【福島原発 汚染水処理】武田邦彦 足立康史 レッテル貼りの撤回をお願いします。薄めて流せるなら青酸カリもヒ素も放射性物質も海に垂れ流せる!

「武田教授はよく間違いを言う」というレッテル貼り

今日は、足立先生のネット上で、公開でお話されていますし。

それからまぁ、足立先生じゃないんですが、その対談の相手かなんかの方がですね、「武田教授というのは間違いをよく言うんだ」なんていうですね、そういう人格攻撃といいますか、レッテル貼りがあったので。

それは、ちょっと出来れば修正して欲しいと。

私たちの日本が良くなる為には、色々と意見の違う人がですね、レッテルを貼らずにやるというのが大切で。

レッテル貼りが得意なのは、まぁ、共産党とか朝日新聞なんですけれども。

日本維新の会というのは、そういうレッテル貼りとかそういうのを止めて、きちっとした方がいいんじゃないかと私も思いますので。

それは撤回して貰いたいと思います。

世界各国が海洋汚染をどのように防ぐか

今日は、この問題の第2回目なんですけれども、第1回はロンドン条約というものを、私がどのように使用したのかという事ですね。

【福島原発 汚染水処理問題】武田邦彦 足立康史先生のご指摘にお答えします。ロンドン条約が船の上からだけという嘘の蔓延!

私は、ロンドン条約は、船からの投棄だけに限るとか、そういうもんじゃなくて。

広く世界各国がですね、海洋汚染をどのように防ぐかというベースの上に立って、放射性の物質にも言及しているという事をお話致しました。

第2点はですね、私が言った事は、虎ノ門ニュースを読み返して頂ければよく分かるんですが、日本の産業のプライドというものをお話したわけですね。

毒物を薄めればなんでも海に流してよいのか?

私が産業にいた頃、海水に薄めて、毒物を海に流すなんていう事は考えもしなかったし、議論もしなかったというお話を強調致しました。

薄めてですね、海に流すという行為は、僕の感じだと、1970代の中間くらいまではですね、ある意味では正当なと言いますか、隠れてやる正当な行為というくらいだったんですね。

