表現の不自由展は芸術ではないと津田大介自身が認めた証拠!天皇を焼く写真や慰安婦像は芸術なのか?裏にまた朝日新聞!渡邉哲也

表現の不自由展が芸術ではないと認めた津田大介

渡邉哲也渡邉哲也

今日はですね、今問題になっているあいちトリエンナーレの表現の不自由展について、綺麗にですね、分析をしてみたいと思います。

この問題ですが、複数の問題が絡んでおりまして、見る角度、切り取る角度によって、全く違う問題に見えてくるというのが、大きな問題でもあるわけです。

今回ですね、この問題についていくつかのポイントに整理をしてみました。

まず、このあいちトリエンナーレにおける表現の不自由展が、本当に芸術であるのかどうかという所に1個目の問題があります。

これに対して、あいちトリエンナーレの芸術家督を務める津田大介さんがですね、トリエンナーレ開催前に行ったニコ生において、これは芸術点ではないと認める表現をしてしまっているんです。

渡邉哲也渡邉哲也

公立美術館で撤去されたものを『表現の不自由展』という展覧会を持ってくる「体」にして、全部展示してやろうという企画です。

体にして、という事は、展示会のように、展覧会のように見せかけてと自ら言ってしまっているわけで、これは嘘であると言えるわけです。

本日自身が、展覧会ではない、つまり、これは一種の政治活動であると認めた事になります。

政治活動を税金を使い支援した愛知県大村知事

渡邉哲也渡邉哲也

基本的に、政治活動に公金を使う事は出来ません。

特定の政治活動に対して、公のお金が入っている。

この時点で、まず大きな問題がある。

そして、それを県が支援しているという所にも、問題があるわけです。

画像出典:news.mixi.jp

渡邉哲也渡邉哲也

ここにおいては、知事の責任も問われるのだと思います。

昭和天皇に人権が無い事を知った津田大介の計画的犯行

渡邉哲也渡邉哲也

そしてもう一つの問題。

会場において陛下の写真。

昭和天皇、陛下の写真が燃やされて、それを肺にしたものを踏みつけている映像が流されていた事にあります。

画像出典:Twitter

渡邉哲也渡邉哲也

日本政府の方針としては、法律上は死者に人権はないとされています。

これを生きている人に対してやれば犯罪になるかもしれませんが、亡くなられた方には人権がありませんので、これは犯罪にはならない。

戦前であれば、不敬罪というものがありましたが、現在そういうような規制する法律がない。

それを分かってやっているという所に、大きな問題があるんだと思います。

渡邉哲也渡邉哲也

それに関してもニコ生において、そのようは発言が収録されておりますので、意図的に天皇陛下を侮辱する意図をもってやったという事は明らかなわけです。

津田大介津田大介

でも2代前になると、なんか人々の記憶もなんか、あんま2代前だし、なんか歴史上の人物かな、みたいな。

っていうようなね、そういう捉え方もね、出来るかもしれないとかね。

渡邉哲也渡邉哲也

これもある種の政治運動であると言えます。

米軍に轢かれた少女を慰安婦と捏造する作者

渡邉哲也渡邉哲也

そして、少女像を飾ったという所にも大きな問題があります。

画像出典:asia.nikkei.com

渡邉哲也渡邉哲也

そもそも、この少女像ですが、現在は、従軍慰安婦。

慰安婦の象徴のように報じられていますが、元々この少女像は、アメリカ軍にひき殺された2人の少女を悼む像であったと言われています。

ですから、少女の隣に椅子が一つあるという事なんですね。

画像出典:www.hani.co.kr

渡邉哲也渡邉哲也

これがなぜか、韓国国内のミスリードや、様々な報道の中で、歴史の変遷を経て、いつの間にか慰安婦の像に変えられてしまっているわけです。

これも正しく知らない人が多いのだと思います。

若くして悲しい事に交通事故で亡くなった中学生が、いつの間にか職業売春婦にすり替えられており、それを日本に対する謝罪や賠償を求める道具として使っているという事実を、知っていたのかどうか。

ここも大きな問題になるんだと思います。

人間の尊厳を損なう展示を税金で平気で行う愛知県大村知事

渡邉哲也渡邉哲也

そして、最大の問題はこれを県が行っているという所にあるんでしょう。

報道の自由、表現の自由、様々な自由はありますが、そこには人間の尊厳、他人への迷惑、というものを鑑みる責任もあるんだと思います。

そして、それを公や公共団体が行っていいのか。

他の人達の気分を損なうもの。

人間の尊厳を損なうものを展示会という名の下において、都道府県などが支援していいのかという事も大きな問題なんでしょう。

あいちトリエンナーレ助成団体に対する疑問

渡邉哲也渡邉哲也

今回の問題に対して、いくつかのスポンサーに対して質問状を送られた方々がいらっしゃいます。

その質問状の回答からすれば、そのスポンサー側は、この事実を知らなかった。

天皇陛下を燃やす写真が飾られるとか、少女像があるとかいう事実を知らなかったという事も、分かって来ています。

天皇を焼き慰安婦像を飾る事を知っていて実行させた県担当者と大村知事

渡邉哲也渡邉哲也

しかし、県の担当者は、これを知っていたという事実も見えてくるわけです。

当初県側は、このような展示物があるという事を知らなかったとしていますが、展示品のリストの中に陛下を燃やす像、少女像等の文言が並んでおり、県の責任者が知らなかったはずがありません。

一部情報によれが、これは県側は県知事に伝えたとしており、県知事がそれを実行させたという話も出て来ています。

渡邉哲也渡邉哲也

となれば、県知事の責任も非常に重大であると言わざるを得ません。

渡邉哲也渡邉哲也

この問題と、表現の自由、言論の自由を重ね合わせ、「弾圧ではないか」「検閲ではないか」という人達がいますが、これはあくまでも公の資金を使って行う公的な芸術祭であるわけで、これは政治活動の場ではありません。

渡邉哲也渡邉哲也

芸術祭で、公的な資金を使う以上、公的な資金を使う使用目的に合致しているのかどうかの検証が必要になってくるのだと思います。

反日イベントを税金でどうしてもやりたい朝日新聞・中日新聞・東海テレビ

渡邉哲也渡邉哲也

今回のイベントでございますけれども、朝日新聞の事業団や、中日新聞の系列会社、東海テレビの文化事業団が関係して、協力しております。

また、朝日新聞などは、この問題に対して、擁護する姿勢を見せています。

渡邉哲也渡邉哲也

どうしてもやりたいのであれば、朝日新聞の本社の前に、慰安婦像を並べ、中央の玄関ホールの所に、特攻隊の人達の寄せ書きの上に日章旗を掲げ、そして下に星条旗を敷くような下品なモニュメントを置き、

そして陛下の写真を燃やし、踏みつける映像をプロジェクターで飾られたらいかがなんでしょうか。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す