武田邦彦 老後2000万円不足問題と年金の現実!積み立て型年金が崩壊した理由!

老後資金2000万円不足問題

金融庁がですね、年金は足りないから2000万円くらい一人辺りいるんだという報告書を作って、それを提出しようとしたらですね、猛烈な反発に会って、麻生さんは、それはもう受け取らないと、こう言っていたりですね。

非常に政治問題化しているわけですが、これはもうある意味ではっきりしているんですね。

もう全然議論なんかする必要がないくらいはっきりしているし、私たちの老後と言いますか、殆どの人が老後を過ごすわけですから、私たち日本人の将来と言いますか、人生というか。

悲惨な老後というのは、非常に悲惨ですからね。

体も言う事を効かない、病気がちである、お金が無い、ときたらですね、本当にこれは地獄なんですよね。

年金問題の解決方法と政府の嘘

それを避ける方法があるんですよね。

あるけれども、嘘をつくんですよ。

これは嘘をつく人はですね、第一に政府、厚生労働省、役人、それから朝日新聞、NHKと。

それから経済学者、年金専門家。

この辺がね、みんな嘘をつくんですよ。

今でも嘘しか言っていないんです。

なんで嘘しか言わないかというとですね、本当の事を言うと厳しいんですよ、状況が。

ですから、誰もが本当の事を言わずに、将来に回しているだけなんですよ。

嘘をつかなかったら簡単なんですよね。

ところが、なんとか国民に評判が悪くならないような、そういう言い回しをしようというので、ずーっと逃げて逃げて、逃げまくっているんですね。

ですからそのしわ寄せは、私たち国民一人一人の人生が悲惨になるわけですから、私たちはもっと早めに覚悟を持って、事実を見るべきなんですね。

我々が覚悟を持って見るべき現実

簡単に言えば、これからの社会は、50歳までの人が半分、50歳から100歳の人が半分になるんですね。

こういう風に思わなきゃいけない、まず。

またね、変な事になるんですよ。

「平均年齢は80歳だから、80でいいじゃないか」

って、そうじゃないんです。

実はですね、人生の不思議さの一つはですね、自分が何歳まで生きるか分からないという事なんです。

それで、悲惨な人生になるのは、早く亡くなる事では無いんです。

変なんですけど、早く亡くなるという事は、ある意味では辛いですよ。

人間はね、長生きしたいんですよ。

しかし、長生きする人が困るんですよ。

年金というのはそういう構造を持っているので困っちゃうんですね。

「俺は早く死ぬからいいよ」

なんて言ったって、その人の死ぬ時期なんていうのは分からないんですから。

100歳まで生きたら本当に悲惨になっちゃうんですよね。

ですから、私の事をこれでバッシングする人がいるんですよ。

「武田は100歳までって言うけど、100歳まで生きる人は少ないじゃないか」

って、いやそうじゃないんですよ。

100歳までの人が3分の1とかになってもですね、自分がそこに入る可能性があるので、準備はしておく必要があるんですね。

みんなが嘘がいいじゃないかと言っているのは、やっぱり真実が見たくないんでしょうね。

どうしてもそうなるんでしょう、人間ですから。

経済学者はポンコツである

で、経済学は間違っております。

経済学が間違っているんで困っちゃうんですね。

経済学が間違っているので、インフレも起こるわけです。

インフレっていうのは、別に起こるわけではないんですね。

それから、景気が上がったり下がったりするんですよ。

これも故意にやっている感じがあるんですね。

経済って言うのは本当はですね、国民が働いた量に比例しているんですよ。

ですから、インフレも起こらない、デフレも起こらない。

国民がさぼれば、働くのをさぼれば、少し悪くなる。

国民が一生懸命に働けば、少しよくなる、という事だけなんですよ。

じゃあ、今年1年の、日本国民の働き方、その分だけ経済成長というのは行われる。

そういう仕組みをもし経済学者が作ったらですね、全てのものは無くなるんですよ。

解決するんです。

ところがそれが出来ないから、これは仕方がないですね。

経済学者がポンコツなんだからこれはしょうがない、いくら言ったって。

だから、景気は上下するしインフレになるし、となりますね。

そうしますと貨幣価値が変わるんですよ。

貨幣価値が変わっていくという事はもうはっきり分かって、誰も否定しないんですよ。

積み立て型年金が崩壊する理由

だから、積み立て型はダメなんですよ。

どうしてダメかというのを簡単に説明しますとですね、私の本なんかにも随分と書いてあるんですけど、なかなか難しいものですから。

簡単なんですけど、浸透しないんですが。

例えば自分の老後を自分でやろうとして、20歳か30歳くらいから積み立てを開始しますね。

で、少~しずつインフレは起こるんですよ。

これはね、「最近デフレじゃないか」とかそういう事を言わずに、平均的にですよ。

