グレタさんの正体!地球温暖化という国連演説の茶番!地球温暖化詐欺のカラクリを暴露!地球温暖化は政治であって科学ではない!武田邦彦

国連総会の目玉企画

丁度、国連総会が行われていたり、もう終わりになったりする時期なんですが、そこでですね、国連総会で今年の目玉はですね、地球温暖化を子供が騒ぐというやつなんですね。

グレタ・トゥーンベリ

まぁ、よくやりましたよ。

大人を口汚く罵る16歳少女と背後の大人

国連総会の総会場なんていうのはですね、各国首脳が、世界の色々な調整をするために、発言したりする場でしょ。

そこにですね、16歳のスウェーデンの女の子を出して来たわけですよ。

出典:ついラン

その子がまた口汚くね、そこにいる首相の面々を罵倒するんですね。

「あなた達はなんなんだ」と。

「私たちが住む地球の将来という事を考えないのか」

「経済、経済と言うけど、金の方が命よりも大切なのか」

と、こういう風にやるんですね。

で、みんな首相がなんて思ったか知りませんが。

なんで16歳の少女の言う事を聞かなければいけないの?

アメリカのあるジャーナリストがですね、「今年の国連総会は、無意味な美辞麗句だけが連なっている」なんて言っていましたけど、まさにその通りで。

これに対して、日本の新聞はまぁ、もちろん朝日新聞、この前高知に行ったら、高知新聞もそうでしたけどね。

「女の子の言う事を聞け」

って言うんですよ。

なんで16歳の女の子を言う事を聞かなきゃなんないんですかね。

16歳の女の子の意見じゃないんですよ。

当たり前じゃないですか。

16歳の女の子が、地球の温暖化の計算が出来ますかね?

