三橋貴明 日本の財政破綻を煽る東大名誉教授や財務省の大嘘!東大は実はバカだった?

日本人が本当は知らないお金の話

木坂麻衣子木坂麻衣子

国債を発行してみよう。

三橋貴明三橋貴明

発行しようと思うの。

実は、これをなんでやりたかったかというと、私がこの本を出したでしょ。

ヒカルランドの日本人が本当は知らないお金の話

三橋貴明三橋貴明

たまたま同じタイミングで、中野剛志先生が、評論家の中野剛志先生が、富国と強兵という大著を出されましてですね、

木坂麻衣子木坂麻衣子

凄いですね。

三橋貴明三橋貴明

その中で、取り上げているテーマが全く同じ。

中野先生の方が、地政学とか幅広いんだけど、お金の部分は全くおんなじテーマで、おんなじような事を書いていて、おんなじ人物を取り上げているというですね、

偶然です、偶然。

例えばアリストテレスとか、アダムスミスとかですね、ジョンロックとか、こっちでも取り上げているし、あちらでも取り上げているしね。

要は、間違った貨幣観を持っていた方々の代表なんです。

という事でですね、中野さんの本の中に、もう一つ面白い話がありまして、それをね、シミュレーションしてみたいんです。

木坂麻衣子木坂麻衣子

はい。

三橋貴明三橋貴明

中野先生は、富国と強兵の中で、国債の発行の仕方のシミュレーションというか、こういう風に発行されていますよ、というのを説明したんだけど、あんまりこういう話が日本で回らないから、みんな国債について、誤解するんですよね。

国債って、Government debtの方ですね、はい。

よくある、いわゆる国の借金とかと騒いでいる人たちは、今は家計の預金が多いから、それを政府が借りているので、国債を発行出来るけど、そのうち家計の預金が無くなって破綻する、とか言うじゃないですか。

