林千勝 日本の政治に潜む共産主義者と国際金融資本のスパイ!今の日本の構造は近衛内閣から始まった!

大東亜戦争は日本の自衛戦争だったとマッカーサーが証言

水島総水島総

マッカーサー自体が、

画像出典:RED

結局、大東亜戦争はね、やっぱり防衛的なもんだったと。

それは、貿易を止められたら、一切、物も入らなくなるしね。

日本の経済が破滅して、失業者が1200万人でしたか、出るとか、色んなそういう事を言っているわけですよね。

それは仕掛けられているわけですよね。

田中英道田中英道

その前にね、それはOSS計画があった事をね、これで説いているんですよね。

マッカーサーなんかね、殆どね、あんまり力が無い。

水島総水島総

もちろん、やっているのはそういう人たちですけど、あの向こう側の占領軍の親玉だったマッカーサーですらね、そういう事を認めている事。

この問題をちゃんとやっておかないと。

我々の、根強い文化というのは、私もその通りだと思いますけれども、そことちょっと分けておかないと。

だから大丈夫というね、という事にはちょっとならないという気がするんですけど。

田中英道田中英道

だから、そのなんかね、危機感が根底的なものと思い込む人が多いですけどもね、そうじゃないという事は、やっぱり考えなければいけないんですよ。

林千勝林千勝

少なくとも、戦後、サブジェクトトゥーマッカーサーから始まったんじゃなくて、サブジェクトトゥー国際金融資本から始まったと。

この事はやっぱり、しっかり認識して考えないといけないと思いますね。

水島総水島総

だからあまりそこの所は、先生が言うユダヤ金融資本というね。

金融資本の中心は、やっぱりユダヤの人が多いですから、それの問題と、やっぱりあの様々にこれまでの19世紀、20世紀ね、21世紀まで、そういう国際金融資本とか、いわゆるエネルギーメジャーとか、産軍複合体が、世界のね、あれを、グローバルな形でね、支配してきたという。

これは、お認めになるんじゃないかなと。

そこの問題が、どこまで日本のね、日本らしさを、

田中英道田中英道

そうですよね。

だから、その部分を、抵抗してきたという部分をね、評価するわけですね。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後にフォローをお願いします。最新情報をお届けします。

One Response to “林千勝 日本の政治に潜む共産主義者と国際金融資本のスパイ!今の日本の構造は近衛内閣から始まった!”

  1. 田中英道先生に、安倍首相という人の事実やエピソードをベースにした実存分析、のような見解を伺いたいものです。

コメントを残す