新型コロナウイルスで一気に進む米中の離婚!ハーバード大学 売国研究者の末路!

米中、幸せな離婚

米中、幸せな離婚、という事について、お話をさせて頂きたいと思います。

1月31日、アメリカは重大な決断を致しました。

それは、アメリカと中国の事実上の離婚とも言えるのです。

今回、新型肺炎によって、アメリカは中国からのアメリカへの中国人の入国と、中国にいるアメリカ人7万人に対して、母国に戻ってくるように帰国勧告を致しました。

これによって、中国本土に居る7万人のアメリカ人はアメリカ本土に帰り、アメリカに中国人及び中国に2週間以上滞在した人はアメリカ国内に入れない事になりました。

これによって、アメリカと中国の間で、人の分断が行われたわけです。

グローバリズムという言葉がありますが、グローバリズムというのは、人、物、金の移動の自由。

ここにおいて、大きな壁が出来たとも言えるわけです。

かつて、冷戦時代「鉄のカーテン」と言われるものがありました。

これは西側諸国と東側諸国の分離を意味していました。

今回、中国とアメリカとの間の壁に関しては「バンブーカーテン」(竹のカーテン)と呼ばれているワケです。

中国製造2025の行方

その結果、何が起こるかと言えば、

中国政府が進めている中国製造2025

これから中国が進めていこうという先端分野等の研究者の多くがアメリカに戻ってしまう事になったわけです。

中国の先端技術、この多くはアメリカの先端技術を借り受けたようなものが多い。

そしてそれを主導してきたのは、アメリカの研究者達だったわけです。

売国ハーバード大教授を起訴

中国政府は、千人計画という名前の下で、世界中の科学者たち千人、まぁ、実際は6千人程度に対して、中国政府は資金や研究資金を与えていたと言われています。

この件に関しても、アメリカは時を同じくして、アメリカの連邦政府からお金を貰いながら、中国政府からお金を貰っていた、この事実を隠していたハーバード大学の研究者を訴える事になりました。

その結果、この研究者は私財を全て失う事になると共に、亡くなるまで、刑務所に入る事になり兼ねないという状況になっているわけです。

この様な状況で、中国からアメリカに技術者・研究者が戻った事で、この後アメリカから、中国に全員の研究者が戻る可能性は低いと言えるでしょう。

現在アメリカ政府は、141の案件で、70人以上の研究者を調査中であるとされておりまして、この件に関しまして、中国にいる研究者が、アメリカに戻った事によって、トレース、確認作業が行われる事が間違いないわけです。

そして、このケースだけではなくて、研究が出来なければ、その先の生産も出来ない。サプライチェーンからドンドン中国が外されていく想定も出来るワケです。

米国で一気に進む製造業の国内回帰

今回の事態を受けて、アメリカのウィルバー・ロス商務長官は

「これによって、アメリカへの製造業の国内回帰が一気に進むだろう」

という発言をしています。

新型コロナウイルスが一気に進める米中の分断

アメリカは意図的に、この新型肺炎をもって、米中の分断を一気に進める可能性が高いわけです。

アメリカでは2018年の米中貿易戦争勃発後、中国に対して技術を渡さない新しいCOCOMと言われるECRAという制度を充実させてきました。

先端14分野に於いて、中国等、所謂「仮想敵国」に技術をもう渡さないという法律が出来ていたわけです。

しかし この具体的な品目に関しては、昨年12月中に行われるとされていましたが、米中貿易協議などというものがあった為に、これが延期されていました。

今回の事態を受けて、このECRAの対象品目が明示される可能性も高いでしょう。

少なくともアメリカの航空会社は、2ヶ月程度、アメリカと中国の直行便を停止するとしており、結果的にアメリカ人が中国に戻るのは2ヶ月以上先になりそうです。

この状況が続けば、必然的に、アメリカと中国の分断は一気に進むと言えるでしょう。

まぁ、とは言え、仲が悪い嫁姑が一緒に暮らすよりも、別々の世帯を持って暮らした方が幸せな事も多いワケで…

これからの世界、アメリカに付くか、中国に付くか、それぞれの別の世帯で生きる様な時代がやってくるのかもしれません。

いいとこ取りは出来ない時代が、やってきたと言えるでしょう。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す