あの子が。

出来ませんよ。

誰かが計算した計算結果で左右される。

計算結果も、おそらく見ていないでしょうね。

だって、結構地球温暖化の式って難しくて。

名古屋大学でやった時に、会場に100人くらいいましたが、正確に計算式を理解したのは、私は物理出身ですから計算出来ましたが、何人かしかいなかったと思うんですよね。

そのくらい、結構難しい計算を経て、地球の温暖化の原因がCO2であるかどうかという事が、まぁ、それでも議論になるわけですからね。

それが、16歳のスウェーデンの女の子が、分かるはずがないんですよ。

国連で演説する権利もない少女が演説出来る裏事情

というのは、もちろん、16歳の女の子は、国連総会で演説する権利もありませんよ。

簡単に言えば。

そんな事を言ったら、一人一人、話があるし。

まずは、20歳以上の大人が権利をもっているんですよね。

国連総会で、誰でも出来るんなら。

しかしまぁ世界には60億人、70億人いるんですから。

その中で、16歳の女の子を国連の壇上に上がらせると。

総会の壇上に上がらせるという事自体が、いかに後ろに大人が隠れているかって分かりますよ。

出典:wsj

じゃあ、その大人はなんで子供を出したのかっていう事なんですよ。

子供を出すには、子供を出す理由があるはずですよ。

貴重な総会の時間なんですから。

トランプ大統領だって、

出典:Yahooニュース

イギリスのボリスジョンソンだっているわけですからね。

出典:indozone

もちろんその他に、新しくインドの首相になった(ナレンドラ・モディ)とかね、

出典:NEWS TIMES

いっぱいいるわけですよ。

温暖化は科学ではなく政治である

そういう需要な人達の演説をさせないで、その時間、ヒステリックに喋る女の子を出したという事は、その後ろに大きな政治的勢力があるからですよ。

私たち学者は、全くそんな事、出来ません。

という事は、この地球温暖化が政治であるという事を、まず如実に示しております。

これはですね。

16歳の女の子が、国連総会で演説するという事自体が、極めて温暖化というものが政治であって、もう科学ではないと。

科学の言葉で、温暖化しないとか、そんな事を言ったって無駄ですよ。

だって、こんなに政治的になったものをですね。

科学で説明したって、空しいだけですよ。

温暖化しませんなんて言ったり、まぁ、なんか国立環境研の発展した所が一生懸命、なんか温暖化の説明をしているけど、無駄ですよね。

だって、国連に16歳の女の子を出せばいいんでしょ。

温暖化詐欺がこれで終わったと思った理由

だけども、私は、もうこれで温暖化は終わったなと思いました。

というのはですね、常に我々は子供を使う時は断末魔なんですよ。

要するに、正常な時は、大人がきちっと説明するんです。

ところが、それが出来なくなった時には、子供を出すんですね。

歴史的にもいつもそうですよ。

例えばヒトラー・ユーゲントのですね、少年隊。

出典:ameblo

スターリンはもっと凄いですね。

出典:thehour

子供に親父を密告させて、その密告した子供を英雄にするというやり方で、少年隊を作りました。

これは、この写真を載せているのがそれですね。

出典:de.rbth

白い服に、赤いネクタイでした。

それからポルポト政権ですね。

出典:borboleteandoporai

これも14歳か、12歳くらいの少年に銃を持たせて、国民の約半分を虐殺しましたね。

出典:livedoor

もちろん、スターリンもすぐに亡び、ヒトラーもすぐに亡び、ポルポトも亡びましたけれども、カンボジアですけどね。

当然、亡びますよ。

だって、断末魔なんですから。

断末魔じゃなかったら、大人がきちっとやるんですからね。

しかも、選挙権も無いような、まぁいいや。

それでですね、今では毛沢東。

出典:cbc

2000万人殺したというか、6000万人殺したとか言っていますけどね。

北朝鮮も、殆どこの赤いネクタイ。

オレンジかな、北朝鮮は。

出典:gasengi

同じようなのを作っています。

NHKの温暖化放送がそうでしたね。

みんなのうたというのをね、3時55分くらいから4時まで、毎日やるんですよ。

「白クマさんが可哀そう」

ってね。

「暑い暑いと言って困ってる」

いやいや、氷と水が共存するんですから。

中学校の理科の時間に習うように、北極に氷がある限りは、温度はそんなに高くないんですね。

だけどもう、子供を動員するしかないんですよ。

温暖化が遂にそうなりました。

子供の間違いを指摘も出来ないバカな大人

それから、リサイクルの時に、私ね、北海道を丁度、動いておりましたらですね、小学校4年生の短歌みたいなのがですね、市役所に高々と掲げられておりまして。

「ゴミもリサイクルすれば資源」

って。

そんな事、分かるはずがないじゃないですか。

これ、エントロピーの難しい計算をしなければいけないんですよ。

私が計算したら、3.5倍の資源がいる。

実際にやってみると、7~8倍の資源が必要ですから。

ゴミをリサイクルすれば、資源になる。

ゴミをリサイクルをすれば資源という小学校4年生が作った句を見てですね、可哀そうにと思いましたよ。

僕が親だったらね、「そんな事が自分で計算出来るまで、言ってはいけないよ」と。

「今どう思ったって、そんな事をみんなに言う事じゃないよ」と。

「ちゃんとその間に、実力を溜めなさいね」とこう言います。

まぁだから、子供を国連総会で使ったという事は、もう温暖化は嘘だと。

という事を示した。

示しましたね、はっきりと。

スウェーデン人の欺瞞

それからもう一つはですね、この人スウェーデンなんですよ、この子は。

スウェーデンというのは一人あたりのね、年間のGDPがですね、5万4000ドルなんですよ。

一流国なんですね。

日本よりか少し多いんですよ。

で、彼らが今言っている、例えばブラジル。

「ブラジルのアマゾンの森林を焼くな」

とか、言ってんですけど。

それは、9000ドルなんですよ。

インドネシア、ですね。

