渡邉哲也 デフレの元凶イオンやイトーヨーカドーに独禁法を適用せよ!デフレ脱却を失敗させた安倍政権の消費増税!

デフレはなぜ悪いのか?

前田有一前田有一

デフレはなぜ悪いのか?

デフレデフレとずっとね、もう5年以上言っている気がするのですけれども、なんで悪いのか。

渡邉哲也渡邉哲也

なぜ悪いのかという事なんですね。

「デフレ」って言葉、皆さん聞きますし、イメージはしますけど、なんでデフレが悪いのかと言われると、なんとなくポニョポニョというイメージでしかないんですね。

デフレという現象は、毎日、物の値段が落ちていく現象を言います。

今日100円だったものが、明日95円、明後日は90円とどんどん、どんどん安くなって行く。

前田有一前田有一

大歓迎じゃないですか。

労働者の給料が下がり続ける理由

渡邉哲也渡邉哲也

う~ん、消費者にとってはいいように思われるんですが、

例えば、1億2000万人が全員そのお買い物をですね、100円だったものが95円、90円という形で、みんなその大きな流れの中で買い物をして行った場合、経済規模としてはですね、どんどん、どんどん小さくなって行くという事になるわけです。

デフレというのは、今日より明日、明日より明後日の方が物が安く買えるので、前田さんのように、得をしたってみんな思うのですが、結果的に何が起こるかというと、物を安く買うために、中間流通業者が叩かれますよね。

問屋さんが叩かれますよね。

製造メーカーが叩かれますよね。

生産者が叩かれますよね。

叩かれる事によって、結果、儲けが出なくなる。

会社が潰れる。

会社を潰さないために、賃金をカットする。

そして、ボーナスが出なくなる。

景気が悪くなる。

景気が悪くなるから、物を買えなくなる。

給料が下がるから、物を買う意欲が起きなくなる。

結果、更に経済が小さくなる。

物を買う人がいなくなるから、物が余ってしまって、値段がまた下がる。

こういう事を繰り返してきたのが、デフレスパイラル。

デフレの繰り返しという状況で、バブルが弾けてから、日本は約25年間その繰り返しの中に苦しんできたという事なんですね。

前田有一前田有一

物が安くなるのは大歓迎ですけど、給料が安くなるのは困ったものですね。

渡邉哲也渡邉哲也

そう。

物が安くなるというプラスの要因が先にあって、その後に給料が下がっていく。

景気が悪くなっていく。

これを繰り返すんですね。

ですから、一旦得をするという事が先に来るものですから、デフレからの脱却というのが、非常に難しい。

で、インフレというのは、徐々に徐々に物の値段が上がっていく、デフレの逆なんですね。

徐々に上がって行きますと、100円の物が105円になったとして、110円になったとして、経済規模そのものは、日本全国で見ると大きくなり続ける。

そして、値段が上がる事を容認する事によって、いわゆる利益額の圧迫が起きづらくなるわけですね。

で、そうなって来ると、みんながお買い物をし始めるわけです。

そして、駆け込み型の購買も生まれてくるわけですね。

今日100円だけど、明日105円になるかもしれない。

じゃあ、安いうちに買ってしまおう。

という形で、駆け込み型の購買も起こって来るので、物の消費サイクルが短くなって行く。

結果、経済が循環し出すというのが、これがインフレ。

ただ、インフレには2種類あって、いいインフレと悪いインフレがあると。

いいインフレというのは、もう自然な中で2%くらい徐々に徐々に経済が大きくなって行くタイプのインフレ、物価上昇。

悪いインフレって言うのは、例えば輸入規格、物の輸入の値段が上がってしまったので、仕方なく値上げをする、これコストプッシュインフレって言うんですね。

あの、電気代なんかがそうですね。

原発が止まっているが故に、火力発言を思いっきり回す、結果、燃料費が上がっているので、電力代を上げなくちゃいけない、という具合にコストが上がるが故に値段を上げる、これっていうのは景気は良くならなくて。

逆に言うと、一番最悪の事態が、デフレスパイラルの中で、コストアップが生まれると。

コストアップインフレが生まれ、結局それがスタグフレーション、物の値段が上がる、景気は悪くなる、所得は減るという形で、貧困化を招く原因にもなるという事ですね。

消費税増税でデフレ脱却に失敗した安倍政権

前田有一前田有一

安倍さんと黒田さんは、確かに就任の時から2%のインフレを目指すといって、5年くらい経っているわけですけども、じゃあ今はどういう風な状況なんでしょうね。

渡邉哲也渡邉哲也

今はですから、デフレからの脱却は出来ていない。

ただしいい事がありまして、失業率が2.5%前後という事で、ほぼ完全雇用の状態。

前田有一前田有一

みんな仕事がある?

