バイデン政権になると世界はどう変わるのか?トランプ逆転の可能性は?

混迷するアメリカ大統領選挙とこれから

混迷するアメリカ大統領選挙とこれから、という事についてお話をさせて頂きたいと思います。

今回のアメリカ大統領選挙、開票を巡り、大混乱の状況になっています。

バイデン氏側は勝利を宣言したものの、トランプ側は敗北を認めておらず、実際問題として、州の公式統計では、259対217という事で、必要とされる270人の選挙人を、まだ取れていない状況にあるわけです。

そして、トランプ氏側は、様々な州で再集計や訴訟を行うとしており、再集計の結果が出ない限り、まだどちらが勝者が分からない状況になっています。

しかし、現実問題として、バイデン氏側が勝利する可能性が非常に高い事は間違いなく、このまま行くと、バイデン政権が誕生する可能性が高いと言えます。

勝利宣言するバイデンと敗北宣言をしないトランプ

ただし、今回の選挙では、不正投票や集計機の不具合など、様々な不透明な点があり、再集計結果を見ない限り、まず何も分かりません。

その上で、訴訟の行方も気になる所という事になります。

トランプをはじめとし、ペンス副大統領、ポンペオ国務長官、3人とも今回はトランプ政権側が勝ったと言っており、全く見えない状況になっているわけです。

このまま進んだ場合、12月8日の選挙人決定までに、誰が勝者か決められなかった場合、総数270人、双方が取れないという可能性も出てきました。

この場合、下院各州1票による投票によって決まる為、この点に関して、どうなるかもまだ分からない状況にあると言えるわけです。

内ゲバ状態の民主党内

更に、今回の大統領選挙ですが、同時に下院選挙も行われました。

下院選挙では、民主党が過半数を取ったものの、議席を減らす結果となり、民主党内でも内ゲバ状態になり始めています。

極左を取り入れる事によって勝った民主党ですが、議員の中に極左候補と中間派、この間で対立が生まれてしまっているわけです。

そして、その責任はナンシー・ペロシ下院議長のもとへ来そうな様子です。

引用:BBC

ナンシー・ペロシ下院議長を引きずり下ろす動きが、党内で活発化していると言えるわけです。

更に上院に関しては、定員100のうち、51、過半数を取った方が議場を支配する事になるわけですが、現在、共和党が50、民主党が48で、残り2議席の動向は、1月5日の決選投票を見るまで分からない状況になっています。

大統領選にバイデン氏が勝った場合、上院で民主党が過半数を取っているかどうかが、大きな問題になります。

鍵を握るアメリカ上院選挙の結果

アメリカの上院は、任命権と法律の拒否権を持っています。

たとえ、バイデン氏が大統領になっても、共和党が上院多数を占めた場合、殆どの法案、任命人事で、共和党の合意を得られない人は、選ばれないという事になります。

また、バイデン氏が進めると言っているグリーンニューディールなども、ほぼ停止する事が確定します。

つまり、1月5日の上院選挙で、共和党が過半数を取る事が出来た場合、バイデン政権は、誕生直後からレームダック化するという事が、ほぼ確定しているわけです。

また、人事の上でも、共和党との合意人事という事になり、民主党の中の中間派、またはネオコンなどの共和党、民主党、どちらもの勢力に与する人以外、閣僚に選ばれないという事になり、現状の政権の継続に近いものになると言えます。

また、上院選挙で民主党が過半数を取った場合、グリーンニューディールをはじめとしたバイデン政権が言ってきた左派的政策が前に進む事になります。

しかし、民商党内を見た場合、同意人事などで極左勢力の躍進が予測され、より一層アメリカが左派的に動いていく、という事になって行くでしょう。

バイデン政権が出している政策の多くは、現在、韓国政府が出している政策とほぼ一致しており、経済的には、マイナスになる政策が多いわけです。

富裕層増税や、企業増税など、企業活動にもマイナスになる可能性が高いと言えましょう。

また、自然エネルギーなども、石油エネルギーに比べ効率が悪いため、アメリカの国際競争力の低下は目に見えています。

コロナ禍の中で、このような政策を取った場合、アメリカの弱体化が進むと予測されます。

そして、次の政権は4年後ですが、2年後には必ず中間選挙が待っています。

アメリカの場合、下院は2年で任期を迎えます。

そして、全改選となるわけです。

つまり、2年後の下院選挙で、民主党が負ける可能性も高いと言えるでしょう。

このような状況の中で、まずは大統領選の行方、そして、1月5日の決選投票の行方。

これを見ないと、何も分からない。

全てのメニューがテーブルに乗った状態が、現在続いています。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す