水島総 先住民族でないアイヌを先住民と法律で明記した菅義偉と大半議員!アイヌ新法に反対・棄権の議員は?

先住民でないアイヌを先住民と法律で明記

水野久美水野久美

まずはアイヌ新法に反対・棄権をした人々というテーマですね。

水島総水島総

皆さんご存知の通り、19日にですね、国会で、参議院本会議なんですけど、いわゆるアイヌ新法というのが通過したわけですね。

成立したという事は可決。

そんな中ですね、一番の問題なのは、アイヌを先住民と明記しちゃったんですね。

アイヌを先住民として明記した。

このベースになっているのは何かといいますと、国連の先住民解釈。

例えば、ネイティブアメリカンですね。

インディアンと呼ばれる。

あるいは、インディオ、南米の。

あるいはイヌイット、いわゆるアラスカとかあっちのね。

それからアボリジニですね。

こういうのは何が起きたかというと、例えばアメリカの場合は、いわゆるインディアンと呼ばれた皆さんが先住民でいたわけです。

これは、私たちと同じ古いモンゴロイドの祖先をもつ人たちです。

ずーっとアリューシャン列島とかね、渡ってね、ベーリング海峡を渡って北米に行って、それから南下して、南米のインディオ、例えばインカ帝国とか、マヤ文明とかね。

こういうものをやっていた、非常にその、ユーラシア大陸から北米、南米を渡ってやっていた、私たちの古い祖先。

日本に残ったのは縄文人ですね。

こういう形の皆さんが、いるわけですけれども、この中で、アイヌはだいたい11世紀~12世紀にアイヌは北海道に現れたって言われているんですね。

じゃあ、その前の1万2000年、1万6000年、古くは1万6000年って言われています。

こういう所にいた縄文時代の人たちは、我々の祖先ではないのか?

祖先です。

はっきりと、我々の国の祖先。

で、今言ったようにアイヌは、11世紀~12世紀から、アイヌという形で現れている。

これはまぁ、色んな説がありますけれども、オホーツク人というね、千島列島や樺太に住んでいた人って言うんですけど、これも同じように古いモンゴロイド。

で、縄文人の中に、そういう人たちもいたという事で。

でも、これは同じ兄弟の祖先をもつので、日本列島の先住民は、完全に縄文人です。

で、11世紀、12世紀、アイヌがその北海道に現れたと。

もっというと、青森とかそういうのにもいるんですよ。

水野久美水野久美

あぁ、はい。

水島総水島総

じゃあ、青森はアイヌの先住民の場所か?