前田有一前田有一

はい。

企業は人手不足になっていますので、これを放置する。

人手不足が深刻化すればするほど、賃金が上がり始めるんですね。

前田有一前田有一

そうですよね、当然。

渡邉哲也渡邉哲也

賃金が上がり始めると、物の購買力が生まれて来ますから、それで物を購買して、インフレ型に変わればいいんですが、ここで問題になるのが消費増税で、本当に消費増税をした場合に、景気の押し下げ効果が強く出ますから。

せっかくオリンピックと人手不足というこういう上昇機運にある所で、またブレーキを踏んでしまうのかなというのが懸念としてあるわけですね。

それと、日本経済というのは、今、人口減少社会。

労働人口がどんどん減っていく社会なんですが、だから日本が成長出来ないなんていう事を言う人がいるんですが、それも間違いで。

例えばですね、従業員100人の会社で1億儲けている会社もあります。

授業員が10人しかいなくても、1億儲けている会社があります。

これ何が違うかというと、益率、益高が違うんですね。

利益がいくら出せるかが違うわけです。

ですから、国民が減っていくという事は、国民一人辺りの利益額を大きくする必要がありまして、その為には、経済規模が小さくなって行く、利益額がどんどん圧縮される中で、それは不可能なんですね。

ですから、人口が減るうえで、一人辺りの利益を増やす、その為にはインフレという環境が必要になり、デフレという環境ではそれが不可能に近いと。

ですから、2012年の選挙の時に、デフレからの脱却というのを最大の経済的な約束公約としてですね、持ち出して今回安倍政権が誕生したと。

で、安倍政権、これでもう5年になるわけですけれども、その間に消費増税をしてしまったが故に、せっかくこうブーストが掛かっていて、デフレからの脱却しそうだったものが、アクセル全開の中で、ブレーキを全開で踏んでしまって、クルクル、クルクルクルと、今スピンで回り続けている状態から、やっと抜け出そうとしそうなんですが、オリンピックもありますしね。

抜け出せそうなんですが、これで消費増税が大きなネックになる。

後は、オリンピックが終わった後どうするかと。

これも大きなポイントとして今出て来ているのが、今の日本の経済状況だと思いますね。

オリンピック後に急降下する日本経済への懸念

前田有一前田有一

最近のオリンピックを見ますとね、オリンピックの前年までは上がるんだけど、当年は殆ど上がらないで、翌年ガクンと落ちるっていうパターンがずっと続いているわけですよ。

しかも、消費税を上げるなんて事になったら、これは確実に急降下するんじゃないかという心配がありますね。

渡邉哲也渡邉哲也

そうですね。

ですから、急降下させない緩和策を政府は作ると言っているのと、

前田有一前田有一

作れるんですかね、そんなの。

渡邉哲也渡邉哲也

難しいですよね。

後、大阪の万博案がありますから、大阪の万博案があるので、そこまで引っ張るという手はあるんですよね。

特にあとは今回ですね、西日本地域というのは、東京都比べてですよ、施設がまだ古いものが沢山あるわけです。

大阪のインフラって、あんまり更新が進んでいないんですよね。

ですから、大阪万博の時に作られた施設がそのままなかなか更新が進まない大阪という地域、ここをもう一度再開発するというのはありだとは思うんですが。

だからと言って、消費増税の影響が、どこまでカバーできるかというのは、全く分からないですね。

外国人研修制度という奴隷制度

前田有一前田有一

今ね、失業率がどんどん下がっていていい事なんですが、人手不足という事で、経団連なんかは人手不足だから、もっと外国人労働者を入れようよ、というような話になって来ていますよね。

そうなるとでも、せっかく賃金の上昇圧力があるはずのものが、安い外国人がいっぱい入って来たら、せっかくの圧力が無くなっちゃうんじゃないかと。

渡邉哲也渡邉哲也

そうですね。

ですから政府としては業種を限定して、雇用のミスマッチが起きている業種、業態に限るというような事を言い出していますけれども、

ただそのミスマッチというのもですね、これはどうしようもない側面もあるのと同時に、やはり人手不足を常習化させる事が、景気回復には非常に有効であるというのも一つの事実で、

まぁ、両方等を取りながら、バランスしていくしかないのかなとう気はしますけれどもね。

本来は、やはり外国から人を入れたところでですね、文化的障壁がある。

そして、その人達も人権がある。

今の外国人研修生制度なんていうのは最悪でですね、事実上の奴隷制度なんですよ。

そんなものをやるべきではないし、逆に言うと、入れるのであれば、日本人と同じ賃金水準で入れる。

これを徹底しない限り、再び賃金が落ちていくという最悪の事態になりますよね。

で、今の外国人研修生制度と、外国人留学生制度は、全部見直すべきでるといのが、私の持論でもありますけど。

デフレなのに物の値段だけ上昇している理由

前田有一前田有一

なるほど。

まぁあの、デフレっていうのはね、物の値段が下がる事が良くないスパイラルを生むという事なんですけども、なんとなく普通に生活をしていると、今、そんなに物の値段も下がりつつあるようにも感じないというか。

