水島総 先住民族でないアイヌを先住民と法律で明記した菅義偉と大半議員!アイヌ新法に反対・棄権の議員は?

先住民でないアイヌを先住民と法律で明記

水野久美水野久美

まずはアイヌ新法に反対・棄権をした人々というテーマですね。

水島総水島総

皆さんご存知の通り、19日にですね、国会で、参議院本会議なんですけど、いわゆるアイヌ新法というのが通過したわけですね。

成立したという事は可決。

そんな中ですね、一番の問題なのは、アイヌを先住民と明記しちゃったんですね。

アイヌを先住民として明記した。

このベースになっているのは何かといいますと、国連の先住民解釈。

例えば、ネイティブアメリカンですね。

インディアンと呼ばれる。

あるいは、インディオ、南米の。

あるいはイヌイット、いわゆるアラスカとかあっちのね。

それからアボリジニですね。

こういうのは何が起きたかというと、例えばアメリカの場合は、いわゆるインディアンと呼ばれた皆さんが先住民でいたわけです。

これは、私たちと同じ古いモンゴロイドの祖先をもつ人たちです。

ずーっとアリューシャン列島とかね、渡ってね、ベーリング海峡を渡って北米に行って、それから南下して、南米のインディオ、例えばインカ帝国とか、マヤ文明とかね。

こういうものをやっていた、非常にその、ユーラシア大陸から北米、南米を渡ってやっていた、私たちの古い祖先。

日本に残ったのは縄文人ですね。

こういう形の皆さんが、いるわけですけれども、この中で、アイヌはだいたい11世紀~12世紀にアイヌは北海道に現れたって言われているんですね。

じゃあ、その前の1万2000年、1万6000年、古くは1万6000年って言われています。

こういう所にいた縄文時代の人たちは、我々の祖先ではないのか?

祖先です。

はっきりと、我々の国の祖先。

で、今言ったようにアイヌは、11世紀~12世紀から、アイヌという形で現れている。

これはまぁ、色んな説がありますけれども、オホーツク人というね、千島列島や樺太に住んでいた人って言うんですけど、これも同じように古いモンゴロイド。

で、縄文人の中に、そういう人たちもいたという事で。

でも、これは同じ兄弟の祖先をもつので、日本列島の先住民は、完全に縄文人です。

で、11世紀、12世紀、アイヌがその北海道に現れたと。

もっというと、青森とかそういうのにもいるんですよ。

水野久美水野久美

あぁ、はい。

水島総水島総

じゃあ、青森はアイヌの先住民の場所か?

水野久美水野久美

そうですねぇ。

日本の先住民はアイヌではなく縄文人である

水島総水島総

じゃなくて、いつも言いますけど、薩摩隼人とか出雲とかね、色んな族がいるわけです。

日本の中にはね。

で、国譲りが行われる。

古事記の中でも。

こういう事が行われているわけで、滅ぼされたわけでもなんでもない。

そして、先住民でもなんでもないって事は、もうお分かりになると思うんです。

アイヌはそこを支配していたわけでも全くないわけで、それを倭人と呼ばれるね、我々の祖先が彼らを襲って土地を奪ったり、文化を奪ったりしたわけではないわけです。

明治時代の最初の頃、旧土人法っていうのがやられましたけど、それは新石器時代並みの生活レベル。

非常に病気や色んなもので苦しんでいる、困窮していたアイヌに手を差し伸べるための、逆に明治政府がお金を出す形で、アイヌの人たちを保護した。

決して、アメリカの白人がやったように、インディアンをね、本当に殺しまくって、土地を奪い、という事ではないわけですね。

そういう事が、先住民と明記しちゃったわけですね、今度。

そうすると、今私が言っている「アイヌは先住民じゃありません」っていうと、これは法律違反みたいになるわけですね。

水野久美水野久美

いやぁ~。

水島総水島総

罰則はないみたいですけどね。

ヘイトスピーチだって言われる可能性もあるんですよ。

アイヌは先住民ではありません。

とんでもありませんと。

我々の兄弟と同じ日本人です。

先住民といったら、縄文人がいます。

これは我々の祖先です。

もっと言うと、今回一番問題なのは…

フォローして最新情報をチェックしよう!