水野久美水野久美

そうですねぇ。

日本の先住民はアイヌではなく縄文人である

水島総水島総

じゃなくて、いつも言いますけど、薩摩隼人とか出雲とかね、色んな族がいるわけです。

日本の中にはね。

で、国譲りが行われる。

古事記の中でも。

こういう事が行われているわけで、滅ぼされたわけでもなんでもない。

そして、先住民でもなんでもないって事は、もうお分かりになると思うんです。

アイヌはそこを支配していたわけでも全くないわけで、それを倭人と呼ばれるね、我々の祖先が彼らを襲って土地を奪ったり、文化を奪ったりしたわけではないわけです。

明治時代の最初の頃、旧土人法っていうのがやられましたけど、それは新石器時代並みの生活レベル。

非常に病気や色んなもので苦しんでいる、困窮していたアイヌに手を差し伸べるための、逆に明治政府がお金を出す形で、アイヌの人たちを保護した。

決して、アメリカの白人がやったように、インディアンをね、本当に殺しまくって、土地を奪い、という事ではないわけですね。

そういう事が、先住民と明記しちゃったわけですね、今度。

そうすると、今私が言っている「アイヌは先住民じゃありません」っていうと、これは法律違反みたいになるわけですね。

水野久美水野久美

いやぁ~。

水島総水島総

罰則はないみたいですけどね。

ヘイトスピーチだって言われる可能性もあるんですよ。

アイヌは先住民ではありません。

とんでもありませんと。

我々の兄弟と同じ日本人です。

先住民といったら、縄文人がいます。

これは我々の祖先です。

もっと言うと、今回一番問題なのは…

純粋なアイヌの血統は一人も存在しない

水島総水島総

いいですか、1つずつ言いますね。

アイヌが先住民と認められた事。

そして、国連の決議をベースにしていると考えたら、

まず、アイヌと称する人が、1万7000~8000人います。

550万の北海道全部の人口のね、1万数千人ですね。

で、このアイヌという人たちは、純粋なアイヌの血統という人たちは、もう一人もいません。

最大限4分の1ぐらいって言われています。

それだけ、同化が進んでいるわけですね。

水野久美水野久美

えぇ。

水島総水島総

この同化が進んで、殆ど4分の3の日本人の人たちが、「アイヌだアイヌだ」と言って、アイヌの民族衣装と称するものを着てね、木彫りをやったり。

そんなものはね。

そういうものをやりながら、1万8000人が今度何が出来るかという事を言います。

まず1つ。

この愚かな国会議員たちが、先住民と認めたという事は、まず先住民は、土地の権利を持っているという事です。

北海道はアイヌの土地だと彼らは主張する事が出来る。

4分の3日本人、4分の1アイヌの血がある人たちが、アイヌ人と称して、ここは俺たちの土地だと。

お前たちが勝手に入ってきて、開拓だなんだと称して、土地を奪った、言葉を奪った、文化を奪った。

だから、第1つ目には「出て行ってくれ」という事が出来ると。

バカでしょう。

水野久美水野久美

う~ん。

おかしいですね。

アイヌ新法により加速する日本分断工作

水島総水島総

歴史的な事実、先住民でもなんでもないのに、ヒューマニズムっぽいとかね。

なんとかっていうそういう薄っぺらい、何にもない知識のままに、先住民と求めちゃったわけです。

国連は、これからガンガン言いますよ。

アイヌの人たちに、格別のね、そういうものをしなければいけない。

つまり、アイヌ人は…アイヌ人なんてものは今いませんけどね。

アイヌの人々は、アイヌの血を引いている人たちは、北海道から、北海道の道民たちに「出ていけ」という権利が生まれたという事です。

それが嫌なら、何が?