木坂麻衣子木坂麻衣子

言っていますね。

三橋貴明三橋貴明

言っていますよね。

そもそも、そういう人たちに言いたいんだけど、あなた達、何も知らないね、と。

日本政府は、国債を発行している時、借りているんだけど、それは銀行預金ではありません。

日銀当座預金なんです。

銀行が持っている日銀当座預金を借りているんですね。

で、なんかイメージ的に、私たちって、日銀当座預金と銀行預金って、預金って付くから、おんなじだと思うじゃないですか。

日銀当座預金というは、銀行と政府だけが持っている日銀に対する口座なんですよ。

日銀の中にある口座ですよ。

あの、私たちは日銀当座預金を持っていない。

木坂麻衣子木坂麻衣子

持っていないですよ。

私、銀行口座、日銀のカードとかって持っていないですもん。

三橋貴明三橋貴明

持てないんです、はい。

という事でございまして、いかなる形で国債が発行されるかというのを、シミュレーションしてみたいんだけどね。

まず、木坂さんに銀行役をやって貰います。

木坂麻衣子木坂麻衣子

はい。

三橋貴明三橋貴明

銀行なので、当然、日銀当座預金があります。

これね、バランスシートって言いまして、左側の借方に資産、右側の貸方に国債を発行するんですけれども、

今、銀行は日銀当座預金1兆円を持っています。

これを政府に貸すんですね。

木坂麻衣子木坂麻衣子

銀行って、私は日銀ですね。

三橋貴明三橋貴明

違います、違います。

日銀当座預金というのは、木坂さんが日銀に持っている当座預金なんです。

木坂麻衣子木坂麻衣子

私は普通の銀行ね。

三橋貴明三橋貴明

そうそう、木坂銀行。

それで私がですね、政府でございまして、じゃあ国債を発行するかという事で、

国債1兆円という事で、これを渡すと。

するとね、何が起きるかというと、この銀行のバランスシートから、日銀当座預金が消えまして、これが国債になる。

国債に代わるんですね。

で、政府のバランスシートがですね、こんな感じになります。

銀行から借りた日銀当座預金が借方、資産に入りまして、それで、貸方、負債の方に国債1兆円というのが。

これは要は、木坂さんから日銀当座預金を1兆円借りているという証明ですよね。

その証明書がさっきの国債です。

そもそもなんで国債を発行して、日銀当座預金を借りたかというと、財政出動をしようとした。

公共投資をやろうと。

建設会社に1兆円発注しようという事で、日銀当座預金を借りたんだけど、これね、建設会社は受け取れないんです。

だって、日銀当座預金を持っていないんだもん。

木坂麻衣子木坂麻衣子

あ~、はい、はい、はい。

三橋貴明三橋貴明

木坂さんが日銀当座預金を持っていないように、企業も日銀当座預金なんか持っていないんで、借方の日銀当座預金1兆円を、支払いに充てる事は出来ないんです、政府は。

だから1兆円の公共投資を、建設会社がやりましたと。

その時にどうやって払うかというとね、実はね、政府はこの日銀当座預金を担保に、政府小切手というのをね、発行するんです。


木坂麻衣子木坂麻衣子

へぇ~。

三橋貴明三橋貴明

これでですね、建設会社に、はい1兆円で払いますよとやるわけですね。

そうするとね、企業はこの1兆円の政府小切手を支払いを受けたという形で持つんだけど、これ1兆円の政府小切手なんて持ってたって困るでしょ。

従業員に給料を払えないから、これじゃあ。

木坂麻衣子木坂麻衣子

うん、まぁね。

三橋貴明三橋貴明

というわけで、政府小切手を持って、木坂銀行に行くんです。

木坂麻衣子木坂麻衣子

うちね、はい。

三橋貴明三橋貴明

木坂銀行に行ってですね、それでこの政府小切手の1兆円を、

銀行預金にしてくださいと。

木坂麻衣子木坂麻衣子

なるほど。

三橋貴明三橋貴明

すると、ここに、木坂銀行のバランスシートに、

貸方に政府小切手、今企業が持って来たやつね1兆円。

で、貸方に銀行預金というのが出現するんですよね、銀行預金1兆円。

これは何が行われたかというと、

企業のバランスシートで言うと、借方、資産として銀行預金1兆円。

銀行預金はこれは給料の振り込みに使いますよね。

木坂麻衣子木坂麻衣子

そうですね、はい。

三橋貴明三橋貴明

あるいは、企業は買い物にも使いますよね、と。

木坂麻衣子木坂麻衣子

これは普通に現金が入っているやつですよね。

三橋貴明三橋貴明

これは、預金、預金。

あぁ~、今間違えた。

現金が入っていると思っているでしょ。

木坂麻衣子木坂麻衣子

うん、思ってる、思ってる。

三橋貴明三橋貴明

今、話している話って、全部数字だけの話。

木坂麻衣子木坂麻衣子

えっ、そう?

三橋貴明三橋貴明

現金紙幣って、一回も出てこなかったでしょ。

木坂麻衣子木坂麻衣子

はい、はい。

三橋貴明三橋貴明

お金ってこういうもんなんですよ、だから。

木坂麻衣子木坂麻衣子

へぇ~。

三橋貴明三橋貴明

だから銀行預金で、現金にしたかったら、銀行から引き出せば現金になるんだけど、だって給料なんて振り込みでしょ。

振り込むだけだから、現金が出て来ないですよね。

木坂麻衣子木坂麻衣子

こっから振り込めばいいって事ですよね。

はいはい、確かに給料袋使わないわ。

三橋貴明三橋貴明

今は使わない。

という事で、これを自分の支払いに充てる事が出来るわけですね。

あるいは、給料の振り込み。

三橋貴明三橋貴明

銀行がどうなるのかというと、

政府小切手を貰って、銀行預金1兆円。

ちなみに、銀行預金って、銀行にとって負債だからね。

こういうのがありましたと。

政府小切手を持っていてもしょうがないから、政府小切手をこれを政府から回収しなくちゃいけないんですよ。

で、政府に持って行くわけです、この政府小切手を。

そうするとどうするかというとですね、政府のバランスシートで、

日銀当座預金1兆円があるわけですね。

これを政府小切手を受け取った、代償としてここにですね、もう一個、銀行に対して日銀当座預金を、厳密には日銀がやるんだけどね、1兆円、という形で政府小切手と交換するんです。

もちろん日銀のバランスシートから、この日銀当座預金の1兆円は消えます。

消えますよねという事で、覚えています?