だって、私にそうやって反撃してくる人にですね、私がですね、

「あなたじゃあ80歳の時に、どのくらい貨幣価値が落ちているんですか?上がっているんですか?」

って言うと、

「それは分からない」

って言うんですよ。

で、年金のような場合はですね、分からないでは済まされないんですよ。

つまりですね、非常に簡単に言えば、30歳の時に100万円を貯金して、それで70歳の時の生活費に充てようとするじゃないですか。

非常に簡単に言うとですよ。

30歳の時に自分が一生懸命に働いて、100万円を貯めて、この100万円を70歳の時に受け取ろうと思うとですね、現実的な価値、つまりどのくらいハンバーグが食べられるかとか、テレビが買えるかとか、そういう価値で言えばですね、実は20万円くらいになっちゃうんですよ。

100万円が20万円になっちゃうんですよ。

ですから年金を積み立てるというのが実にバカらしいのはですね、年金というのは長~い期間の後に貰えますから。

30歳で100万円貯まったやつは、それを自分で70歳に受け取る時は、20万円としてしか受け取れないという事なんですよ。

仕方ないんです。

「武田はその20万が本当だと思うのか?」

って、いや分からないんですよ。

実はね、こういうのは分からないんですよ。

ですけれども、平均としてはだいたいそのくらいという事は分かっているわけですね。

これをね、だから積み立て式の年金というのがあり得ないという事を示しているんですよ。

論理的にあり得ない。

お金は次第に腐って行く

つまり、この現在の資本主義の世の中は、長い間、お金を貯めておくという事が出来ないんですよ。

「お金は腐って行く」んです。

ところが、これ、経済学でですね、大学でですね、「お金は腐らない」って教えているんですよ。

お金は腐るんです。

どのくらい腐るんですか?って言ったら、30歳の時に老後の為に貯めた100万円は、70歳で受け取る時は、20万円までは腐っている。

80%は腐って使えない。

20%だけ使える。

20万円しか使えない。

そういう事なんですね。

だから、年金は積み立て型だとダメなんですよ。

今までの年金はね、なんだかんだ言っても、結論は「積み立て型」なんです。

これをね、「息子型」に変えざるを得ないんですよ。

年金制度は息子型に変えざるを得ない

息子型と言うとね、また男女同権とか変な事を言うけどそういう事じゃなくて、「昔型」と言ってもいいんですけどね。

つまり、自分が親の時は、子供の面倒も見るんですよ。

それから、自分が今度老人になったら、息子に面倒を見て貰うんですよ。

これは積み立て型と何が違うかと言ったら、その時の通貨価値になりますから。

自分が30歳の時に100万円を貯めても、70歳で受け取るのは20万円になるんだけれども、息子が30歳の時に、節約した100万円を親父が貰えば、そのままその時の100万円なんです。

これを専門用語では「賦課型」というんですけど、これが難しいのでね。

「積み立て型」と「賦課型」というからいけないんで、「積み立て型」と「息子型」と言った方が、私はいいと思うんですね。

だから、それは息子が親父というわけにはいかないので、子供がいない人がいるんで。

社会がですよ、必ずそうするわけです。

例えば今から10年経った後も、10年後に働いている人の総量で、働いていない人の老後の人の全部面倒を見るわけです。

息子ですよね。

息子の集団ですよ。

100年後もそうするんです。

そうするとですね、ず~っとその時の総人口、全部日本人として生きている人を、その時に働いている人が支えると。

息子型ですよね。

これにしたら年金問題って無いんですよ。

全部無いんです。

「年金はいくらにするか?」とか、「将来は大丈夫か?」とか、「100年年金」とか、そういう嘘をつくから困るわけで。

その年、その年で清算してしまえば、不安は全く無いんです。

その時に国民が大切なのは、国民が宣誓しなきゃならないんです。

「私たちは働ける間は精一杯働きます」

「働けなくなったらお願いします」

これだけをみんなが宣誓したらいいんです。

宣誓書を書いてですね、それこそ役所に提出したらいいんです。

役所はそれを管理していればいいわけですね。

「私は働けるときは働きます」

これは、憲法の勤労の義務ですからね。

みんなで支え合う社会ですから。

群れで支え合うわけです。

私の最近のあれでは、「超人間」なんです。

超人間で、さえ認めれば、実は年金問題というのは解決する。

今年100万円をみんなで稼いだら、今年その100万円を高齢者が、働けない人が使う。

その比率だけを問題にすればいい。

その比率があんまり過度にならないためには、自分一人一人が、私が働けるときは出来るだけ働きますと、これを約束さえすればいいわけですね。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す