共同声明すら出せない期待外れのG7!レームダック化した世界の首相たち!渡邉哲也

世界経済 G7 誤算

前田有一前田有一

8月26日の読売新聞

世界経済 G7 誤算という事なんですね。

これ25日に行われた先進七カ国首脳会議なんですけれども、なにか誤算があったという事なんですが。

渡邉哲也渡邉哲也

世界経済も非常に低調な状況になりつつある。

そんな中でですね、G7にやっぱり皆さん注目していたわけですけれども、G7始まって以来、首脳宣言すら出せなかったと。

共同声明が出せなかった事は過去にあるわけですけれども、首脳宣言すら出せなかったという事で、何一つ、決着できなかったというのが今回のG7の特徴なんですね。

で、次のニュースをお願い致します。

前田有一前田有一

こちらがですね、8月26日の産経新聞に分かりやすくまとめられた表なんですけどね。

レームダック化した世界の首相たち

渡邉哲也渡邉哲也

今回の参加者という事になるんですけれども、ドイツのメルケル首相

画像出典:newsstandhub.com

渡邉哲也渡邉哲也

この人が一番長い方ですが、21年の任期限りで政界引退という事で、完全にレームダック化している。

ドイツ経済に関しては、マイナス成長に入ってしまい、ドイツ銀行、コメルツ銀行というドイツのナンバー1、ナンバー2という銀行が、今かなり厳しい状況になっていると。

渡邉哲也渡邉哲也

日本に関しては安倍総理。

画像出典:toyokeizai.net

渡邉哲也渡邉哲也

8回目の参加という事で2番目に長い総理という事になるわけですが、韓国との摩擦が深刻化。

これ、G7には全く関係ないわけですけれども、まぁアメリカとの貿易協議という事で、いわゆるまとめ役的な役割を期待されている。

渡邉哲也渡邉哲也

そして、カナダのトルドー首相という事ですけれども、

画像出典:nme-jp.com

渡邉哲也渡邉哲也

10月の総選挙前に司法介入疑惑が浮上しまして、こちらもレームダック化と。

見た目だけで当選したとも言われる首相なんですね。

カナダの鳩山さんとも言われておりまして。

 

画像出典:matome.naver.jp

渡邉哲也渡邉哲也

凄くね、綺麗な顔立ちの方なんですけれども、言っている事はなんかお花畑系と言われております。

渡邉哲也渡邉哲也

そして次ですね。

フランスのマクロン大統領と。

画像出典:toruhijino.hatenablog.jp

渡邉哲也渡邉哲也

マクロンに関しても、アメリカとの対立。

アメリカに対してですね、敵対するような発言を繰り返しておりまして。

また、フランス国内もですね、イエローベスト運動などで四苦八苦中という事ですね。

渡邉哲也渡邉哲也

そして、イタリア。

イタリアのコンテ首相なんですが、20日に辞任表明をした所で。

画像出典:reuters.com

渡邉哲也渡邉哲也

もう辞めるのが決まっている方なんですね。

で、この状況で何が出来るかと。

結局、何にも決定出来ない人が来ていると。

渡邉哲也渡邉哲也

で、イギリスのボリスジョンソンと。

画像出典:newsweekjapan.jp

渡邉哲也渡邉哲也

10月末の合意なき離脱に向けて動き出してはおりますが、まぁこのジョンソンさんはですね、もの凄い強力なキャラクターでミニトランプと言われていると。

で、このメンバーが集まってですよ、みんな見ている方向が全く違うわけですよ。

で、いわゆるドイツ、フランス、イタリアはもう半分レームダック化している。

カナダも結局何の決定権もない。

という事は残っているのはですね、日米英の3カ国という構造になっているんですね。

で、日米英の間での話し合いは出来たが、大陸側は、もう意見の統一すら出来ない状況と。

トランプ マクロンに激怒の理由

渡邉哲也渡邉哲也

で、フランスに至ってはですね、今回のG7にオブザーバーという形でイランを招待したという事が報じられておりまして、これに対してトランプが激怒しているという事ですね。

で、結局何をしたいか、どうするかというのがこのG7なんですけれども、これに対してその明確なですね、ビジョンすらないというのが、今の大きな問題になるんだと思います。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す