大混乱の米国大統領選挙の行方!バイデン勝利でもレームダック化する理由!

大混乱のアメリカ大統領選挙

大混乱のアメリカ大統領選挙というお話をさせて頂きたいと思います。

現在、アメリカの大統領選挙は想定内の最悪の展開となっています。

当初より、トランプ陣営側は、郵便投票による不正が懸念されるという事で、様々な方策を取ってきましたが、その想定通りの流れとなっているわけです。

アメリカの大統領選挙ですが、レッドステート、ブルーステート。

共和党寄りの州、民主党寄りの州、ここの部分は、毎回投票結果が同じです。

ですから、選挙によって答えが変わる、揺れる州だけで結果が変わる、というのが大統領選挙の通例となっているわけです。

トランプ陣営は、その中でもフロリダは死守したものの、それ以外の州に関しては、現在、僅差で負けている状態になっています。

敗北を認めないトランプ大統領

しかし、この僅差での負けが不正投票ではないか。

また、期日後に投票したものを集計しているのではないか。

というのが、トランプ側の言い分です。

そして、その投票そのものを無効ではないか、と言っているわけです。

その場合、12月14日、これが選挙人による本投票。

アメリカ大統領選挙の場合、各州で選挙人が選ばれ、その選挙人が投票し、大統領が決まる。

この12月14日までの本投票で、各州の候補者が決まるかどうかも分からない状態になっているわけです。

そして、場合によっては、連邦最高裁判所まで持ち上がる可能性もあるわけです。

米国大統領が決まらなかった場合

アメリカの大統領選挙は、1月20日、大統領就任式までに大統領が決まらなかった場合、下院議長が大統領になる、という規定がある為、ナンシー・ペロシ下院議長が大統領になる可能性まで指摘されています。

しかし、それまでの過程において、議会による投票などで決まる可能性もゼロではなく、現在、バイデン氏が優勢であるものの、トランプ側はひっくり返しを考えているわけです。

しかし、現実問題として、ここでひっくり返すのは難しいのではないか、というのが大勢の流れとなっています。

バイデン勝利でもレームダック化する理由

そして、今回行われているのは大統領選挙だけではありません。

アメリカ上院議員選挙は、共和党が過半数を取る予定となっており、共和党が過半数を取った場合、議会のねじれにより、民主党は好きに出来なくなります。

いくらバイデンが大きな政策転換をしようと思っていても、上院の阻止により出来ないという構図になるわけです。

そして州知事に関しても、今回、共和党は一つ増やす見込みとなっており、議会全体としては、共和党が強くなっていく構造になっています。

アメリカの大統領選挙は4年に1度ですが、アメリカの場合、2年に1回、下院議員の総入れ替えがあります。

アメリカの場合、2年に1回の中間選挙によって、下院議員は総入れ替え。

上院議員は3分の1が改選となります。

バイデンが政権を取ったとしても、来年の1月から、実質1年半の間に、一定の成果を出せない限り、この中間選挙で勝てない可能性が高まっているわけです。

そして、中間選挙で万が一下院まで失った場合、大統領は残り2年間、完全なレームダック化し、次の大統領選挙において、共和党が逆に圧勝する可能性も出てきている、というのが現在の情勢、という事になるのでしょう。

確かに、トランプ大統領は敗北する可能性が高いですが、しかし、上院は共和党が取っており、アメリカの政治は、完全なねじれ状態になる可能性が高い、と言えます。

そして、ねじれの中で政策を前に進められないバイデン大統領。

かなり厳しい政策運営が求められるものと想定できます。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す