N国党より現実的にNHKをぶっ壊す方法!日本産業の発展も阻害するNHK!NHKが安倍降ろしに舵を切る理由!

NHK同時配信再考要請

前田有一前田有一

9日の産経新聞から。

前田有一前田有一

NHK同時配信 再考要請というのはですね、高市早苗総務大臣なんですが。

これは、NHKから認可申請があった、テレビ番組のインターネット同時配信。

これに関連してですね、受信料のありかたですとか、業務の縮小、効率化、こういったものを検討するように要請したと明らかにしたという事で。

これ、NHKは今年中にやりたかったんでしょうが、たぶん難しいだろうという見方なんですが。

N国党より現実的にNHKをぶっ壊す方法

渡邉哲也渡邉哲也

そうですね。

これ、7月、8月辺りにですね、こっそりと放送法改正のパブリックコメントを取っていたんですね。

いわゆるNHKがインターネット放送を同時に出来るようにして、インターネット放送をいわゆる携帯電話でもなんでも持っている人から、お金を取ろうという画策をしていたわけですよね。

結局もう、地上波とか、衛星波が今どんどん廃れていて。

お客さんがどんどん居なくなると。

インターネットにどんどん通信形態が変わってきているわけですよね。

配信の形態も。

ここでNHKとしては、今の段階でネット配信事業に移っておかないと、もし地上波なり衛星波なりが終わってしまった時に、自分達が失業してしまうと。

ですから、地上波と同じものをいわゆる通信を使って流して。
4G、5Gを使って流して、そこからもお金を取ろうと。

新しいビジネスモデルというか、自分達の生き残りを掛けたですね、ビジネスモデルを考えていたわけです。

それを総務省と共に、前大臣の下でやろうとして放送法の改正を目論んだ。

渡邉哲也渡邉哲也

しかしですね、パブリックコメントというのがあるんですね。

国民から意見を聞く。

これ、役人の言い訳のための道具でもありましてね。

知らなかったら関係者しかパブリックコメントを出しませんから。

自分達が好きなように誘導できるわけですよ。

これをバラしてしまったものですから。

4万件だったかな。

何万件という単位のNHKを批判するコメントが来まして。

それでNHKとしては、総務省としては、そのまま放送法を改正するわけにはいかなくなってしまった。

そこで今回安倍さんがですね、安倍総理が、高市早苗さんという、このNHKのいわゆる通信の方に入り込むのに否定的な総務大臣。

NHKの肥大化に反対する総務大臣を選んでくれたものですから。

そこにおいて、NHKの同時配信で、国民から金をふんだくろうというですね、魂胆がうまく行かなくなってしまった。

渡邉哲也渡邉哲也

で、更にもう一つ。

それでですね、役人たちももう一回パブリックコメントを取ればいいのではないかと。


前田有一前田有一

諦めてない?

渡邉哲也渡邉哲也

諦めていないわけですね。

それに対して総務大臣の方は、このパブリックコメントで、国民の意見を聞いてみようと言っているわけですね。

これが、NHK、日本放送協会のインターネット活用業務実施新生の基準の変更案の許可 総務省の許可 総務省の基本的考え方についての意見募集

というよく分からない内容なのですが。

NHKの放送法改正に反対するパブリックコメントはこちらから

渡邉哲也渡邉哲也

簡単に言うと、NHKがどういう運用方法をしていったらいいか、皆さん意見をお聞かせくださいって話なんです。

で、下にあるQRコードといのがあるんですが、これを携帯電話で撮って頂きますと、申請のページに行けます。

渡邉哲也渡邉哲也

インターネットで、簡単に応募出来ます。

これで、NHK解体とか、反対とかやりますと、「NHKをぶっ壊せ!」なんて騒ぐよりも、よっぽど効果があるわけですよね。

前田有一前田有一

渡邉さん、N国党より効果を出しているんじゃないですか?