銀行が、政府に貸しだした日銀当座預金がですね、戻ってくるんですよ。

面白いでしょ、この仕組みって。

木坂麻衣子木坂麻衣子

なんか、一度聞いただけだと、えっ、えっ、もう一回、みたいな話。

三橋貴明三橋貴明

もう一回見てください。

もう一回見ていただければ大丈夫ですよ。

まぁ、もう一回説明しますよ。

まず、銀行が政府に貸すのは、日銀当座預金預金です。

国債1兆円と引き換えに、日銀当座預金を貸しますよねと。

この日銀当座預金を例えば、財政出動だといって使うんだけど、企業は日銀当座預金を受け取れないので、政府小切手で支払いますと。

企業は、政府小切手なんかを貰ったって使えないから、だから銀行に持って行って、それで自分の預金、預金口座に1兆円を振り込んで貰います。

振り込と言っても、数字を増やすだけだけどね。

そうすると、銀行預金は、企業は支払いとかに使えますねと。

それで、銀行の方はですね、この政府小切手を日銀当座預金に換えると。

もちろん、政府の最初に出した日銀口座預金が、銀行に戻るみたいなイメージになります。

そこの調整は日銀がやるんですよね。

木坂麻衣子木坂麻衣子

なるほどね。

三橋貴明三橋貴明

日銀当座預金だから、当然、日本銀行が、「分かった、分かった」って事で、政府の日銀当座預金を、えいっって、銀行の借方に移す。

そうすると戻ってくる。

という話なんですよね。

木坂麻衣子木坂麻衣子

なんか、交換しているうちに、こう戻ってくるというか、

政府が税制出動し国債発行する事で銀行預金は生まれる

三橋貴明三橋貴明

お金って、そういうもんなんですよ。

今は、動きって基本的に貸し借りと支払いだけですよね。

貸し借りと支払いだけが起きて、それで、じゃあこれでね、日本のいわゆるマネーストック。

マネーストックっていうのは、銀行預金とかの、社会全体のお金って意味ですね。

これが、今の動きで実は1兆円増えてるんですよ、マネーストックが。

ほら、企業の預金、

これがマネーストックなんです。

分かりますか?

全く、皆さんが思っている動きと逆なので、たぶん理解できないと思うんだけど、普通は、この銀行預金を政府が借りるっていうイメージじゃないですか。

木坂麻衣子木坂麻衣子

そうそう。

三橋貴明三橋貴明

違うんです。

政府が国債を発行して、財政出動をすることで、銀行預金が生まれるんです。

ちなみに、日銀当座預金とかは、マネーストックに入らないですからね。

だって、社会全体で使えんからね、このお金はね。

木坂麻衣子木坂麻衣子

そうですね。

三橋貴明三橋貴明

これでけなんですよ、銀行預金だけね。

銀行預金だけ。

銀行預金がマネーストック。

だから、社会全体のお金の量を増やすにはどうしたらいいんですか?と。

ここで、非常に重要な話があって、経済学的には、日銀当座預金を増やせば、そうすれば、社会全体のお金の量である銀行預金も増える。

っていうような、そういう考え方になっているんですよ。

もうお分かりでしょけど、それ、明確な間違い。

明確な間違い。

銀行預金を増やすには、もちろん政府だけじゃないんだけど、民間や政府とのお金の貸し借りが無いといけないんですよね。

それがあって初めて、マネーストックが増えるから、だから貸し借りが起こらない、起きにくい世界では、どんだけ日銀当座預金を増やしたって、マネーストックである銀行預金が増えないんですよ。

木坂麻衣子木坂麻衣子

なるほどね。

なんとなく、今ぼんやり分かってきました。

三橋貴明三橋貴明

分かってきました?

