待ったなし!敵国化する韓国と安全保障構造の変化!必ず裏切る韓国とどう付き合うか?

中国、北朝鮮との関係を重視する韓国文在寅

どこに行く?韓国、というお話をさせて頂きたいと思います。

韓国、文在寅政権、北朝鮮と共に中国との関係を重視しています。

安全保障において、アメリカとの関係より、中国との関係を重視する方向に、舵を取り始めました。

これは、日本の安全保障への脅威であり、これからのアジア全体の大きな安全保障戦略が変化する可能性を秘めています。

日米安全保障協議委員会、日米2+2の開催

バイデン政権になったアメリカですが、3月16日、まず日本との間で、日米安全保障協議委員会、日米2+2を開催致しました。

アメリカからブリンケン国務長官、オースティン国防長官が日本に来日し、そして2+2、日本の茂木大臣、岸防衛大臣と共に話し合いを行い、安全保障に関する再確認を行ったわけです。

この席において、尖閣は日米安保の範疇である、という言及を日本側は引き出しました。

そしてアメリカは、中国の人権問題について強く批判し、それに日本も賛同する形となりました。

そこでは、日米豪印、4か国の軍事協力であるQuad(クアッド)を進化させ、そして、台湾の安全保障などに対しても、日本が関わって行く、というような事が言及されたわけです。

そして、その2人は翌日、ソウルに向かい、米韓2+2を開催致しました。

この式場では、韓国は中国を一切批判せず、そしてアメリカ側が求めていたQuad(クアッド)プラス日米豪印の安全保障協力に対し、韓国も協力するという言及を引き出せませんでした。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す