逆に、生活している分にはね、物の値段ってだいぶ上がって来ているような、逆にそんな感じがするんですが。

あんまり給料の方に反映されていない感じが。

渡邉哲也渡邉哲也

物の値段が上がっている原因が、中国の発展にあるわけで。

いわゆる資源価格全般に値上がりしちゃっているわけですよ。

世界中で資源って奪い合いますから、中国が沢山買う、結果的に日本の購入価格が上がる。

そうすると原材料費が上がるので、これはコストプッシュの側面が強いんですね。

前田有一前田有一

悪い方のインフレ、

渡邉哲也渡邉哲也

悪い方のインフレの側面が強くて。

日本は、デフレ圧力が強くて、なかなか消費者が値上げという事に対して否定的。

物の値段を上げる事に否定的なので、徐々に徐々にですね、物が小さくなって行くとか。

前田有一前田有一

そうそうそう、減っているんです。

渡邉哲也渡邉哲也

12本入りが10本入りになるとかですね。

そういう内容量を減らす形で、企業は誤魔化していいるというのが実態でしょうね。

前田有一前田有一

いい加減にもう気づいてい来ていますからね、みんなね。

渡邉哲也渡邉哲也

気が付くとなんか物の大きさがどんどん小さくなっているなとかですね、ありますけれども。

大企業が儲けを出すことは悪い事なのか?

前田有一前田有一

その一方ですね、企業なんかは史上最高の利益を出したなんていうニュースもね、大企業なんかは出て来ているわけですよね。

なんでそんなに凄い儲かっているのに、物の値段は上がり、キットカットは小さくなり、っていう風になって行ってんの?っていう風に思うんですよね。

渡邉哲也渡邉哲也

企業が儲けを出すことは、全然悪い事ではなくて、いい事なんですね。

前田有一前田有一

本来なら。

渡邉哲也渡邉哲也

大企業とあと日本の社会構造上ですよ、中小零細、特に製造業などはそうなんですけれども、大企業を叩くと、その下請けの一次下請けが叩かれて、一次下請けが叩かれると、二次下請けが叩かれて、

最終的には一番のしわ寄せを食らうのは、中小零細なんですね。

よく共産党などが、大企業が悪いと、全部大企業のせいにしたり、大企業は叩けばいいって言いますけど、大企業を叩くと、一番苦労するのは、一番末端の中小零細企業なんです。

