質の低下が、より一層プロパガンダ色を強めて、テレビ局を腐らせていくという事に、今なっているんじゃないかなと私は思います。

水島総水島総

そうですね。

今ちょうど、せっかく最後にね、例としてテレビが出たんでね言いますと、本当にあの今言った通り、泉放送制作を個別に攻撃するのではなくて、具体的に各局にまたがってやっているし。

多分、私40年前かに、私はドラマの監督として、彼らが作ったドラマの監督をやった気がしますね。

私が昔やった、私もリバースという会社を、実は制作プロダクションですけどやっていまして、これはフジテレビからも、日本テレビからも、TBSからも、企画を出して、それでドラマを作ってきたというのがありますからね、よく分かるけど。

当時は、泉放送制作というのは、TBSが大体中心だったんですね。

今は、フジもなにも。

三橋貴明三橋貴明

それは最近ですか?

そんな独占が、独占というとあれだけど、強すぎるような状況になっちゃったのは。

西村幸祐西村幸祐

代理店が噛まなければ、そんなに取れないと思うんだよね。

どのワイドショーでも同じ話題しかないカラクリ

水島総水島総

あのね、実際はね、下請けに任せるのがラクなんでね、テレビ局はみんなそうやって来たんだけれども、ただ、今言ったように独占的なね、ワイドショーとかそういうのをやるようになったのは、比較的最近だと思いますよ、これ。

昔は、泉放送制作っていうのは、ドラマとかそういうのをやっていたわけ。

他のバラエティーをね、中心では無かったから。

ワイドショーとかね。

西村幸祐西村幸祐

今、何か事件とかなんでもいいんですけど、何かあった時に、各テレビ局をチャンネル回すなんて言ったら笑われちゃうけど、ピッピッピって変えて行くとね、みんなどこでも同じことを言っているわけでしょ。

どこの局でもね、全部同じテーマ。

それは結局、同じ会社が作ってんだから、そうなるのが当たり前なんだよね。

渡邉哲也渡邉哲也

ちなみにあの、泉放送制作のホームページに書いてある名前だけで言いますと、

日本テレビで、Oha!4、ジップ

TBSであさチャン!、ビビット、Nスタ、ひるおび

ひるおびもそうなんですね。

三橋貴明三橋貴明

同じ時間帯で。

それは凄いな。

西村幸祐西村幸祐

異常な事だよ、これ。

渡邉哲也渡邉哲也

で、TBSでサンデーモーニング、TBSテレビ

フジテレビで、ノンストップ、グッディ、スポーツ番組制作協力、めざましテレビ

テレビ朝日で、モーニングショー、スーパーJチャンネル

テレビ東京で、ニュース関係で言うと、製作協力ですね、これは。

水島総水島総

でも、実際はやっているんですよ。

製作協力というのは、著作の問題だけだから。

三橋貴明三橋貴明

これ、こういう事なんじゃないですかね。

つまり、さっき言いましたけど、スポンサーがお金を出せなくなってテレビ局がお金を取れなくなって行った。

これ、一時期下請け叩きみたいなのがあったじゃないですか。

だから、自分達で作るとコストがかかっちゃうから、下請けに無理やり安くやらせるっていうってなった時に、ある下請けの会社が全部ブワーッって取って行ったっていう、そういう話なんですかね。

水島総水島総

基本的に、自分も下請けプロダクションで2時間ドラマとか製作していたかから分かるけど、そういう意味では何十年前ですけどね、具体的に言うと、下請けのプロダクションとプロデューサーに密接な繋がりみたいなのが出来て、はっきり言うとバックペイとか、

特に歌番組とかは派手だったわけ。

例えば、13本といのは3カ月の歌番組をやると、そこの局のプロデューサーは、1件家が建つと。

もっと言うと、酷いやつは私のドラマの、私がやっていたドラマじゃ無いですけどね、別の枠で13本のドラマを引き受けた時、これ90分ドラマだけど、

その時、その下請けプロダクションの社長が、編成の局に行ったら、「皆さんに一軒ずつ別荘をプレゼント出来るように頑張ります」っていうような形。

特に、歌番組は特に、NHKもそうだったんだけどね、本当に酷かったの。

つまり、一回テレビに出て歌を歌うという事は、昔はレコード店を全国まわってね、売り込んでいたのに、もう一発なんでね。

だからもう、金と、変な言い方だけど、女と、という提供とかが、もの凄い派手だったんです。

少なくとも、20年~30年前までは。

私が現場にいる頃。

そういう時代ですから、今言ったように一番問題なのが、情報番組なんですよね、それ。

プロダクションでドラマとかね、あれとがいうものと違って、ニュースショー的なものが凄く多いでしょう、それ。

渡邉哲也渡邉哲也

いわゆる、報道バラエティーと言われるものの殆ど在京キー局を1社で作っているような状況ですね。

水島総水島総

もう一つ言うと、テレビ局のチーフプロデューサーとか、もちろん制作に関わります。

チェックもしますけど、殆どをまずプロダクションが作って、「これでどうですか?」「はい、いいよ」「こんなのやってくれよ」とか、こういう形でやっていますから、この泉放送制作の制作の意図とか、色々な内容に関しては、もの凄く下請けが、現実的な事をやると。