4000ドルです。

「環境を守れ守れ」と世界から圧力を掛けられる国はですね、みな貧乏な国なんですよ。

で、インドなんて2000ドルですよ。

インドネシアの森林を守れってスウェーデンは言っていますけど、自分達の1/15とか1/13くらいの貧乏さなんですよ。

「それをそのままにしとけ」とこう言うわけですね。

「じゃあ、あんたたちスウェーデンの人達はどうすんの?」

「いや、我々はCO2を出しますよ」と。

「温暖化?」

「いやいや、私の生活を落とすことは出来ませんよ」と。

もちろん今は、分かりやすくGDPで言いましたが、CO2の使用の仕方だって、だいたい平していますから、ほぼ。

多少、エネルギー弾性率分だけ補正しなければいけませんが、基本的には殆ど同じです。

スウェーデンというのはですね、水力発電と石炭火力を随分とやっていますからね。

水力発電というのは、森林を凄く破壊しますから。

だから、まぁなんちゅうか、この女の子に、僕がこの女の子が登壇する時に横にいたら、

「あなた、スウェーデンの人なのに、こんないい着物を着て、」

なんかシャツみたいなのを着ていましたけど。

「飛行機で乗って来て、なんか生活ちゃんと2000ドルでやってる?」って聞いてみますよ。

「あなた、もの凄くCO2使っているんじゃないの?」

「そんな演説をする前に、あなた自身が貧乏な生活が出来るの?」

「してないんじゃないの?」

って言いますよね。

偽善なんですよ。

環境の大切さを唱える日本人は全員偽善者である

アメリカの記者が、「偽善的に美辞麗句が並んでいる」なんて書いていましたけど。

まぁ、本当に地球温暖化を唱える人。

環境の大切さを唱える日本人なんていうのは、全部、偽善者ですよ。

自分は環境を汚し、汚してもいいですけどね。

CO2を出して、他人だけ止めろと言うんですよ。

それを、罵倒するんですね。

小池都知事なんかに、一番よく見られるケースですね。

出典:Yahooニュース

まぁ、そういう事です。

日本国民の税金80兆円を使う巨大環境利権

ここに専門家向けの優しい温暖化解説というものを少しやってみようかなと。

この専門家向けのというのは、若干冷やかしが入っているのですが。

実は、環境省とかですね、環境再生保全機構、JCCA防止センターなどですね、日本には温暖化に対する膨大なる官の組織がありまして。

防止センターなんて、各県にあるんじゃないかと。

しかもその県にある防止センターにプラスしてですね、更に県庁とか、市役所にもですね、実は温暖化防止の役人がいましてね。

膨大なる我々の税金を使っているわけですね。

ある学者の計算では、今までに温暖化関係で使ったお金は、日本だけで合計80兆円というんですからね。

国家予算に相当するくらい使っていると。

それでこの前私、読者の方からですね、

武田は環境論文を読んでいるのか?

「先生は色んなそういう所から出ている温暖化の解説は非常に詳しくきちっと書いておられるけれども、読んでおられるのか?」

という話がございましてね。

もちろん目を通していますけれども、我々は、実は専門家なんで、ソースはちょっと参考にする元がちょっと違うんですね。

それはこれでいいんですけれども。

直接IPCCっていう世界の国連の温暖化機関のレポートを読んだりですね。

それから、温暖化関係の色々な学者の論文だとか。

そういうものを読んでですね。

それから、自分が有名な所ではアラスカの関係の論文とかですね。

それから、例えば北極海の氷の状態ですと、直接、北極海の氷の状態の人工衛星からの観測データ。

そういうのを見るのが、私たちであってですね。

解説したこういう国が解説したものとか。

環境再生保全機構が解説したものを読んでいるわけでは無いんですね。

だけども、そういう読者の方の話もありましたんで、一応ちょっとざっと目を通してみたらですね。

国民に肝心な事は隠す環境問題の欺瞞

もちろん、著しい特徴がある事が分かったんですね。

なんで国民の人が、みんな困っているのかという事がよく分かりました。

今頃分かっちゃいけないんですが。

昔はよく温暖化の人と、対決をテレビの人なんかとしていましたんで。

相手の言う事をよく知っていたんですけれども、最近は、少しそういうのは呼ばれないというかですね。

もう温暖化もこのくらい時間が経ちますと、温暖化懐疑派と言われる人達。

僕は、懐疑派でもどっちでも無いんですけど。

推進派とですね、決定的に分けれちゃって、議論もしていないんですね。

その一番大きな所。

国民の皆さんが、これじゃ分からないな、と思ったのはですね、肝心な事は全部書いていないんです。

温暖化を考える上で、国民が考えるう上で、これを考えなければいけないというのじゃなくて、もう温暖化するって決まってんだから、お前らこの説明を聞けっていう感じなんですね。

つまり、国民が判断するものじゃないんだと。

要するに、これは役所で決まってんだから、お前ら従え、と。

というような解説になっているので、肝心な事は書いてありません。

例えば肝心な事はですね、このシリーズでずっとお話をして行きますが。

グレタ・トゥーンベリの国連演説

例えばですね、この間、国連でグレタさんが、CO2で無くなっちゃうじゃないかと。

こういう風に言っていたわけですね。

アメリカのカリフォルニア州の民主党の議員が、もの凄い過激な事を言っておりますね。

そういう事の解説をしてあるというだけなんですね。

脱炭素による人類絶滅計画の正体

例えば、簡単な一例をあげれば、二酸化炭素を減らそうとしているんですけど、減らしたらどうなるかという事はどこにも書いていないんですよ。

減らした方がいいような事が、ただ理屈で言っているだけなんですね。

だから、もちろん二酸化炭素というのは、全生物の食料ですから。

もちろん、稲。

我々がお米というものを食べているわけですけれども。

お米を食べる為には、お米は二酸化炭素を吸って、ようやく、まぁ、森林が二酸化炭素を吸うなんていう話もあるようの、植物は二酸化炭素を吸って、酸素を放出して、炭素を溜め込むと。