渡邉哲也渡邉哲也

たぶん、これかなり、効果あると思います。

前田有一前田有一

合法的にね、意見を伝えているわけですからね。

渡邉哲也渡邉哲也

そうです。

前回は90%以上が、NHKの解体とかそういう反対方向でしたから。

前田有一前田有一

流石に無視できない状況。

渡邉哲也渡邉哲也

無視できないですし、万件単位で来ていますから。

今回、これがもっと大きなパーセンテージで、反対方向でですね。

みんなが「NHKを解体しろ!」ってみんなが意見を入れると、結局それがデータとして残っちゃうわけですよね。

記録として。

で、NHKというか、NHKと総務省が裏でくっついている利権団体が、「国民がそうやって言ったんだから」とかですね。

「政治がこうやって決めたんだから」ではなくて。

「国民が大反対している」という実態が出てしまうと何も出来なくなると。

無力化する事が出来る。

前田有一前田有一

NHKの受信料と言うのは、拒否できるものではないから、税金みたいなもんじゃないですか。

これ、NHKがもう一個ネットでやるから、更に上乗せってやると、増税と変わらないんですよね。

事実上ね。

タダ乗りし金だけ取ろうと企むNHK

渡邉哲也渡邉哲也

いや、これ酷い話でですね、インターネット回線ってこれ、通信業者が整備しているんですよ。

結局NTTの代金とか色んな形で、通信業者が整備しているものに対して、NHKがタダ乗りして、金だけ持って行こうとしている。

これね、NTTの社長が試算した所、最低NHKがいわゆる通信回線を使って、同時配信を行おうと思うと、回線バックボーンとかの増強で、4兆円から5兆円くらいはかかるんじゃないかと。

金を取るならNHKが払えと言っているわけですよ。

それは、正しい意見だと。

それが、NHKが自分でケーブルを引けばいいんですよ。

ケーブルネットワークを、アメリカみたいに。

だぶん、みんな誰も引かなくなりますからね。

NHKが焦る理由

渡邉哲也渡邉哲也

これ、NHKが焦るのにも、理由があるんです。

NHKの視聴世帯というのが、今、65歳とか70歳、それ以上になって来ているんですね。

いわゆる中高齢層も、YouTubeとかネット放送にどんどん移行して来てしまっている。

で、Netflix、Hulu、Amazonなどのですね、いわゆる定額制でいつでも見れる放送に、どんどんもうユーザーが移って来てしまって、リアルタイムの地上波、衛星波を見る層というのが、どんどん居なくなっちゃっているわけです。

ここで、ネットに今入って来れないと、NHKとしては、地上波、衛星波にしがみつくしかない。

そうなって来ると、今の規模の維持できるわけもないという事なんです。

これが今、ギリギリのせめぎ合いなわけです。

このまま5年間NHKをネットに参入させなければ、NHKは必然的に淘汰される方向です。

日本の産業発展を阻害するNHK

渡邉哲也渡邉哲也

で、こういう話をするとですね、この前もネットでやっていましたら、NHKは技術開発をしてると。

NHK技研ってあるんですけどね。

これが最悪でですね。

日本の独自規格なんてものにこだわったり、Bcasとか独自の物を作っってっちゃうものですからね。

日本がどんどんガラパゴス化しちゃいましてね。

おかげで、日本のテレビ業界も携帯電話業界もですね、世界のグローバルスタンダードから遅れちゃってんですよ。

だって、考えてみてください。

今、インターネットで8K、4K放送、自由にもう見れます。

で、いわゆるPCがあれば、追加でお金を出さなくても見れるんです。

ところが、地上波の8K放送を見ようと思うと、バッカデカい、バカ高い10万くらいのチューナーをくっつけてですよ、見ないと見れないわけですよ。

だって、5万のPCで8K放送見れるんですよ。

なんでテレビ代プラス10万も出して、8Kのチューナーを付けて見ないといかんのですか。

これ、どういう事ですか。

明らかに、おかしいんです。

これをやっているから、日本のテレビ業界っていうか家電業界が、世界のスタンダードになれなくなった。

だから、こんなものはぶち壊せばいいんです。

という日本のいわゆる産業発展の阻害もNHKがしているという事を皆さんにお伝えしたかったと。

だからこそ、今、潰しましょう。

是非、こちらの窓口。


NHKの放送法改正に反対するパブリックコメントはこちらから

前田有一前田有一

パブリックコメントですね。

渡邉哲也渡邉哲也

はい。

パブリックコメント募集中という事で、下にQRコード(ホームページへのリンク)も出ております。

総務省。


NHKの放送法改正に反対するパブリックコメントはこちらから

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す