「いいよ、いいよ、薄めて流しちゃえよ」

というのがあったんです。

実際。

その当時はそうでしたから仕方がないですね。

その当時は東京都の汚穢(おわい)なんかもですね、船で外洋に行って、捨てていた時代ですからね。

黄色いベルトとか言われていましたけれども。

そういう時代ですから、時代の流れの中で、そういう事が行われていたわけですね。

ところが、私の経験では、1980年代くらいになりますとね、日本の一流企業、つまり採算に余裕があるような所はですね、そういう事は絶対にやらなくなりました。

というか、議論もしなくなりましたね。

それは当たり前で。

例えば猛毒、いつも青酸カリを出すんですけれども、青酸カリを出すと、また「それは青酸カリじゃ無いじゃないか」って、ヒ素でもなんでもいいんですけどね。

ベンゼンでもいいんですけど。

規制値があったり、毒物だとして分かっているものがありますね。

それを海の水を汲むのはですね、自由に汲めるんですよ。

それをタンクに貯めてですね、その中に少量のベンゼンでも、ヒ素でも、青酸カリでも入れればですね、だいたいは規制値以下になっちゃうんですよ。

海の水を汲み上げるのは、割合と安いものですからね。

悪徳企業は、そういう事をしていた所もあるんですよ、実は。

これはですね、なんか陸上で薄めるので、規制値以下にするからいいじゃないかってなるけれども、それは駄目だという事なんですね。

船上かr毒物を海に垂れ流す姑息な理論

それじゃあもう一つの方法、船でその毒物を海に行ってですね、海にすこーしずつ流すんですよ。

ポンプをちょっとずつ使って。

そうすると、海の水は海流があったり、動いたりしますからね。

だから、海のどこを測っても、捨てた船の付近を測ってもですね、規制値以下なわけですよ。

それがいいかって事になりますとね、これは明らかに海洋汚染の世界的条約の思想に反するわけですね。

海洋汚染の防止の思想はですね、技術的もしくは、金銭的にも可能であればですね、出来るだけ毒物を海洋に流さないようにしようというのが思想なんですよ。

当たり前ですけどね。

海は共通のもので、みんな海水浴もするし、魚も泳いでいて、それを食べるという事で。

出来ないものは個別に考えるけど、出来るものはとにかく努力して下さいよ、という事なんです。

ですから、例えばヒ素とか、ベンゼンとか青酸カリを流そうというのは止めて、処理をして無害化してどっかにしまうという当たり前の方法に統一されているわけですね。

特に私なんかは、一流会社の一流社員でしたから。

一流、一流というのは、一流じゃなくてもそうするべきなのですが。

中小企業だとお金が足りないというような事もあるんですが。

仮にも大企業を名乗ってですね、経団連のメンバーとか、そういうんだったら、会社の社会的な責任がありますよね。

今度は東電ですよ。

東京電力はね、それはやっぱり日本の産業の模範になってくれなければいけないんですよ。

今はもう、信用が地に落ちていますけれども。

だけど、大きな会社ですし、国との関係も深いし、電力供給ですからね。

ちゃんとして欲しいという気持ちが僕にはあるんです。

足立先生も、それは反対されないと思うんですね。

毒物を薄めて海に垂れ流すのは駄目だという原則

そうすると、1980年から1990年に確立している、薄めて出すのは駄目だという原則くらいは、守った方がいいんじゃないかというのは、私の考えなんです。

これは私の考えであって。

もちろん、維新の会は違う考えでもいいんですよ。

それは、「考え」ですから。

維新の会は薄めて捨ててもいいと。

いう考えでも、それは別に構わないんです。

その事を言っているのではなくて、私は、だから、こういう議論の時にですね。

武田邦彦は頭がおかしいというレッテル貼りの撤回を望む

最近一番問題だと思うのが、「武田は間違いが多い」とか「あいつは頭がおかしい」とか、そういうレッテルを貼らずにですね、「武田は薄めて海洋に投棄するのには問題がある」と。

「ちゃんとその根拠も言っている」と。

「しかし私は考えが違う」って、維新の方が言うんだったら構わないですよ。

松井知事が言われたのは、更に分からないんですよ。

出典:産経ニュース

つまり、「安全なら捨ててもいい」と。

政府は安全と判断したら捨ててもいい、という言い方に僕は引っかかったんですね。

というのは、まず安全というのは非常に難しいという問題が一つと、薄めれば安全になると言えばそうなんですが、しかしそれは、安全だから捨ててはいいというものではないんですよね。

安全というのはやっぱり日本だったら1リットル6万ベクレル以下ですから。

それ以下なるという事は、240年かかるという事なんですね。

ですから、ごく普通に考えて、政治的にひねくりまさすというのは、私は政治ではないと思うんですよ。

政治というのは、そういう姑息な手段を弄する事、まぁこれは足立先生が大政治家ですから。

僕から政治の事を言う事では無いんで。

足立先生の言われる事を私が非難しているんじゃなくて。

日本がかつては持っていた産業へのプライド

私の考えとしては、せっかく1980年から1990年にかけて、日本の産業というのは、毒物とか、放射性物質とか、汚いものをですね、たとえ薄めても海洋に捨てないというプライドでやって来た。

これが、やっぱり「日本の産業のプライドなんだ」

「信用なんだ」と言ったわけですね。

それをあの時にもっと更に言っていますが、日本の産業が発展している時は、そういう意識が強かったけど、最近はですね、景気が悪くなったり、後退したりしているので、とかくうまい方法で、お金を安くすればいいという方向になっちゃっているけれども。

そういう事では、日本の産業が、今後、繁栄する事はないだろう、という私の見解を述べております。

一つですね、足立先生はお忙しいので、なかなか私の話なんて聞いてられないと思いますが。

虎ノ門ニュースは、多くの方が聞かれるしですね。

私はやっぱり、一番、足立先生が言われた事ではありませんが、対談の相手かなんかがですね、「武田教授はいつも変な事を言う」というようなレッテル貼りはですね。

どうしても、レッテルを貼りたかったら、貼って頂いても結構なんですが、私は気に入りません。

それからもう一つは、人には考えの違う意見があるという事ですね。

だから、ロンドン条約についても、見方は何個かあるし。

それからもちろん海に流して捨てる昔の方式に戻したらいいじゃないかというのがあるけれども。

私は、日本は一流国であり、海洋国だから、やっぱり世界に率先してですね、出来るものなら、福島の汚染水を海洋に流さないようにするというのが、大切であるという風に思います。

トリチウムは科学的にも非常に難しい問題

トリチウムの問題は、非常に難しい問題なんで。

科学的に難しい問題なんですね。

ですから、政治的にこれを利用するという事はなくですね。

王道で行って欲しい。

それから、科学者がですね、嘘ばっかつくんですよ。

たぶん、科学者が嘘をついているだと思うんですよ、後ろにね。

「武田先生の言うのは違いますよ」

「放射線なんて彼、知らないんだから」

そういうレッテルを、次々と貼るんですね。

そうじゃなくて、きちっとした議論をして、そして日本の為に、日本の産業、子供たちの為に。

やっぱり我々は、意見の違う事を認めながら議論をして行くと。

これが、虎ノ門ニュースで私が発言した趣旨で。

是非、もう一回その部分を、お時間のある方は、見て頂ければと思います。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す