日経・CSISバーチャル・シンクタンク(現:富士山会合ヤング・フォーラム)売国奴養成機関の正体!外務省にも潜む売国奴!関岡英之

日本再占領を進める売国奴養成機関の正体

今日は一冊まず本を紹介したいと思うんですけど、これは中田安彦さんという方が書いた「日本再占領」という本ですね。

中田さんという方はですね、元々、大手の新聞社で記者をやっておられた方なんですけれども。

その後、副島隆彦の研究所に入られまして。

アメリカ政治の分析では、大変定評のある方です。

ジャパンハンドラーズとか、いくつかの著作を出されていますね。

この本の中ではですね、ウィキリークスで流出した日米の外交文書を通じてですね、現在、日本再占領が進んでいると。

要するに、民主党政権になってから、ろくでもない迷走状態に陥っていてですね、日本が自国をマネージ出来ない状況になっているのに便乗してですね、アメリカがどんどん日本の国内に入って来ているという、そういう分析なんですね。

中田さんは、小沢一郎さんという政治家に対して、非常に同情的でですね。

出典:産経ニュース

そこは、私とは根本的に考え方が違うんです。

私は、小沢一郎さんこそ、諸悪の根源だと思っている人間ですから。

考え方は違いますけれども、この中田安彦さん、大変若い方ですが、若い論客として、このアメリカ政治の分析には、大変鋭いものがありますので、皆さんにもご参考になるかと思いますね。

外務省にも潜む売国奴の存在

この中には、例えばアメリカに内通している外務省の若手官僚が、名指しで批判されていたりですね。

それから、藪中さんという、これは外務次官にまでなった方ですけれども。

出典:産経ニュース

この人が、アメリカ側とのやり取りの中でですね、このように発言したというのは、ウィキリークスんによって暴露されたと。

「藪中は手を延ばせばうまく応じてくれる事が予想される影響力も人気もあるテレビのコメンテーターの何人かについて言及した」

と。

要するに、テレビのコメンテーターもですね、外務省によって世論捜査の道具として使われているなんているなんて事がですね、出て来て大変興味深い内容ですね。

それからこちらは、正論の9月号なんですけれども。

これにも、私もちょっとですね、中田さんの趣旨と似た「姿を現した現代版GHQ」という論文を寄せております。

中田さんとは少し論調は違うんですけれども、基本的な認識は同じですね。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す