「土地代を払え」

水島総水島総

それともう一つ。

国有地。

もうアイヌ協会は言っていますよ。

国有地、公有地、私有地とか色々あるじゃないですか。

国有地は全部返せと、公有地は。

アイヌに返せって言っているんですよ。

言い出しますよ。

膨大な土地ですよ。

水野久美水野久美

そうですよね。

水島総水島総

それで、土地を返せ。

それから、国というか、道民に対しても、地代を払え、土地代を払え。

借地料を払えよと。

出ていきたくなかったら。

ここまで言われてきますよ。

アイヌ協会は、それを言いますよ。

水島総水島総

それからもう1つ。

国有地、公有地を取得した。

そうしたら、ここに自治区を作らせてくれと。

あんたらとは違う人間なんだから、ここで自治区を作って、自治政府を作る。

外交関係は中国と外交関係を結ぶ。

防衛も、中国人民解放軍に守ってもらうんだ。

そして今、中国の土地は1割、北海道で買われていると言われています。

北海道の領土は9割になっていると。

私有地って言ったら、殆ど入れませんからね、今。

よっぽど犯罪かなんか起きていると分からない限りは。

そうすると何が起こるかというと、水源地、大事なものをみんな買っているでしょ。

公安施設もあり、戦略的な場所、重要な観光ポイント、公安施設の周辺、基地の周辺、みんな買っています。

みんなアイヌの所と一緒にやると。

私たちの土地は、じゃあアイヌが元々持っていた土地だから返します。

そして、借地料を払います、という形で、北海道の1割、2割近い土地が、アイヌの場所になってくる。

そこに中国人が大量に入ってくる。

先住民だから、文句を言われる筋合いはないと。

我々は、どこの国の人々とも仲良くやるんだと、ね。

水野久美水野久美

はい。

水島総水島総

この保護は、この土地のインフラ整備は全部国がやれと。

借地料だと。

俺達にはその権利があると。

で、自分たちを守るために、人民解放軍だって入って貰うんだと。

こういう事が起きるんですね。

最終的には、土地を全部返せと。

嫌だったら、膨大なお金を払いなさいと。

水島総水島総

もう一つ言うと、これはアメリカインディアンといわれる人たちがやっている事ですが、州政府とかアメリカのね。

カジノをやらせるんですね。

水野久美水野久美

はぁ~、カジノ。

水島総水島総

彼らはもう酒とあれと、酒浸り。

沖縄もそうで、沖縄の人たちも結構お金漬けにしてね。

これは自民党政府がやった事が悪いんですよ。

こういう事をやって、結局ぐーたらの怠け者ばっかり増やしたって事もあるんです、これ。

敢えてこういう事を言いますよ、今日はね。

つまり、そういう国のお金を使って、カジノをやらせる。

それでそこに、利権に、反日日本人というか、日本なんかどうでもいいと。

金儲けとあれが出来ればいいという連中が集まって、美味しい汁を吸わせて貰う。

パチンコは今落ち目ですからね。

水野久美水野久美

はい。

水島総水島総

こういうような事が、今、着々と進んでいるんですね。

それをやっているのが、今アイヌ新法を進めて、やっているのが菅さんですね。

水野久美水野久美

はぁ~。

水島総水島総

皆さん分かりますか?

そういう事ですよ。

時期総理と言われているね。

だから、ず~っと前から私は言っていたんです、これ。

そういう大きな流れの中に、中国人の土地の爆買いや、あるいはアイヌ新法の成立。

そういう事があって、着々と、北海道のね、日日本化が進もうとしている。

政治家たちは、その事を全くね、気づいていないんじゃないですか。

気づいていても、まず利権ですね。

北海道を日本ではない事にしようと企む文科省

水島総水島総

もう一つ、一番証拠は、先週ですね、文部省のね、小学校のね教科書ですね。

画像出典:産経ニュース

この問題で北海道を取り上げているんですけど、これは検定の意見、命令として、江戸時代のね、北海道、江戸初期からのですね、それは日本が支配していないんだと。

で、日本列島を色付けした中に、北海道は白くさせている。

水野久美水野久美

う~ん。

水島総水島総

でも、江戸時代のね、それは誰でもみんな知っている。

内閣府でもちゃんと発表していますけれども、完全に松前藩というのがあるわけです。

そこで、北海道経営をしているわけですね。

支配しているんです。

千島の調査や、樺太の調査まで行っているというね、そういう状態なんで。

全くその、明治以降ね、日本が北海道をやったまたいなね、これは嘘なんですね。

北海道命名150年ってよく言うんですけども、蝦夷地としてちゃんとそこに松前藩がいて、支配しているんですね。

こういうインチキが、そこの中で進んじゃってる。

これ、文部省は大変罪深いんですけど、ただそういう中に反日分子がいるよ、というだけでは無いんですね。

その前に、ずっと言ってきた、今のアイヌ新法。

こういうものも全部、大きな流れの戦略の中でね、非日本化が進んでいる。

もっと言うと、日本を分割化していく。

そして、個別に撃破していく。

沖縄をやっつける。

北海道をやる。

大阪をやる。

日本をバラバラにしていく。

で、その中で後で言いますけど、それを統一してきたのは誰なんでしょう?どこなんでしょう?

皇室ですね。

水野久美水野久美

はい。

水島総水島総

こういう皇室もバラバラにしていく。

こういう流れの中に、実はアイヌ新法があるという事であります。

アイヌ新法に反対した議員と棄権した議員

水島総水島総

でね、アイヌ新法、これですね、名前を言いたいと思いますね。

これね、議員の中に、はっきり反対した人たちがいた。

水野久美水野久美

はい。

水島総水島総

自民党の中にも、棄権をした人たちがいたという事です。

これね、名前を挙げたいと思いますけど。

以前私とインタビューした丸山穂高さんというね。

画像出典:paufosearch.com

維新の議員さんね、衆議院議員ですけど。

この人が結構みんなに働きかけて、この反対意見をまとめてくれたと。

あの、維新の問題については、大阪の問題については、私は、意見が異なる事がありますけど、この問題に関しては、きちんと維新の議員はね、野党としてきちっとやってくれた。

