天皇写真を燃やし慰安婦像を飾り被害者面する大村知事!あいちトリエンナーレの信用をめちゃくちゃにした津田大介!増税は便所の落書きの為?三輪和雄

天皇写真を燃やす映像や慰安婦像を税金で飾る愛知県大村知事

私もですね、名古屋に行くつもりでした愛知トリエンナーレの不自由展というね、いかがわしい企画が中止にされました。

で、この暑い盛り、私も名古屋まで行かないで済んでほっとしているんですけれども、しかしこんな企画が、税金を使って行われたという事。

これをいけしゃあしゃあと、国民が怒るまで通してしまった、この行政のあり方と言うのに、私は本当に怒りを未だに禁じられません。

で、このトリエンナーレ展というのは、もう参議院議員をお辞めになった中山恭子さんなんかも、

画像出典:asahi.com

非常にこれの事を評価されていまして。

この展示会自体はですね、今までも行われていて、それは何も問題なく行われていたんですね。

あいちトリエンナーレが問題となった最大の理由

ところが今回こうなってしまったという理由の最大の理由はですね、やっぱりこの津田大介さんという人を、総合監督にしてしまったと。

画像出典:livedoor.blogimg.jp

で、やはり当然ですね、かくなればかくなるものと知りつつも、というのはあるんですよ。

津田さんをトップにしたら、当然こういう事が起こるだろうと。

この横に出ている大村という知事は気づかなかったんですか。

で、あるいは気づいたとしても、同じ愛知県の名古屋の市長の河村さんのように、現場に行って、これはおかしいと。

便所の落書きを飾り被害者面する愛知県大村知事

ところが、大村なる人はですよ、この人は元々自民党の衆議院議員だった人ですよ。

画像出典:asahi.com

ところがなんと、色んな脅迫電話が掛かって来たから止めたんだと。

撤去したんだと。

あたかも被害者面してんだ。

これはとんでもない話ですよ。

こんな、便所の落書きみたいな事を。

それも、昭和天皇を、ここで言うのも恥ずかしい。

もう申し訳なくて言えないような事をやってしまった。

画像出典:Twitter

便所の落書きへの権威付けを狙った津田大介

これも繰り返しになりますが、個人でやったとしても私はもう許せませんけど、個人でそこら辺のね、なんかしょぼい画廊かなんかでやるなら、それはもう表現の自由でしょ。

ところが、これは税金を使われているんですよ。

で、例えば愛知県が出した、これはイベント全体ですけれども。

私はこれを愛知県庁に確認をしました。

3年間で6億ですよ。

で、名古屋市が1億何千万かな。

で、文化庁からも予算が出る。

それに対してこの津田なる人は、いや、この不自由展に使われたのはそのうちのこれくらいだ、とか言ってますけれど、それは大間違いなんですよ。

なぜならば、色んな人が、色んな公が税金からお金を出して、そしてこれが権威あるものになったわけですから、なっているわけですから。

その中の一部で、実費としては使われているのが600万だろうが1000万だろうが、そんな事は関係ないんですよ。

それだけのお金で、器をでっかくして権威ある所で行われたわけでしょ。

ですから、そうでなければ、こんな便所の落書きみたいなものはヘッてなもんなんだけど、これだけのまともな、であるかの如く装っている。

つまり、そうだけじゃなくて、実行委員なんかを見ればですよ、もう愛知財界や、あるいは様々な愛知の立派な人が名前を連ねているわけですよ。

恐らくこの人達は、並び大名で、ただハンコを押しただけかもしれないけれども、そうした権威があるから。

当然これは、10月までやる予定だったわけですから、それは小学校や中学校やなんかも、これ、授業として見学に行くと。

それはそうでしょう。

税金を使って、権威あるイベントなんだから。

だから、この津田さんという人はね、やりたければ自分の金でやってくださいなと、ほんと言いたいんですよ。

権威にすがる反体制活動家

彼は、反体制的なポジションを常に取ろうとしているわけだから。

こんな時だけね、元自民党の知事の権威なんか借りるなという事ですね。

で、この人はこの問題が起きた初期にですね、こういう事を言っているんですね。

「こんな僕ですが一応文化長主催のメディア芸術祭で新人賞なるものを頂いた経験もありまして…」

ね。

こんな人に出した人は問題かもしれないけど、それはそれとしてですよ、ここからですよ。

「その審査した人たちや、芸術監督を選出したあいちトリエンナーレの有識者部会(アート業界の重鎮多し)をみんな敵に回す発言になりますけど、大丈夫ですか?w」

こんなね、みっともないね、このゴマすり男、なんですかこれ。

これはもう、口が腐っても反体制、反権威的な事が言えますか?これ。

なにが、「アート業界の重鎮をみんな敵に回す発言になりますけど、大丈夫ですか?w」

これこそ虎の威を借る狐ですよ。

狐にしては太ってますけど。

これですよ。

便所の落書きを飾る為に税金を徴収する愛知県・名古屋市

そして、こうした人間を、こうした問題が起きてもなおかつ庇い続けているのがこの右の男ですよ。

この知事ですよ。

河村さんはね、

画像出典:iza.ne.jp

これは名古屋市ももちろん噛んでいるわけですから、もちろん責任があるかもしれないけれども、これはもうすぐ情報を掴んで、会場に行って、これは誰が考えてもおかしいという事を言ったと。

ところが大村さんというのはこれ、名古屋市以上にこれにもっとお金を出している、直接噛んでいる所ですよ。

それがこの状態になっても、依然として中止決定という事をしたのは、あくまで脅迫をされたからだというような事を言っている。

これはね、なんなんですか、この男はと言わざるを得ません。

でね、繰り替えしになりますけど、やっぱりこれから本当に日本国は大変なんですよ。

大変だから、消費税も上げているわけじゃないですか。

そうした時にね、こんな便所の落書き以下の所に公金を出す。

公金、税金というのを一円も使って欲しくないですよ。

税金を使うという事は、権威付けるというという事なんですよ。

だから、この津田なんて人は、権威を最大限を利用してこういう事をやっているわけじゃないですか。

反日イベントに共感し仕掛けた人物

もうね、これは私はもう津田さんなる人を任命した、この津田さん自身がすり寄ろうとしている有識者会議ね。

そして、これはその大村知事というのは、こういう事が分かっていても尚且つこういう事をやってますから問題になってますけれども、一義的には愛知県庁の中の下っ端の役人で、こうした事に共鳴をして仕掛けたのがいるはずなんですよ。

そこら辺も、やはり公的な責任を追及するという意味であればね、今後、愛知県議会その他で徹底的にこれは問題にして貰いたいし、私も極力ですね、なぜこういう不始末を犯したのかという事は、徹底検証したいと思います。

私も中山恭子さんなんかがね、この愛知のトリエンナーレというものを評価をしてたという事を知っているだけに、そのせっかく今まで先人が作って来たこのあいちトリエンナーレの信用をめちゃくちゃにしてしまった津田大介大先生の、

画像出典:livedoor.blogimg.jp

責任というのは今後とも徹底的に追及して行きたいと思います。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す