中国共産党が香港デモを止められない凄い理由!雨傘革命の反省とオレンジ革命的手法!渡邉哲也

香港民主化デモの実態は反共デモ

渡邉哲也渡邉哲也

本日は、香港の反共デモについてお話したいと思います。

いわゆる香港の民主化デモという事ですが、実態は反共産党へのデモ。

反共デモとも言ってよいのでしょう。

この反共デモですが、香港の人達にとっては、自分達の将来、未来、自由を守る為の戦いでもあると言えるわけです。

逃亡犯条例に香港人が大反対する理由

渡邉哲也渡邉哲也

元々、このデモですが、もう現在2ヶ月以上続いているこのデモですが、香港の逃亡犯条例(犯罪人引き渡し条例)に反対するデモでした。

この逃亡犯条例というのは、香港の人が台湾に渡り、台湾で殺人事件を起こしました。

そして、国に帰ってしまったわけですね。

香港と台湾の間では、犯人の引き渡し条約がありません。

このため、台湾当局が香港に犯人の引き渡しを依頼したところで、条約が無いために引き渡すことが出来ない。

ここから始まるわけです。

渡邉哲也渡邉哲也

しかし中国政府としては、台湾は中国の一部である、としているわけですね。

ですから、台湾に対して犯人を引き渡す。

まぁ、お互い相互条約ですから、をするためには、中国政府としては、中国政府と香港との間の犯人を引き渡しが出来る条約が必要である、という形を取ったわけです。

これに、香港の人達は大反発をしたというのがこの問題に始まりになります。

TVが報じない中国のウイグル弾圧の現実

渡邉哲也渡邉哲也

中国政府が例えば香港の民主化活動家、反共活動家などを政治犯として訴え、彼らを逮捕しようとした場合に、引き渡し条例が出来てしまうと香港政府は、中国政府に引き渡さざるを得なくなる。

つまり、香港の人達の自由が圧迫され、最悪の場合、ウイグルと同様の事が起きる可能性がある。

中国が一切守らないイギリスとの約束

渡邉哲也渡邉哲也

だから、これだけは潰さなくてはいけないと、香港の人達が立ち上がったという事になるわけです。

元々この香港返還なんですが、1997年(7月1日)に香港が返還される際に、イギリス政府と香港、中国との間で50年間、1国2制度。

50年間、現在のというか、返還した時の香港の権利を全て守るという約束の下で返還が行われました。

しかし現在、中国政府は香港に対して政治的介入をどんどん強めており、香港の自由が奪われつつあるというのが現状です。

香港が雨傘革命の失敗から学んだ事

渡邉哲也渡邉哲也

これに対して反発した1回目の運動が雨傘革命(2014年)というもので、学生達が香港の自由化を維持しようと革命運動を起こした。

画像出典:日経ビジネス

渡邉哲也渡邉哲也

しかし残念ながらこれは失敗に終わりました。

まぁ、これには様々な背景があるわけですが、当時本来の香港の元の所有者であるイギリスは、キャメロン・オズボーン政権という形で、親中派の政権でもありました。

渡邉哲也渡邉哲也

2014年、イギリス議会は香港の自由化、一国二制度が守られているか議員団を送って調査をしようと致しました。

この時、中国政府はその議員団の入国を拒否し、結果的に一国二制度が守られているか、進捗状況を計る委員会の委員が行けない状況になりました。

その後、様々な問題はあるものの、この問題はうやむやにされ続けて来たというのが、現在までの流れだったわけです。

香港への介入に舵を切るイギリス

渡邉哲也渡邉哲也

しかし、この逃亡犯条例に端を発した大きなデモの動きの中で、イギリス政府は、香港の独立、一国二制度の維持について条約に基づいて、積極的な介入をして行くと、香港の一国二制度の維持に対して協力する明確な方針を出しました。

渡邉哲也渡邉哲也

また、アメリカもこの香港の自由を守る運動に関しては、支援する意思を示しており、これが中国政府との間の大きな確執にもなっているわけです。

渡邉哲也渡邉哲也

そして、中国政府としてはこのようなデモの運動をアメリカやイギリスが支援しているのではないか、と疑っており、これについて強い不満の意思を示しています。

雨傘革命と今回の香港デモの違い

渡邉哲也渡邉哲也

今回のデモですが、前回の雨傘革命との大きな違いは、一か所でデモを行わない事。

また、国際社会の目がある所で必ずデモをする事。

この2つを適切に守っていいます。

渡邉哲也渡邉哲也

また、今回のデモはリーダーのいない同時多発的なデモであり、P2P構造のデモであるという言えるわけです。

前回の雨傘革命ではリーダーがいました。

今回は、リーダーがいません。

リーダーがいないという事はどういう事かと言えば、中国政府が潰そうと思っても、ピラミッド構造ではない。

リーダーがいないため、どこを潰したらいいか分からない。

いわゆる頂上作戦が出来ない構造のデモなわけです。

また、デモ会場も空港や駅など、様々な場所に分かれており、同時にそれを止める事というのは不可能に近い。

また、一か所を攻撃すると、他のデモ地点で火が吹くという構造になっていますから、かなりこの制圧は難しい状況になっているわけです。

このようなデモのやり方、革命のやり方はブレジンスキーのオレンジ革命。

いわゆる東ヨーロッパの国々をロシアから独立させたオレンジ革命に非常に近い構造とも言えるでしょう。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す