武田邦彦「嘘を平気でやるのは朝日新聞なんですよ」津田大介による表現の自由 存亡の危機!

津田大介・愛知県大村知事 なんの覚悟もない反日イベント

あいちトリエンナーレについて4回目ですね。

なんでこんなに何回も何回もやるのかと言ったら、この事件はもの凄く重要なんですよ。

前回言いましたようにね、一回展示を中止させられたとか、展示が出来なかったような作品を集めてやるんだから、それなりに愛知県も津田さんも覚悟をもってやってんのかと思ったら、

なんだか、火を放つとか言われて、ビビって中止するようじゃですね、元々、企画が出来ないですよ。

表現の自由は非常に大切

ここで私が言いたいのは、表現の自由というのは非常に大切で。

私たちの社会を守るのにもの凄く重要なんですね。

ですから、私、今度はですね、津田さんとは全然意見も違いますし、大した人物ではないと思っていてもですね、その企画は支持していたんですよ。

僕は、いいと。

ある所で展示が出来なかったものを、愛知県が展示するというのは立派だと。

こう思っていたわけですけど、引き際が悪いですよ。

全然根性も何にもない。

表現の自由を守るのは大変

それからもう一つ非常に重要なのは、表現の自由というのは極めて大切なのですが、それを守るのも大変なんですよ。

なんでも言っていいとか、なんでも書いていいとかいうんじゃないんですよ。

例えば前に言ったように、誰か個人的な女優なら女優の裸を書いて、それを著しく侮辱すると。

という風なですね、絵とか写真なんかは、絶対に求められないんですよ。

それはもう、津田さんお得意の人権違反になっちゃうんですよ。

私が注意しているのは、私は文章ですけれども、まず第一に個人は基本的には絶対に批判しないと。

今度の津田さんなんかは特殊な例です。

これはもう、個人を隠したってその役職である事は明白なんでちょっと出しているんですけどね。

それから、もう一つは、事実でない事は、やらないという事ですね。

もし芸術的な作品であれば、もちろん社会的な事だったら絶対に事実に反する事はダメですね。

嘘を平気でやるのは朝日新聞

ですから、慰安婦像が芸術性がないと私は思うのですが、芸術性がなければ、あいいう嘘はダメですね。

嘘を平気でやるのは朝日新聞なんですよ。

朝日新聞は嘘を平気でやりますけどね。

だけど、我々はやりません。

だから、朝日新聞を早く会社を止めさせなければいけないのは、やっぱり嘘を書く表現の仕事をする人というのは、もう辞めさせなければいけないんですよ。

僕らがダメになっちゃう、出来なくなっちゃいますからね。

フォローして最新情報をチェックしよう!