田村秀男 400兆の金を中国と国際金融資本に垂れ流すアベノミクス!日本の金が喉から手が出るほど欲しい習近平!

国際金融市場は日本の金が無いと回らない

田村秀男田村秀男

先ほどね、国際金融資本とか、ユダヤ系資本とかね、そういうまぁ話がありますけど、もうね、私の目からすれば、完全にこれはビルトインされていんですね。

なぜかっていうとね、アベノミクスも非常にいい例ですけど、異次元金融緩和で、要するにまぁ数100兆円、お金、今刷っているわけでしょ。

水島総水島総

はい。

田村秀男田村秀男

で、じゃあアベノミクスのこの6年間ですね、6年間過ぎたくらいか、それでね、最近、つい最近、国際決済銀行。

スイスのバーゼルにホームがあるね、要するに中央銀行の集まりなんですが、ここが、定期的に経済データで、金融のデータを発表しているんですよ。

で、そこでBIS(国際決済銀行)の加盟国全体、これ、日米欧中心ですけどね、その民間銀行が、海外貸しをやった、要するに国際金融に貸し出した総額がですね、だいたい増えた額で言うと、2012年末から、2018年末のこの差額でね、1兆ドルちょいなんですよ。

ところが、アメリカは殆ど増やしていません。

で、イギリスはもう引いているんですよ、ロンドンは。

でね、増やしているのは日本の銀行ばっかりなんです。

つまり、1兆ドルはそっくりね、日本の銀行が外に出しています。

水島総水島総

あぁ~。

田村秀男田村秀男

要するに日本の金が無いとね、つか、日本から要するに余剰金っていうのか、日本で使われない金が無いとね、国際金融市場というのは、要するに回らないんです。

ロックフェラーであろうと、そのロスチャイルドであろうとね、もうみんなね、日本の金なんですよ、はっきり言ってね。

要するに、いわゆる国際金融市場っていうのは、原資が、元手が無いと回りませんからね。

日本は世界のキャッシュディスペンサー

田村秀男田村秀男

一番吸収しているのが、そのうちね、半額以上ですね、6割近くは、中国が吸収しています。

水島総水島総

1兆ドルのうちのね。

田村秀男田村秀男

そうそう。

それで中国のね、例えば外為銀行で最大が、中国では中国銀行ってやつですね。

水島総水島総

はい。

田村秀男田村秀男

中国銀国はね、今ね、対外、要するにドル負債ですね、これが一杯なんですよ。

要するにもう、はっきり言えば、間接的なあれなんですけど、日本のね、金が無ければね、国際金融市場もロックフェラーもね、ロスチャイルドも、これ成り立たない。

で、中国が、しかも主役になっているの。

だからね、もうね、なるほどな、アベノミクスと言っていてもね、うまくなんかまぁ、はまっているもんだなぁと思って。

つくづく、私はね、唸っちゃいますね。

水島総水島総

そうですね。

キャッシュディスペンサーみたいな感じ。

田村秀男田村秀男

要するに日本の銀行は、特にメガバンクはね、もう国際金融市場が無かったら、もう成り立ちませんからね。

日本がデフレを容認し増税・緊縮財政を強行する理由

田村秀男田村秀男

これがだから、消費税の増税とデフレとね、要するにうまく噛み合うわけですよ。

水島総水島総

そうでないと、お金出せないですね。

外へね。

田村秀男田村秀男

そうそうそうそう。

だからね、こういうね、要するにデフレ容認の増税・緊縮政策と、異次元金融緩和というポリシーミックスってやつね。

これが実はね、すっぽりとね、もし先生方が仰る、国際金融資本による陰謀だという事があればね、これはシナリオにはまるという構図が見えるんですね。

水島総水島総

でも、ここ10年、まぁ6年ですか。

アベノミクスの1年目を除けば、殆どそのラインでね、ずっと進んでいるっていうね。

田村秀男田村秀男

そうそう。

しかも、海外のね、金融というか、日本でね、対日債務をね、海外の純債務の増加額はね、その異次元緩和で刷ったお金のね、要するに大半を占めるって事になりますね。

水島総水島総

だから、あまりにも辻褄が合いすぎるっていうかね。

気持ち悪いんだけど、その通りなんでしょうね。

田村秀男田村秀男

合いすぎるんでね。

だから、国際金融資本の陰謀だというのは、私はね、証拠が無ければ言いたくないからね。

ただし、データが証明しているのは、そういう事です。

水島総水島総

状況証拠は、そういう事ですね。

あのこういう中でっていうと、だから日本の対中政策で、あれもそういう所で、ちょっと説明できるようになってきますね。

日本の金が喉から手が出るほど欲しい習近平

田村秀男田村秀男

全部繋がってきますよ。

今、習近平はね、喉から手が出るほどね、日本の金が欲しいんですよ。

だって今、中国のメガバンクを代表するね、要するに外貨を一番引き取っているその中国銀行がね、要するにね、ドル債務をどんどん増やしてね、それで純債務を抱えていますからね。

これがね、結構、ウォールストリートジャーナルで最近報じられたりしてね、そろそろ、アメリカが問題視っていうか、こういう事があるぞと。

気が付き始めてはいるんですね。

水島総水島総

いやだから、そういう意味で、先ほど林さんが指摘したものっていうのはね、結構今も繋がっている、ずっと続いているという。

そういう事を考えると、さぁ、これからの消費税の問題とかね、あるんですけど、先ほどどなたか仰ったけど、本当に平成というのは昭和というのから始まっていますけれども、ますます従属的なね、軍事・政治・経済。

まぁ、アメリカと一括して言っちゃいけないかもわからない。

トランプ政権がありますから。

ただ、そういう意味での、植民地というか、保護国というか、独立国家ではない道を、今ずっと進んでいるという、それが強まっているんじゃないかなという気がするんですよね。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す