NHKが報じないアマゾン火災の真相を暴露!環境犯罪の現実と環境団体が狙う金!武田邦彦

環境犯罪の現実

ここで言う環境犯罪というのは、もちろん指摘しなければいけない。

つまり、私がこの環境犯罪というのを書こうと思ったのは、この前九州に行きまして、台風10号の気象庁の発表というのは凄い変だったんですね。

それこそ、私がゴゴスマで指摘をしたわけなんですが。

しかし、去年、一昨年の水害の様子を聞きますとね、これはもう完全に、非常に厳しい言葉で言えば人殺しの類だと。

つまり、わざとというか、専門家にとっては、よく分かっている事を、お金とかなんかで洪水が起こるようにして、それが起こってみんなが死ぬ。

だからまたお金を貰うという。

そういう仕組みであるという事がよーく分かって。

もう義憤に駆られてですね。

実は環境犯罪というような題を付けたんですが。

まぁ、人間というのは本当に愚かなものというか。

目先の本当に小さなお金とか、人との争い、憎しみというようなもので、随分貴重なものを手放してしまうんだなぁという風な感じがしました。

今日はですね、アマゾンの火災。

最近、アマゾンが火災を起こしていましてね。

それでこれについて、先日は、本当の話というクローバーTVの放送で触れました。

例えばNHKとか、TBSなんかと、クローバーTVというとそれはもう全然価値が違うように思いますけど、私にはクローバーTVの方が、地方のネット局ですけど、NHKとかそういう所よりか価値が高いような気がするんですよね。

少なくとも嘘はない。

真実を追求しようと、伝えようとしている。

出来るだけ、みんなで仲良くやるような方向を模索しているという事なんですね。

アマゾン火災を批判する白人の欺瞞

実は、アマゾンの火災というのを、主に西側というか、白人側が非難しているんですね。

一番典型的には、フランスのマクロン大統領が、

出典:wsj

この前のG7でですね、フランスは、(ブラジルの)大統領をもう変えた方がいいというような事言ったわけですね。

これをですね、日本のNHKとかそういう所が、まぁNHKが報じたかどうから知らないけれども、新聞とかが報じるので。

割合と世間の多くの人はですね、ブラジルが悪いと思っている人が多いんですよ。

特に、環境団体というのはですね、主に白人が主力か、白人が主導しておりまして。

白人がブラジルに森林保護を命じる理由

環境団体が掲げるテーマというが、殆どが「お金」なんですよ、実は。

もちろんクジラの捕獲禁止のシーシェパードもお金で動いている事はよく知られておりますが。

プラスチックのゴミの問題もお金。

今度のアマゾンは、もっと酷いお金なんですね。

実は、森林保護というのがですね、環境団体によって取り上げられて、かなり広く宣伝された原因の一つはですね、実は、アメリカ、ヨーロッパの薬品会社がですね、だんだん行き詰って来まして。

それで、新たな酵母とか、抗生物質とか、そういった自然界にある微生物ですね。

それの資源を、アマゾンとかインドネシアとかそういう所の未開の原始林なんかに求めるようになったんですね。

それしか、彼らは生き残る事が出来ないんですよ。

そこで、環境団体にお金を渡してですね、森林保護というのを猛烈にやり始めました。

国民に真実は伝えないNHKや朝日新聞

もちろん日本のマスコミですね。

私がいつも攻撃しているNHKとか朝日新聞はですね、その裏は知っていながら森林を保護しろ、森林を保護しろというお題目を掲げてですね。

世界の森林がこのくらい減っているとか。

というような事をどんどん言ってですね。

紙のリサイクルなんかもその事始まって、結局九州の水害の結びつくわけですが。

まぁ、そういう風になったわけですね。

本当はですね、アメリカとかヨーロッパの薬品会社なんですから。

アメリカとかヨーロッパの自然を大切にして、その自然から、微生物を取ると。

微生物というのは、なかなか人工的に新しいものを発見するのは難しいんですよ。

で、日本でもいっぱいありますね。

パンの酵母から、ビールの酵母。

それから、抗生物質。

あらゆる生物的なものが、自然界から得られる事が多いんですよね。

自然は非常に豊かで大きいですからね。

白人が持つ根本的な差別思想

そこで、ヨーロッパやアメリカの人達は、自分の所に森林を作ったりするは嫌なんですよ。

自分はニューヨークに住みたい。

日本だったら東京に住みたい。

だけども、貧乏人は、田舎に住んでくれ。

森林を大切にしてくれって、こういう理屈なんですね。

これはもう、白人は常にそういう理屈なんですよ。

俺たちは肌が白いから偉い。

金もある。

だからいい所に住むんだ。

しかし、お前ら有色人種は、劣等民族なんだから、だから森林を大切にしろと。

開発してはいけないと。

しかし、例えばアメリカでもですね、アメリカにイギリスから逃れて来たピルグリム、清教徒たちがですね、たどり着いたアメリカというのは、広大な森林地帯だったんですよ。

だから、最初のアメリカの産業は、木材輸出産業だったんですね。

それが現在みたいに、都市とハゲ山、それから一面に広がるトウモロコシ畑と。

こういう人工物ばっかになっちゃったんで。

まぁ、森林ももちろん残っていますけれども、まぁ新しい酵母なんかをどんどん取れるような森林ではないんですね。

で、結局その開発途上国に開発するなと。

こういう例は凄く多いんですよ、実は。

DDT排斥による膨大な被害者

DDTがそうですね。

20世紀最大の発明と言われた殺虫剤ですね。

これは、節足動物の、頸部の神経構造を弱めるという特殊なもので。

それまでの単純な毒物とは違うわけですね。

これが使われ出しますと、錯覚に錯覚を重ねて。

その時に錯覚したのが、有名なレイチェル・カーソン

出典:groene

という女性の環境運動家。

彼女は、金で動いたわけではないですけど、錯覚で動いた人ですね。

で、排斥運動が起こりました。

その排斥運動はもちろん白人を中心にやりましたが、DDTの排斥運動のタイミングというのはですね、どういうタイミングかというと、アメリカ、ヨーロッパの昆虫に関係する疫病ですね。

マラリアなんかが典型的なんですが。

それが無くなった後、5年か10年経って、始まるんですよ。

そして、DDTをこの地球から追い出すんですね。

そうすると、まだマラリアで苦しんでいる南の方の国というか、有色人種は、それでバタバタと死んでいくんですね。

私の感じだったら、DDTを禁止したために、命を救われた人が、多く見ても10人。

それに対して、DDTが禁止された為に、昆虫による病気で死んだ人は、岡山大学なんかは色々データを出しているんですけど、まぁ3000万人という感じなんですね。

8000万人という数字もありますけど。

ですから、自分達が安全になったら、他人は死んでもいい。

というのは、白人の元々の考え方なんですね。

米国人によって消された米国の森林

DDTの時もそうでしたし、今度の森林もそうなんですね。

自分達の国には森林が無くなっちゃった。

だから、有色人種は都市を作ったり、道路を作ったりしちゃいけないと。

畑を作ったり。

アマゾンで、焼き畑農業で森を燃やすとは何事かと。

お前ら知ってんのかと、また今度、温暖化になるなんていうまた間違った。

これは、科学的に間違っていますが。

それになったりしますね。

だから、紙のリサイクルもそういう事で随分、犠牲者を出していますね。

まぁ、専門家たるもの、こんな事があってはいけないのですが。

まぁ、石という私が書いた短編を読むとですね、このくらいの事はあるかなと思ったりはしております。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す