田村秀男 400兆の金を中国と国際金融資本に垂れ流すアベノミクス!日本の金が喉から手が出るほど欲しい習近平!

国際金融市場は日本の金が無いと回らない

田村秀男田村秀男

先ほどね、国際金融資本とか、ユダヤ系資本とかね、そういうまぁ話がありますけど、もうね、私の目からすれば、完全にこれはビルトインされていんですね。

なぜかっていうとね、アベノミクスも非常にいい例ですけど、異次元金融緩和で、要するにまぁ数100兆円、お金、今刷っているわけでしょ。

水島総水島総

はい。

田村秀男田村秀男

で、じゃあアベノミクスのこの6年間ですね、6年間過ぎたくらいか、それでね、最近、つい最近、国際決済銀行。

スイスのバーゼルにホームがあるね、要するに中央銀行の集まりなんですが、ここが、定期的に経済データで、金融のデータを発表しているんですよ。

で、そこでBIS(国際決済銀行)の加盟国全体、これ、日米欧中心ですけどね、その民間銀行が、海外貸しをやった、要するに国際金融に貸し出した総額がですね、だいたい増えた額で言うと、2012年末から、2018年末のこの差額でね、1兆ドルちょいなんですよ。

ところが、アメリカは殆ど増やしていません。

で、イギリスはもう引いているんですよ、ロンドンは。

でね、増やしているのは日本の銀行ばっかりなんです。

つまり、1兆ドルはそっくりね、日本の銀行が外に出しています。

水島総水島総

あぁ~。

田村秀男田村秀男

要するに日本の金が無いとね、つか、日本から要するに余剰金っていうのか、日本で使われない金が無いとね、国際金融市場というのは、要するに回らないんです。

ロックフェラーであろうと、そのロスチャイルドであろうとね、もうみんなね、日本の金なんですよ、はっきり言ってね。

要するに、いわゆる国際金融市場っていうのは、原資が、元手が無いと回りませんからね。

日本は世界のキャッシュディスペンサー

田村秀男田村秀男

一番吸収しているのが、そのうちね、半額以上ですね、6割近くは、中国が吸収しています。

水島総水島総

1兆ドルのうちのね。

田村秀男田村秀男

そうそう。

それで中国のね、例えば外為銀行で最大が、中国では中国銀行ってやつですね。

水島総水島総

はい。

田村秀男田村秀男

中国銀国はね、今ね、対外、要するにドル負債ですね、これが一杯なんですよ。

要するにもう、はっきり言えば、間接的なあれなんですけど、日本のね、金が無ければね、国際金融市場もロックフェラーもね、ロスチャイルドも、これ成り立たない。

で、中国が、しかも主役になっているの。

だからね、もうね、なるほどな、アベノミクスと言っていてもね、うまくなんかまぁ、はまっているもんだなぁと思って。

つくづく、私はね、唸っちゃいますね。

水島総水島総

そうですね。

キャッシュディスペンサーみたいな感じ。

田村秀男田村秀男

要するに日本の銀行は、特にメガバンクはね、もう国際金融市場が無かったら、もう成り立ちませんからね。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す