例えば、国会で憲法の問題については、安倍政権とね、近しくしているという事はありますけれども、この問題はね、憲法以上にもっと大事な、歴史認識の問題ね。

水野久美水野久美

えぇ。

水島総水島総

国柄の問題に関係する事ですから、丸山穂高さんは、よくやってくれたと思います。

もう一つ、非常に大事な事が、うちの番組にも出演なさっているね、中山恭子さんの、希望の党ですね。

画像出典:朝日新聞デジタル

水野久美水野久美

はい。

水島総水島総

中山さんをはじめとする希望の党の皆さんが反対をしたという事で。

水島総水島総

これは大変、見識がある事だと思いますね。

歴史事実、歴史にかかわる問題。

事実を踏まえた上で、アイヌは先住民じゃないというね。

アイヌの人たちの文化を尊重するとかいうのは、例えば中山恭子さんなんかは、文化の問題には、非常に造詣の深い方でありますが、事実と違う事は反対するというね。

これは貫いてくれたと思います。

敬意を表したいと思うんですけど。

水島総水島総

それと後、自民党の参議院議員のあれですね。

8人。

これは、自民党のね、参議院議員ですけれども。

木村義雄議員(石原派・71歳)

 

画像:jimin.jp

古賀友一郎議員(岸田派・51歳)

画像出典:首相官邸ホームページ

佐藤信秋議員(竹下派・71歳)

画像出典:自由民主党新潟支部

山東昭子議員(麻生派・75歳)

画像出典:topsimages.com

塚田一郎議員(麻生派・55歳)

画像出典:Twitter

山崎正昭議員(細田派・76歳)

画像出典:自由民主党

山田俊男議員(無党派・72歳)

画像出典:JapaneseClass.jp

吉田博美議員(竹下派・69歳)

画像出典:南信州新聞

山東昭子さんとかですね、TPP反対だった山田俊男さんですね。

こういう人たちも反対、というよりも棄権をしたんですね。

私が言いたいのは、棄権は出来たという事です。

弁解をする中でね、「党議拘束があるから出来ない」とかね、いう連中がいるわけですけど、そういうのがいるんですけど、

姑息な事を言うんじゃない!

とね、私は言いたいわけですよ。

結局腰が抜けている。

移民法の時もそうだったんですね。

結局移民法も、施行されているじゃないですか。

どんどん人が入ってくるという事は、もう明らかだと。

これも、あぁだ、こうだ、伸ばしたとかね。

審査期間をなんたらとかね。

こういう形で、姑息な弁解をするんじゃないと。

党議拘束なんて言うんじゃないと。

しっかりと信念を持って棄権をする事は出来たわけですよ。

その事を、私は本当に言いたいと思いますね。

残念ながら、いわゆる安倍の側近という、いわゆる自称保守を自認している人たち。

そういう議員さんは、全部賛成しました。

いい議員さんも沢山いますよ。

認識不足なのか、分かっていてね、その選挙もあるからという事でやったのか。

分かりませんけども、現実はこういう事でしたね。

自民党議員は8人ですか。

こういう形で棄権をしてくれた。

これは良心ですね。

参議院は良識の府と、一応言われていますけれども、そういう中で、党議拘束とか、そんな問題ではないんですね。

日本の国柄に関わる問題ですから、これをちゃんとね、意見を、少なくとも、党議拘束があるんだったら、棄権するという実例を見せてくれた。

私は、本当にこういう人たちに、敬意を表したいと思います。

と同時にもう一つ言いたいのは、だからといって、全部が駄目だというようなものは、私はそういう意見を持ちません。

なんか一個違う意見だと、あいつはもう全て駄目みたいなね。

そうじゃないわけですよ。

なぜ我々が、これまで安倍政権のね、色んな問題があるけれども、安倍政権を基本的に支持してきたというのは、色々あるわけですけれども、1つは安倍政権に代わるね、人が本当にいなかったわけですよ。