話がたぶん逆だから、発想が難しいんだけどね。

日本の財政破綻を煽る東大名誉教授の大嘘

三橋貴明三橋貴明

で、もう一つね、いわゆる国の借金を問題視する人がですね、その家計の金融資産が、国の借金を超えたら破綻するとか言うじゃないですか。

木坂麻衣子木坂麻衣子

うんうんうん、言っていますね。

三橋貴明三橋貴明

言ってるでしょ。

東大の伊藤元重先生なんかが言ってらっしゃるんですけどね。

画像出典:JapaneseClass.jp

あの方がどれだけ、こういう経済とか数字が分からないかというのを、今からお話したいんだけどもね。

あの、これ日本国家全体のバランスシートなんですけどね。

これさっき言ったけど、貸方に負債が載ってます。

あと純資産も載っているんだけど。

で、借方は資産ですと。

右側のオレンジ色の部分が、政府の負債。

1212兆円ありますね。

いわゆる国の借金というのは、この中の中央政府の分だけなんだけど、地方政府分が入っているの。

地方自治体が入っているから、もっとでかくなっているんだけど。

家計の金融資産というのが、左側の緑の部分ね。

で、この1741兆円を、1212兆円がこう増えて、例えば500兆増えました、600兆増えましたとなったら、1800兆円になりますよと。

そうすると破綻するというおもしろ論理をですね、色んな方々が仰っていて、もう本当になんも分かっていないなと。

話は逆なの。

政府は、家計の資産を借りていると思っているんだよね。

違う、全然話は逆で。

政府が財政出動することで、むしろ家計の資産が増えるっていう、方向が逆なんですよ。

だって、さっきのシミュレーションあのままでしょ。

三橋貴明三橋貴明

最終的には、この企業の銀行預金1兆円から、

給料が配られて、家計の金融資産になるので。

だから、家計の金融資産を増やすには、どうしたらいいんですか?

政府が財政出動することです、国債を発行して。

それで、実際問題としてね、これ2015年末だったんだかど、2016年のバランスシートはこんな感じになりまして、

政府の負債は、1266兆円に増えました。

2015年と比べると、50兆円くらい増えてんの。

じゃあ、家計の金融資産をそのうち抜くんじゃないかという話なんだけど、残念なことに、家計の金融資産も、1741兆円から1752兆円に増えましたと。

もちろんあれですよね。

全く同じ金額が増えるわけではないんですよ。

それは例えば、企業があんまり給料を配らないってなったら、家計の金融資産じゃなくて、企業の金融資産になっちゃうでしょ、とかね。

あるいは家計が、給料を貰って結構使ったと。

そうすると、資産としての預金はあんまり増えないケースもあるんだけれども、理屈としては、だから政府が国債発行して、それでさっきの政府小切手で払って、政府小切手が銀行預金になって、その銀行預金が給料として支払われて、家計の金融資産になるっていう、そういうプロセスになっているんですよ。

木坂麻衣子木坂麻衣子

じゃあ、あれですか。

お給料の原資って、国債から来ているんですか?

三橋貴明三橋貴明

国債だけじゃないですよ。

今は政府の話をしましたが、同じ話が実は、銀行と民間企業の間にも言えるの。

あるいは、銀行と家計。

つまり私たちが、銀行からお金を借りた時点で、預金っていうそういうお金が生まれているわけですね。

それ、借りたお金を、なんか使うでしょ、絶対に。

そうすると、それが他の人の預金に移って。

で、その預金というか、銀行がまた別に貸し出してという形で。

要は、貸し借り使う、貸し借り使う…違うか。

借り、使う、貸す、ですね。

銀行に対して、銀行から見ると、銀行から借りて、使って、貸す。

銀行から借りて、使って、貸す。

このプロセスがグルグル回る事で、預金というのは増えて行きますね。

これを、「信用創造」っていいます。

信用創造っていう。

木坂麻衣子木坂麻衣子

聞いたことあります。

三橋貴明三橋貴明

聞いたことありますよね。

というわけでですね、なんかみんな現金思考。

頭の中が、現金発想なんですよね。

つまり、中央銀行が、現金というお金を発行して、それを銀行が、例えば企業に貸して、

その企業が、投資とかで、別の企業に払って、その現金が家計に行くという。

そういうルートもあるんですよ、実は。

なぜかというと、現金を発行しているから、日本銀行が、100兆円ですね。

ただ、メインのお金っていうのは、現金じゃないんですよ。

銀行預金なんですね。

だから、社会全体のお金ってのは、マネーストックって言いますが、そのマネーストックっていうのは、ほぼ銀行預金。

その銀行預金はどうやって増えますか?

現金が増えないと駄目って、そんなわけねーだろと。

貸し借りが増えれば、増えて行くんです。

木坂麻衣子木坂麻衣子

確かに、確かに。

不完全なまま進化してしまった経済学

三橋貴明三橋貴明

だから、お金のイメージ、全然変わってきたと思います。

話、逆なんですよ。

全部、真逆。

ところが、経済学的にはですね、その銀行預金を増やす事でお金が増えるって概念を入れちゃうと、問題が出てくるんですよ。

なぜなら、例えばさっきね、政府が政府小切手ね。

政府小切手が、債務不履行になる事はありません。

これはもう、絶対にないんだけれども。

でも私が、木坂銀行からお金を借りた場合は、それはデフォルトのリスクがあるんですよね。

木坂麻衣子