自分が生きて行く意味でまた、酸素を吸い込んで、二酸化炭素を燃やすんで。

トントンなんですけれども。

いずれにしても、そういう事をするわけです。

我々、ご飯を食べているわけですが。

パンも食べているわけですが。

あれは、炭素を食べているわけで。

植物が、二酸化炭素から作った炭素を食べている。

この事は、一切書いてありません。

この事が、地球温暖化のポイントですからね。

一番のポイントですね。

それで我々が将来を考える時に、どっちで地球が早く亡びるのかと。

一つは、CO2が増えて、気温が高くなって亡びると。

これは、国連でグレタさんがもの凄く言っていたやつですね。

それは、彼女、騙されますよ。

というのは、彼女の責任ではないですよね。

彼女は、まぁ16歳で、勉強もしていないんで。

我々が食べている、例えば彼女は肉は食べないみたいですけど。

野菜を食べているらしいですけど、野菜というのは、CO2をあれして、炭素を作っているからであって。

彼女は、CO2を減らしたら、野菜を食べられなくなって餓死しちゃうという事は、たぶんご存知ないんですね。

こういう事とかですね。

環境省が誤魔化すヒートアイランド現象

「気温が上がっています」とこう環境省とかそういう所が言っているんですけど。

一番のこの問題はですね、「100年間気温が上がっています」と言っているんですけれども、その気温が上がっているという測定データはですね、1900年頃と言ったらですね、測定データがあるのがそもそもヨーロッパ、アメリカくらいしか無いんですよ。

日本もある事はあるんですが、東京とかですね、そういう所しか無いんですよ。

100年前にですね、アフリカとかですね、太平洋の真ん中とかは無いんですよ。

で少しずつ少しずつ測定点が増えているわけですね。

殆どが都市部なんですね。

この都市部のやつは、やっぱり補正しなければならないというので。

ヒートアイランド現象なんて、現象で言っていますけれども。

そういう現象じゃなくてですね、だれでも都市がクーラーとか暖房で温かくなっているのは、誰でも知っているんですよね。

「そういう影響があります」って書いてあるんですよ。

だけども、「影響があります」と書いてあるだけで、全然、実際にそれを補正するとどうなるのかというのは書いていないんですね。

ですから、測定データがいかに怪しいかという事も書いていないんです。

いや、いいんですよ、怪しくても。

我々、科学をやっている人達はですね、なかなかきちっとしたデータが得られないというのは困る事なので、一般的に困る事なのですが。

それをきちっと誠意を持って、良心的にやんなきゃいけないんですね。

自分の好きな結論に導くために無理やりというのは駄目なんですね。

まず、それをやっていないという事ですね。

それから、まぁあの、グレタさんや、アメリカの民主党なんかもですね、肝心の事。

飛行機も鉄道も出るCO2量は変わらない

例えばですね、飛行機はCO2を出すけど、鉄道はいいからと言って、高速鉄道計画というのがあるんですけどね。

これは、どっちもCO2が出る量は同じなんです。

なぜかって言いますとね、飛行機というのは例えば、東京に羽田空港を作り、大阪に伊丹空港を作り、飛行機を調達すれば、後はもう空を飛んでいきますからね。

ただ、重力に逆らって空を飛ぶので、燃料がうんといるんですね。

ところが、今度は新幹線はどうかと言うとですね、あの膨大な橋を作り、線路を作りですね。

石を線路に並べ、枕木を全部敷き詰めて、鉄のレールを敷いて、その上に走らせます。

だから、結局、重力に逆らうエネルギーというのはですね、飛行機はモロに被るんです。

空を飛ぶから。

だけど、新幹線はですね、その砂利、枕木、レール、このようなもので、あの巨大なですね、新幹線の車体を支えるんで。

その重力を支える仕方がですね、空を飛ぶのではなくて、土の上なんですよ。

そうしたらね、あの砂利とかね、枕木とか、レールを作って運んで、トラックで。

もの凄く膨大なCO2が出るんですよ。

しかもずーっと、保全しなければいけません。

そうすると結局、日本なんかですと、空を飛ぶのと、地上を走るのは、まぁトントンになるんですね。

ですから、東京、大阪の飛行機代と、新幹線代がほぼ同じになるんです。

アメリカなんかですとですね、普通は飛行機の方が、実はCO2のものも安いんですね。

ですから、アメリカの飛行機は、やや安いんですね。

飛行機代は。

まぁ、そういう初歩的な事が一杯ありますので、ここでは、国民を騙す意思は、私は全然無いんで。

専門家に向けて、優しい、これだけは国民が判断するのに大切だと。

国民のお金をとにかく80兆円も使っているわけですからね。

やっぱり誠意がいりますよ。

専門家の方の良心に、訴えたいと、私、こう思いますので。

私、懐疑派でも、どちらでもないですからですね。

ここで展開して行きたいと思っております。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す