で、危ないよ、危ないよと私は半年前から言ったのは、菅政権があれなりますよと。

今、実質上、菅政権になっていると言われていますけれども。

そういう状態を、棄権な、もっとグローバリズムが進む、日本が日本で無くなっていく。

こういう所から、だからまぁ安倍さんというのはとんでもない政策をどんどんやっているわけだけど。

それでも、まだもっと悪くなるよと。

アイヌ新法を座長で進めた菅義偉官房長官

今回の、アイヌ新法の座長をやっていたのが菅さんですね。

画像出典:Malaysian Feed | AsiaOne

水野久美水野久美

はい。

水島総水島総

こういう状態をいいたいわけであります。

こういう体たらくなんですよ。

だから私は、皆さんに向かって、もう一度自民党に代わる勢力が必要だといったのはね、そういう事で。

国民保守党というのを、我々が打ち出しているのはね、これからじっくりやっていかないといけないと思います、これ。

簡単にね、この構造というものを、やっぱり打ち破るという事は出来ないですね、これ。

風で変える事は出来ません。

これだって、なぜかというと、自民党の議員さんたちは、こういう中で、選挙を考えたり、なんかしてね、国柄が変わっても、こういうのを選ぶ人ばっかりなんです。

で、じゃあどうだと言ったら、他の野党は、全部賛成しているんですよ、これ。

アイヌ新法に。

大政翼賛会ですね、グローバリズム。

というような状況の中で、私たちは戦わなければいけないという事です。

北海道道議選 公民保守党2人は落選

水島総水島総

例えばですね、この間の北海道の道議選にね、国民保守党から2人出ました。

完全に負けました、落選しました。

最も困難な所に、組織もない、金もない人間から立候補したわけです。

我々は、それを身に染みて分かっているんですね、それ。

何をやったかというと、違いは、つまり今回のアイヌ新法、これに反対して、これはまずいよと言ったのは、いわゆる国民保守党の2人の候補だけだったんですね。

自民党から共産党まで、全部それに賛成していた。

北海道の状況は、そういう状況でしたね。

それから、もう一つ、移民法。

移民法、関連するというのは、北海道の中国人の爆買いです、土地の。

企業も買収されていますけれども、土地が約1割、北海道では買われている。

そこはもう、誰も入る事が出来なくなっている。

水源地、さっきも言ったように、公安施設の周辺、広い農地、あるいは基地の周り、あるいは空港の周り、戦略的な場所がどんどん買われている。

こういう事を、つまり中国人の土地の規制をね、やらなきゃいけないという事を主張したのは、国民保守党の2人の候補だけだったんです。

で、自民党から共産党まで、誰もそれを賛成しない。

こういうね、状況の中です。

もちろん我々は、惨敗しても、納得しながらやっていましたけれども、そういう状態です。

誰かが言わなければいけないという事で、これをやりましたけどね。

今回の場合、これ見てください。

ちゃんと現実を見ましょうよ。

ダチョウの平和って言って、ほんとね、ダチョウは怖いものが来ると、地面の中に頭を突っ込んで現実を見ない。

画像出典:Antônio Carlos Tórtoro

で、やられるんですよ。

と、同じようにね、現実を見ない日本国民の、とにかく今はいいから、なんとかゆでガエルでもいいから、もうちょっと先伸ばししたいと。

皆さんはいいですよ。

皆さんというか、今の人たちは。

でもね、若い20代、30代、もっと10代、子供たちはどうなりますか。

本当に皆さん。

ちょっとくらい、少しね、その事を考えてあげてくれますか、という気がしますね。

次の世代の若い人たちの為にね、本当にそれでいいのかと。

自分さえよければいいのかというね。

水野久美水野久美

そうですねぇ。

水島総水島総

本当に誠に情けない気がしますよ。

水野久美水野久美

日本が壊れていく事ですからね。

それに対して、他の党が何も言わないというのは、本当にびっくりしますね。

アイヌ法に殆どの国会議員が賛成した現実

水島総水島総

今回、このアイヌ新法もね、そういう意味で言うと、自民党の中で、もちろん8人の棄権は出たかもわからないけれども、殆ど全部賛成ですよ。

全会一致に近い。

維新と、希望の党。

中山恭子さんみたいなね。

こういう人たちを除けば、8割、9割。

こういう事が、今起きている。

これが、自民党が3分の2取っているからいいとかね、そういう問題じゃないんですよ。

そういう意味で、今我々が直面しているのは、はっきり言いますと、国民保守党のね、これはじっくりやっていかなければいけないというのは、やらざるを得ない。

でもまだ、自民党を信じている人がね、安倍政権だからまだいいじゃないかとかね、いう人たちがいるんで。

つまり次の菅政権とか、そういう所よりか、他の人よりかははるかにましですよ、まだ。

安倍さんは、外交能力とか色々あるから。

頭のいい方だから。

ただ、やっている事は、完璧にもう反日本の、日本を日本で無くすような事を、ずっとやり始めちゃった。

移民法とかね、水道法、種子法、TPP,ずーっと、我々はそれに対して反対をしてきました。

消費税も反対してきた。

だいぶ前の時はね、安倍さんに色々あるけど、安倍さん消費税を辞めなと駄目になりますよ、憲法改正をちゃんと正面から9条2項を無くす、こういう事をやらないと駄目になりますよ。

