【カープ引退 2019】エルドレッド・永川勝浩・赤松真人の引退セレモニー!引退スピーチで男泣き!

2019年 引退を表明したカープ3人の選手

広島東洋カープで長年活躍してきた、ブラッド・エルドレッド選手(39歳)、永川勝浩選手(38歳)、赤松真人選手(37歳)が、今季限りでの引退を発表しました。

ブラッド・エルドレッド選手 引退表明

2018年までカープに所属していたブラッド・エルドレッド選手は、1980年7月12日生まれの39歳。

2012年6月に広島東洋カープにシーズン途中に加入し、65試合に出場し、ホームラン11本を打つ活躍をし、

2014年には、37本のホームランを打ち、本塁打王のタイトルを獲得しています。

チームからもファンからもとても愛された選手で、骨折した鈴木誠也選手をおんぶする姿には、エルドレッド選手の優しさが溢れていますね。

出典:朝日新聞デジタル

引退セレモニーでは、鈴木誠也選手の目にも、涙が溢れていましたね。

エルドレッド選手は、引退後も、カープの駐米スカウトとして活躍する事になっています。

永川勝浩選手 引退を表明

永川勝浩選手は1980年12月14日生まれの38歳。

広島東洋カープの地元広島県三次市の出身。

2003年に新人として開幕一軍入りし、新人としては球団最高の25セーブをマーク。

17年間、カープ一筋、150kmを超える速球と、落差の大きいフォークを武器に、抑えの切り札として、活躍しました。

引退スピーチでの男泣きには、グッとくるものがありますね。

赤松真人選手 引退表明

赤松真人選手は、1982年9月6日生まれの37歳。

京都府京都市伏見区生まれで、阪神タイガースから、2008年1月6日、フリーエージェント移籍で阪神に入団した新井貴浩選手の人的保障として、広島東洋カープに移籍。

守備のスペシャリストとして活躍し、横浜ベイスターズの村田修一選手が左中間に売ったホームラン性の当たりを、フェンスによじ登ってキャッチしたプレーは、現在でも伝説として語り継がれています。

2016年12月には、人間ドッグ受診の際に、初期段階の胃がんをある事が判明し、2017年1月には、胃の半分を切除する手術をする事になります。

術後にがん細胞の一部がリンパ節にも移転している事が判明し、抗がん剤治療など、療養やリハビリに専念した結果、7月の血液検査でがんの再発が見られないとの事で、1軍への復帰を目指す戦いを続けていました。

赤松選手の引退セレモニーは、9月27日の対中日戦の終了後に行う予定になっています。

感動もありがとう。

選手生活、お疲れさまでした。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す