だから、ラクなんですよ、プロデューサーは、局プロは。

放送法の規定にかからない報道バラエティーの抜け穴

渡邉哲也渡邉哲也

それとこの、報道バラエティーというものそのものに問題がありまして、厳密に言うとこれは報道枠じゃ無いんですよね。

報道枠ですと、放送法でかなりきつく放送倫理規定にもかかるのですが、あくまでもワイドショーはバラエティーの枠なんですよ。

バラエティーと名乗りながら、実際には報道的な事をやっている。

建前はバラエティーなので、放送法の厳しい規制から、倫理規定上外されていて、実際にやっている事は、政権批判であったり、酷いプロパガンダを、それも1社が作ったものを、各局で流しているという状況にある。

三橋貴明三橋貴明

分かった、分かった。

私、豊洲問題で、あのね、要は、「普通に検証したら豊洲は問題ありません」というそういうテレビ番組もあってもよさそうじゃないですか。

あの時、一個も無かったんですね。

全てのワイドショーが、同じような内容であって、小池百合子を持ち上げていたわけですよ。

なんでかって言ったら、1社が作っているから。

同じ所で作ってんだ。

西村幸祐西村幸祐

だから、三橋さんさ、豊洲だけじゃなくて、例の森友だとか加計だとか、全部同じなんだよ。

だから、各局見ても、全部同じ調子で叩いているわけね。

水島総水島総

今の渡邉さんの事で言うとね、いわゆる放送法の中には、例えば教養番組、報道番組、娯楽番組、これを全部バランスよくやるというのが、民放の規定なんですよ。

で、仰るようにね、バラエティーであってもバラエティーじゃなくて。

それである時にはそれがね、報道番組になる時もあるわけ。

西村幸祐西村幸祐

まさにフェイクニュース。

水島総水島総

池上なんとかとかね。

池上なんとかのなんとか番組、あるじゃないですか。

解説している。

あれ、どっちでも持って行けるわけ。

だから、ある時にはね、これはバラエティー番組だと。

いやでも、真面目にやっていますから、報道と、枠組みとして報道の枠に、今言ったような、アリバイな形でね、入れちゃう。

渡邉哲也渡邉哲也

番組基準として、教育放送とか色々、何パーセントとか最低これ程度は入れなければいけないと。

放送が、公共のものであるという前提において、あるんですよ。

これを、報道に入れると非常に厳しい規制を受ける。

ですから、テレビ局でやっている報道番組に関しては、それほど酷いプロパガンダというのは無いんですね。

ところが、このバラエティーというのは、この枠を完全に外してしまっているもんですから、好き勝手出来ちゃうんですよ。

だから、無茶苦茶な報道が起きるんですね。

三橋貴明三橋貴明

これ危険ですよ。

危険です。

要は、特定の政治的意図、多分あの、豊洲問題だとぶっちゃけ根っこは共産党でしょ、あれ。

共産党の人が、元々進めていた路線なんだから。

そういうのが一回はまっちゃって、あらゆるバラエティーとかワイドショーが、おんなじ報道をされたら、絶対になんかああいう風になりますよね。

で後で、それをひっくり返そうと、藤井先生とかが頑張って正しい情報を出して行きましたけれども、凄い時間の無駄になっちゃうんですね。

水島総水島総

少数意見としてね、ちょろっと出ただけになっちゃんだよね。

テレビでは、殆どね。

日本は情報統制社会

西村幸祐西村幸祐

危険って言ったらまさにね、情報統制社会ですよ。

だから、昔さ、三橋さんが書いた本にも出て来るけど、まさにビッグ・ブラザー。

ジョージ・オーウェルが言っていたビッグ・ブラザーが今テレビの背後にいるわけですよ。

情報を統制してね。

だから、もうそういう社会だという。

渡邉哲也渡邉哲也

変な言い方ですけど、三橋さんとか出てらっしゃるね、地上波の番組、私もこの前テレビタックルも出させて貰いましたけれども、あれはテレビ朝日が作っていますけれども、製作会社、子会社ですけれども、あちらはまだしっかりしているんですよね。

三橋貴明三橋貴明

あそこはあの、例の会社じゃないんですか?

渡邉哲也渡邉哲也

じゃない。

三橋貴明三橋貴明

じゃないw

渡邉哲也渡邉哲也

たぶん、三橋さんが出ているのは、全部テレビ局の直営の下請け放送会社みたいな所が、まだまともなの。

水島総水島総

昔はね、オフィス・トゥー・ワンというのがね、

三橋貴明三橋貴明

今もありますよ。

水島総水島総

もちろんありますよ。

有力なところなんだけれども、例えば一番ね、テレビで言うと、私もやっていたから分かるんだけど、ニュースステーションだったかな、久米宏の。

あれが初めて基本的にニュースショーになったんですね。

報道番組のニュースから、ニュースショーを始めた時代で、ああいう形で、久米さんのキャラクターとかね、なんかね言いたい放題言うと。

その中で、色んな意図を込めてやっちゃう。

それがどんどん、どんどん行って、今、渡邉さんが言った状態になっているというね。

2017.07

 
 
 
最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す