ですから、大企業が利益を出すと同時に、共存共栄で、中小零細にもその利益が回るようにしなくちゃいけない。

ですから、大企業を単に叩くのではなくて、中小零細にちゃんと利益が循環するようにしなくちゃいけない。

デフレの元凶イオンやイトーヨーカドーに独禁法を適用せよ

渡邉哲也渡邉哲也

ですから、下請法の厳格適用ですとか、消費税増税に伴ってですね。

独禁法の明確な適用とかを今始めている。

そしてですね、今一番の問題というのは、流通に関して言えばですね、強すぎる流通が、日本社会のデフレの最大の要因なんですよ。

ですから、流通業者と生産者がいます。

で、どんどん、どんどん流通業者が大店舗法とかでイオンとかに集約されてしまって、スーパーがもう、大手流通ってもう数社しかないわけですね。

大きく分けて資本系で言うと。

そうなって来ると、圧倒的に流通業者が強いわけです。

イトーヨーカドーとかですね、イオンとか、コンビニチェーンくらいしか無いわけですよね。

そうなってくると、大手流通が強いと、生産者側が弱いので、大手流通の言うなりの値段で物を作ったりですね。

言うなりの形で納めなくちゃいけない。

なので、この大手流通に対して、再び独禁法をかけて、独禁法を厳格に適用して。

例えばですね、うちの近所、私は中央区に住んでいるのですけれども、イオングループのお店ばっかりなんですよ。

ですから、マルイチもそうなりましたし、マイバスケットもイオンですし、

前田有一前田有一

全部おんなじプライベートブランドが置いてあったりして、

渡邉哲也渡邉哲也

という状況になっているわけですね。

ですから、地域別にシェア、地域別の流通業者シェアで、ある程度独禁法を適用してですね、やっぱり分けていく必要があるんだと思いますね。

いくつかの資本に。

それで、大手流通が分散する事によって、いわゆる生産者側もある程度の力を持ち続けられますから。

あと、大手流通の問題としてはですね、例えば有名なナショナルブランドの商品、こういうカレーがありますよ、ナショナルブランドでこういう商品を作りましたよと。

それが売れるとですね、すぐにコピーして、プライベートブランドで出してくるんですよ。

安いやつを。

それより20円安いとか。

そういう商売は辞めてくださいと。

前田有一前田有一

カレーメーカーにしてみればそれはね。

たまったもんじゃない。

渡邉哲也渡邉哲也

たまったもんじゃないし、場合によったらある大手流通なんかは、生産国ついていませんからね。

中国とか韓国とか、人件費が安かったり、色んな所で作ったものを輸入していたりする事もあるわけで。

前田有一前田有一

イから始まるスーパーですよね。

渡邉哲也渡邉哲也

そういう事をされると、消費者も困るし、やはり日本経済全体で見た時に、最悪の状況を生んでしまうという事ですね。

デフレ脱却の特効薬はもう無い

前田有一前田有一

アベノミクスという事でね、デフレの問題点は政権もね、把握していると思うんですけれども、実際に色々とやって来てはいるんだけれども、まだなかなか脱却までは行かないと。

これからどういう風にやって行けばもう少しよくなるんでしょうかね。

渡邉哲也渡邉哲也

まぁ、特効薬というのは無いんですね。

前田有一前田有一

無いんですか。

渡邉哲也渡邉哲也

アベノミクス3本の矢で、特効薬と言えるものは、1本目の金融緩和。

これは、円安政策なんですよね。

で、他国に比べて通貨が安くなるとですね、例えば海外から物が入りにくくなるんですね。

通貨安ですから。

通貨が高くなると、例えば1ドルの物があります。

で、1ドルのものが、1ドル75円の時は75円。

それが120円になると、120円になる。

ですから、通貨が安くなると、海外から物が入って来づらくなるのと同時に、例えば日本で1本100円の大根があるとします。

1ドル75円の時だと、75円で大根が入って来てしまう。

そうなって来ると生産者は、75円まで値段を下げるか、それとも生産を諦めなければいけない。

これが120円になると、海外から物が入ってこなくなるのと同時に、この100円の大根を110円に上げる事が出来る可能性が出て来る。

余地が出て来る。

これはだから、アベノミクス1本目の量的緩和の効果なんですね。

日本国産の物を選んで購入すべき理由

渡邉哲也渡邉哲也

それ以外のものというのは、基本的に漢方薬みたいなもので、緩やかにしか効いてこないわけですね。

ですから、5年かけて失業率も2.5%、完全雇用状態にまで落ちた。

これはいい事なんですよ。

で、デフレがまず何が悪いのか、デフレってどういう構造なのかって、今日、私が説明させて頂いたわけですが、それを見ている方が、みんな頭の中で理解して。

ですから、頭の中で理解してその上で、物を買ったりとか、行動に移して行くというのは、これ国民が共有するデフレは悪いものですよ。

で、デフレってこういう構造ですから、みんなでインフレに進めましょうね。

美味しいもの、国産商品を買いましょうね。

日本で作られているかどうかを後ろをチェックして、日本製の物を選択して買って行きましょう。

少し沢山高いお金を出しても。

という事を、地味に地味に続ける事によって、日本国内の景気は良くなるという事になるんだと思いますね。

前田有一前田有一

日本は、主に外国から材料なり、食品を輸入して、日本国内で組み立てたりしているわけですけど、その円安政策が、あまり行き過ぎちゃうとそれがかえってコストプッシュインフレの原因になるって事は無いんですか?

渡邉哲也渡邉哲也

まぁ、コストプッシュインフレの要因になる事は確かですが、その景気の押し下げ効果よりも、やはり円安による物の流入の方が、リスクとしては大きいんだと思いますね。

前田有一前田有一

その辺もバランスを考えて。

渡邉哲也渡邉哲也

バランスです。

前田有一前田有一

なかなかすぐには明るい見通しというのは立たないのかもしれませんが、少なくとも消費税はちょっと辞めて頂いて、増税は。

渡邉哲也渡邉哲也

ですから、米中貿易摩擦戦争というか貿易摩擦の問題ですね、貿易戦争の問題と、西日本尾大水害などを理由に、もう一度、消費税中止宣言をして頂けるかと思いますけれども。

前田有一前田有一

政治的には条件は整いつつあるようなね。

渡邉哲也渡邉哲也

ただし、総裁選が終わってからでしょうね。

タイムのタイムリミットはですね。

消費税増税を中止するなら、1年前まで。

そうなって来ると、2018年の9月までという事になりますから、総裁選が終わった後に、声明を出すのがよろしいのではないかと私は思っておりますけれども。

前田有一前田有一

そういった所もね、予想しつつ見て行きたいと思います。

渡邉さん、ありがとうございました。

渡邉哲也渡邉哲也

ありがとうございました。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す