小泉進次郎 NYでステーキを堪能「気候変動問題はセクシーに」国連演説はアホ丸出しと話題!出身大学と英語力!

出典:ロイター

小泉進次郎環境大臣 ニューヨークで高級ステーキにご満悦

9月11日に発足した第4次安倍再改造内閣で、初入閣し、環境大臣に就任した小泉進次郎さん(38歳)。

8月8日には、滝川クリステルさん(41歳)と、出来ちゃった結婚をした事でも話題になりましたね。

実績らしきものを聞いた事がないのに、なぜか次期総理に推す声が多い小泉進次郎さん。

小泉進次郎環境大臣の最初の仕事は「育休を取る事」ではないかなどとの噂もあったようですが、

そんな小泉進次郎環境大臣は21日、国連総会に参加するとの事で、成田空港からニューヨークに旅立ちました。

ニューヨークに到着した小泉進次郎環境大臣は、 関東学院大学から、ニューヨークにあるコロンビア大学の大学院に進学し、学んだ経験があるようで、

「毎日でもステーキが食べたい」

との事で、ニューヨーク到着の初日の夜から早速、高級ステーキ店でステーキを堪能されたとの事をわざわざ報じています。


牛というのはたしか、地球上に15億頭ほどもいる肉牛や乳牛の「おなら」や「げっぷ」が、地球温暖化を加速させているという事で、問題になっていましたよね。

CO2と共に、温暖化の原因とされているメタンの排出量が非常に多いのが、畜産業であると言われていたりします。

メタンには、CO2の25倍以上の温室効果があるなどとも言われていますね。

安倍政権は、米国産の輸入牛肉に対する関税を38.5%から段階的に9%にまで下げる予定のようですので、日本の畜産業は潰して、米国産の輸入牛肉を食べようというメッセージという事なのでしょうか。

小泉進次郎環境大臣 閣僚として外交デビュー

高級ステーキを堪能した小泉進次郎環境大臣。

翌22日、気候変動に関する複数の会合に出席し、閣僚として外交デビューを果たしたとの事。

京都議定書を勝手に抜け、温室効果ガスを垂れ流すアメリカにやって来た小泉進次郎環境大臣。

温室効果ガスの問題を言うのであれば、京都議定書を抜けたアメリカや、後進国だと主張して、京都議定書に参加すらしない中国が垂れ流す事が問題だと主張するのが筋でしょう。

元々、排出量が少ない所が減らした所で、全体としては、得られる効果は少ないですからね。

本当に減らす必要があるのであれば、排出量が大きい所を減らすことが、重要なわけです。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す