ずっと言い続けている。

青山繁晴議員に対する言われなき誹謗中傷

はっきり言うと、こっから論点戻りますけど、言っているの、我々だけなんです、実は。

で、もう一つ言うと、皇室も問題も後で取り上げますけど、皇室の問題を言っているのは、青山繁晴さんだけなんですよ。

画像出典:産経ニュース

旧宮家の復活を言っているのは。

だから、私は移民法の時も、今回も、保守系の議員、とりわけ安倍側近と言われるね、保守派の議員たちが、みんな雪崩をうって、党議拘束だ、どうたらこうたらでね、やっている事は知っていますよ。

腰抜けという言い方もしますよ。

だけど、その中でもまともな議員ですよ。

青山さんの場合は、そういう所で、ちゃんと唯一オンリーワンですよ。

旧宮家の復活を言っているのは。

で、保守のね、とんでもない卑劣な連中がね、青山叩きをやっているんですよ。

私は堂々と言いますよ、移民法の時も、今回の時も。

私たちの知り合いの仲間の議員さん、仲間というかね、大変親しくしている保守系の議員さん、色々いるわけじゃないですか。

水野久美水野久美

はい。

水島総水島総

でも、そういう人たちも、賛成したと。

これは批判します。

堂々と批判します。

しかし、それでもほかの連中よりかは、まだましだとも言います。

青山さんの場合は、この問題については、移民法や、アイヌ新法、危惧を持ちながらね、賛成してしまう。

棄権もして貰いたかったと思いますけれども。

それはまぁ、1つあるけれども。

じゃあもっと大事な問題というかね、皇室の問題で一番大事な、男系男子の2000年の歴史を守ろうと主張しているのは、彼一人だけですよ、まだ。

それを叩いている連中というのは、何なんだと。

別に、青山議員を全面にね、というわけじゃないですよ。

私は、是々非々ですから。

いいものはいいし、悪いものは悪いと言わなければいけない。

こういうね、事をやっている連中って何なんだと。

例えば青山さんがね、何か知らないけど金粉が出たとかね、色んな事を言うって。

色んな事をみんな言いますよ。

間違いもあるだろう。

で、それだけをわざわざ取り上げてね。

例えば私がこう言って、例えば青山さんの話で言えば、あなたは移民法を反対していたのになんでやったんだと。

党議拘束なんて、姑息な事を言うんじゃねぇよと。

腰が抜けているだけじゃないかと。

その為に議員になったんじゃないのかと、正論を言うために。

という言い方をしましたけれども、でもその後私は言っているわけですよ。

水野久美水野久美

そうですね。

水島総水島総

その青山さんが、議員の中でも一番まともな部類の議員さんなんですよ、と。

ろくでもない、ごまんといる議員を差し置いて、頑張っている議員をね。

私は批判はしますけれども、叩きはしないんですよ、陰険に。

水野久美水野久美

そうですね。

水島総水島総

今回、今、色んな所で、ネット上とか、そういう所で青山さんを批判している男がいるんですよ。

最初は名前を挙げないでね、なんか大げさな事ばっかりやって、盛るっていうんですか、というような形でやっているとか。

それは、色んな、大げさな言い方をしたりとか、色々あります。

でも、本質、私が言いたいのは、彼をせせら笑ったり、彼をね、部分部分を取り上げて。

そんな事をやるんだったら、まず皇室の男系男子を守るために、旧宮家の復活を、声を大にして言ってみろ、と。

青山批判がね、出たのは、私がちょっと思い過ごしと思いたいですけど、彼がいわゆる男系男子を守るためにね、旧宮家の復活をね、考えるという話をした直後くらいから、ワーッと来ているわけですよ。

で、今言ったように、アイヌ新法の問題から、続いていくんですけどね…

 
 
 
最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す