馬渕睦夫 あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」日本に生き続けるGHQによる社会主義化政策!

あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」

水島総水島総

今日も、馬渕大使に色々と現在の国際情勢をお聞きしたいと思います。

その前にですね、ちょっとこの馬渕大使からご紹介頂いた「日本人に謝りたい」という。

※原本も原著者も存在しない和製偽書であると、文芸春秋(1980.04)で、小田島雄志氏、紀田順一郎氏、渡部昇一氏などから批判を受けたいわく付きの書籍。

水島総水島総

これ本当に読む価値がある大変興味深いいい本なんで、是非皆さんお読み頂きたいと改めてお知らせをいたします。

水島総水島総

これ、まさにそのタイトルが言い得て妙と言いますかね。

要するに、GHQの主流が何だったのかという事を明らかにしているんですね。

それ以外にも色々とあるのですが、一つはそのGHQのいわゆる我々がアメリカ式デモクラシーをね、GHQは教えたんだと言っていますけれど、彼はその当事者の一人でもありますからね。

そうじゃないんだと。

つまり、アメリカのニューディーラーと言いますかね、要するに社会主義者。

要するに、左派、ユダヤ系なんですね。

ユダヤ系の左派の人が、GHQの中のかなりの部分を占めてて。

ケーディス大佐なんて有名ですけどね。

出典:yahooニュース

水島総水島総

そうですよね。

馬渕睦夫馬渕睦夫

彼らが結局日本を、そういう意味では社会主義化というか。

もっと言えば、ユダヤ化しようとしたという本なんですね。

それは、彼自身が気づいて、戦前の日本は立派だったと。

それにね、これは本当かどうかは分からないのですが、当時のニューディーラー達が、それに気づかずに日本のいい伝統を崩してしまったと。

それに対して、日本人に謝りたいという事なんですね。

水島総水島総

そうですね。

今も日本で生き続けるGHQの社会主義化政策

馬渕睦夫馬渕睦夫

問題は、その時のGHQの社会主義化政策というか、ユダヤ化政策がね、今になっても生きていると。

ここがポイントなんですね。

水島総水島総

そうですね。

馬渕睦夫馬渕睦夫

占領軍は、52年ですか、に撤退したわけですけども。

だから、ニューディーラーが実際にいなくなっても、日本にね、ニューディーラーの思想を受け継いだ、エピゴーネンって言っていますけど、後継者を置くという事が一つのポイントで。

その最前線にいるのが、日本共産党なんですね。

水島総水島総

そうですね。

馬渕睦夫馬渕睦夫

そういう事をえぐっているわけですね。

だから、この本が1979年。

まだ、東西冷戦の最中に、つまり日本の左翼が、共産党も含めてね。

ソ連共産主義とかを礼賛していた時代に出たわけです。

水島総水島総

そうですね。

馬渕睦夫馬渕睦夫

これは大きな事なんですね。

だから、よく私は当時、1979年の時にこの本が出たなと感心しているんです。

水島総水島総

そうですね。

そういう意味では、この日本共産党のとにかく典型的な例ですけど、マスメディアやね、色んな教育界や政官財にみんな行き渡ってね。

馬渕睦夫馬渕睦夫

そうです、そうです。

水島総水島総

だから、GHQだけがやったんじゃなくて。

その後、それを広める連中も。

馬渕睦夫馬渕睦夫

そうです。

日本人の中に、ちゃんと彼らを植え付けておいたと。

それは日本人だけではないんですね。

はっきり言えば、外国人というか、在日の人達も含めてね、そういう人達が、結局受け継いだと。

GHQの政策をね。

ニューディーラーの政策を受け継いで、今日に来ていると。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す