トランプ大統領が再選できる可能性は?アメリカ大統領選挙の行方

世界に最も影響を与える米国大統領選選挙

本日は、世界に最も影響を与える次のアメリカ大統領について、お話をさせて頂きたいと思います。

世界の最も影響を与える国。

それは、誰が考えてもアメリカです。

まぁ、中国という対抗馬もおりますが、中国の場合、習近平体制は、独裁体制で変わらない。

それに対して、アメリカは、選挙で大統領を決める為、この選挙の結果が、世界の趨勢を大きく変える事になるわけです。

トランプ圧勝により大きく変わった世界の趨勢

前回、2016年の総選挙で、トランプが圧勝した事によって、世界の趨勢は大きく変わりました。

トランプは、中国に対する対抗策を続々と打ち出し、米中貿易戦争という名の、一種の戦争が始まったとも言えるわけです。

そのような中で、今回の大統領選挙、どのようになるか、ご説明して行きたいと思っております。

アメリカ大統領選挙の流れ

まぁ、アメリカの大統領選挙なのですが、日本と違って、約1年近い年月をかけて行います。

そして、あの広いアメリカ全土を回る選挙戦が繰り広げられるわけです。

日本との最大の違いは、各州ごとに選挙人、何人の選挙人がいるか、人数が決まっておりまして。

その州で勝つと、全ての選挙人の数を得られる。

トータルの合計数字による結果ではありません。

基本的にアメリカの民主党は、カリフォルニアを地盤にしており、そこに膨大な選挙人がいます。

逆に、アメリカの共和党は、テキサスを地盤にしており、そこに膨大な選挙人がいます。

そして、それ以外の州があるわけですが、それ以外の州も、歴史的に赤を選ぶ。

つまり、共和党を選ぶ州と、歴史的に民主党を選び続けている州がある。

そして揺れる州。

スイングステート。

『揺れる州』とも呼ばれるわけです。

トランプ1本に絞る共和党と乱立する民主党

そして、今回の選挙ですが、共和党は、ほぼトランプ1本で行くのではないか。

健康問題が無ければ、トランプがそのまま大統領候補の指名を得る見通しになっています。

それに対して民主党。

一時は、20数名の立候補者が出た。

それが、今は徐々に絞られて、10数人いる、という状況になっているわけです。

なぜ、10数人も立候補希望者が出るのかと言えば、有力な候補がいない。

その為に「自分もなれるのではないか」という人達が多いからで。

この結果は、まだ見えないものになっているわけです。

米国大統領選挙の日程

そして、まず最初に始まるアイオワ州の選挙が、ポイントになります。

歴代アメリカ大統領選挙は、アイオワから始まります。

この予備選挙による候補が、最終候補の一人に残る事が多いわけです。

民主党候補者の特徴

今回有力候補と言われているのは、民主党は、バイデン、サンダース、ウォーレン、プティジェッジ、ブルームバーグという5候補となっております。

まぁ、この候補の特徴を言えばですね、バイデンというのは、前のオバマ政権の副大統領。

唯一のパンダハガーと言われ、中国などと、非常に近い関係にある人。

まぁ、日本で言えばですね、小沢一郎さんみたいな人と思って頂くと、分かり易いのかもしれません。

出典:産経ニュース

そして、バーニー・サンダース。

前回の大統領予備選挙でも、最後まで勝ち残り、最終的には、ヒラリークリントンに負けた人。

この人は、アメリカ社会の中では異端者と言われる。

まぁ、共産主義、社会主義者で、日本で言えば、村山富市さん、みたいなイメージを持って頂くと、分かり易いのかもしれません。

出典:ZAKZAK

そして、エリザベス・ウォーレン。

この人は女性候補で、同じように社会主義色が強い人。

まぁ、福島瑞穂さんとかですね、そんなイメージを持って頂いたらいいのかもしれません。

出典:wikipedia

そしてブティジェッジ。

この人は、唯一の同性愛候補で。

同性愛候補であるば故に、キリスト教徒が追いアメリカの選挙。

予備選挙で勝っても、本戦ではかなり難しいと言われている。

このような状況の中で、有力候補がいないという事で。

バイデン氏も、今、スキャンダルを抱えてしまった。

という事で出て来たのがブルームバーグさん。

この人は、アメリカのナベツネさんみたいな人とイメージして頂いたらよろしいのではないでしょうか。

出典:デイリー新潮

お金もたっぷり持っています。

この候補が順番に州をまたいで、色んな州に渡って、予備選挙を行っていく。

そして、これである程度姿が見えてくるのが、3月3日のスーパーチューズデー。

16の州で予備選挙が行われ、約40%。

全投票者数の40%が投票する形になる。

この時点で、たぶん2人から3人に候補が絞られ、最終的に6月、7月まで選挙戦が繰り広げられる事になります。

そして、それが終わると、共和党の候補と、民主党候補の一騎打ちとなって行くわけです。

そして11月3日。

世界の命運が決まるアメリカ大統領選挙が開催される事になります。

アメリカ大統領選挙をウォッチするポイント

そして、このアメリカ大統領選挙のウォッチのポイントを一つ。

日本の殆どのメディアは、アメリカのリベラル側のメディアと提携しています。

例えば、CNNは、トランプの悪口を24時間言っているような状態なわけです。

ですから、日本のメディアを見て、トランプ再選の可能性を測るのは間違いです。

アメリカの場合、共和党系メディアがフォックス。

それ以外のメディアは、殆ど民主党寄りだと見たらよいわけです。

ですから、出来る限りフォックスニュースも見て、アメリカ版しか無いですけれども、想像するのが一番近い数字になるのではないかと思われます。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す