新型肺炎 コロナウイルスでストップする中韓経済!日本は大丈夫?

新型肺炎で止まるサプライチェーンと中韓経済

新型肺炎で止まるサプライチェーンと止まる中韓経済について、お話をさせて頂きたいと思います。

現在、新型肺炎の蔓延によって、中国経済は、致命的な影響を受けています。

中国のお正月である春節は1週間で、本来1月24日から1月30日までの間でした。

しかし新型肺炎の蔓延によって、この中国の春節の再開が遅れている状況です。本来31日から再開される筈の中国の工業生産は少なくとも2月9日迄停止し、工場によっては、再開の目途が立っていない状況が続いています。

特に肺炎の震源地である武漢においては、いつ工場が再開出来るか分かりません。

武漢の主な産品

この武漢の主な産品というのが自動車関連産品という事になります。

日本のメーカーでもホンダや日産のメーカーがあり、同時に、このホンダや日産の工場、アメリカのGMの工場を目当てにし、それのサプライチェーンを司る、中間製品のメーカーが様々あるわけです。

現在、工業製品の多くは、看板方式という形で、必要な部材を必要な量だけ調達する組立方式になっています。

そして武漢には、この様な自動車部品メーカーが多数存在するのが現実です。

韓国 現代自動車の生産がストップ

武漢の生産再開停止を受け、実際に韓国の現代自動車は、韓国国内で作っている自動車の殆どの生産が停止する見込みとなりました。

現代の場合、自動車で使うハーネスという重要部品を武漢のメーカーから調達している為に、生産が出来ない状態になってしまっているわけです。

それに対して、日本のメーカーは生産地を分散している為、韓国メーカー程の影響は無いと言われています。

そしてこれが長期化した場合、韓国の物の生産は止まり続ける事になります。

新型肺炎の影響が出始めた韓国の半導体製造

又、韓国に於いて、半導体生産に於いても大きな影響が出始めました。

韓国の二大半導体メーカー、サムスンとハイニックス。サムスンもハイニックスも最新鋭のメモリー工場を中国国内に建設し、そこで現在大量の半導体を作っています。

日本から輸出されたフッ化水素等三品目が行方不明になったのも、このサムスンやハイニックスが韓国向けに輸出したフッ化水素を中国に移転したのではないかといわれており、これが大きな原因の1つではないかとみられています。

半導体の工場には休みはありません。半導体の製造工場というのは、24時間365日動かし続けなければならないわけです。

この為、春節期間中も、サムスンもハイニックスの工場も操業しておりました。

しかし、ここにきて人の遣り繰り、物資の遣り繰りが困難になり、停止する可能性が出てきてしまったわけです。

停止する中国に向けての船便・空輸便

現在、中国に向けての船便の多くが停まっています。

そして空輸便に関しても空の便がドンドン停止されている状況なわけです。

この為、半導体生産に必要なシリコンや様々な部材が停まり始めており、これが結果的にサムスンやハイニックスの工場停止に繋がるのではないかと言われているわけです。

半導体工場というのは24時間稼働し、新鮮な材料、新鮮な純水を供給し続ける事によって稼働を続けられます。

これが万が一1日でも停まれば、3ヶ月以上掛け、全洗浄した上で、再稼働させるしかありません。

そうなってくると、サムスンやハイニックスの半導体事業にも大きな影響が出るでしょう。

血流が止まり始めた中国

そして本命である中国ですが、物流の停止により、物流の大混乱が起きようとしています。

工場で物が作れない。

倉庫に物が滞留する。

倉庫に物が滞留すると、新たに荷物が陸送出来ない。

新たに荷物が陸送出来ないと、海にとまっている船からの荷積みが出来ない。

船の荷積みが出来ないと船が空にならないので、輸出も出来ない。

ある意味心筋梗塞の状態で、血流が止まり始めているわけです。

物の流動が止まると、次に、お金が止まってきます。

現在サービス業を中心に2万人を誇る北京の有名カラオケ店が倒産する等、様々な倒産が見えてきました。

中国の中小企業の内33%は1ヶ月も資金が持たないとされており、85%の企業は3ヶ月以内に資金が枯渇するとしています。

どんなに赤字の会社でも、お金が流れ続けている限り潰れませんが、どんなに経営状態が良い会社でも、お金が止まれば、倒産してしまいます。手形が割れなければ破産してしまうのです。

その様な状況に、今、中国が韓国を道連れに進もうとしています。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す