中国や韓国と契約しても一切無駄である理由!バイデン政権誕生による世界への影響!

バイデン政権で悪魔の民主党政権再び バイデン政権で、悪魔の民主党政権再び、というお話をさせて頂きたいと思います。 現在、トランプ大統領は、敗北を認めていないものの、政権移行に関しては承認を行い、現在、バイデン氏の新たな政権移行チームが動き始めています。 そして、次期政権の中核メンバーの顔ぶれも見え始めて来ました。 また、トランプ氏は敗北を認めていない。 また、不正選挙

続きを読む

バイデン政権になると世界はどう変わるのか?トランプ逆転の可能性は?

混迷するアメリカ大統領選挙とこれから 混迷するアメリカ大統領選挙とこれから、という事についてお話をさせて頂きたいと思います。 今回のアメリカ大統領選挙、開票を巡り、大混乱の状況になっています。 バイデン氏側は勝利を宣言したものの、トランプ側は敗北を認めておらず、実際問題として、州の公式統計では、259対217という事で、必要とされる270人の選挙人を、まだ取れていない状況にあるわ

続きを読む

菅義偉を次期総理に決めた外国人の正体!日本の総理大臣を日本国民が決められない?林千勝

菅義偉を次期総理に決めた外国人の正体 菅官房長官 来月訪米 拉致問題で米副大統領と会談で調整 #nhk_news https://t.co/TqfdMp5X4U — NHKニュース (@nhk_news) April 5, 2019 二階幹事長が月刊誌で「ポスト安倍」の有力候補に菅官房長官の名前を挙げました。「塚田副大臣に鈴をつけたのも菅さ

続きを読む

米中金融戦争の実態!米中 熾烈な覇権争い 勝つのは…?

米国による中国の電子決済潰し 遂に始まった、アメリカの中国に対する電子決済潰し、という事についてお話をさせて頂きたいと思います。 中国は、アメリカの金融制裁などから逃げる為、アメリカが作った金融感知システム、SWIFT(国際銀行間通信協会)などから逃げようと必死になっています。 現在の金融システムは、第二次世界大戦のアメリカのドル覇権。 そして、ブレトンウッズ体制という前提

続きを読む

TVや政治家が一切触れないイタリアで中国ウイルス急拡大の原因!北海道に注視すべき理由!

世界で問われるグローバリズム 引用:ニューズウィーク ※シェンゲン協定 シェンゲン協定とは、加盟しているヨーロッパの国家間において、出入国検査(国境検査)なしで国境を越えることを許可する協定のことです。ヨーロッパ内の人やモノの移動を自由にするため、1985年6月に調印され、2019年4月現在、26ヶ国が加盟しています。シェンゲン協定には

続きを読む

世界株価大暴落の原因とは?武漢ウィルスでハッキリしたこれから日本の生き残る道!

武漢ウィルスと世界大恐慌 いま世界で起きている株価の大ショック。 世界恐慌とも言える状況が、なぜ起きたのか? というのを丁寧に、解説して行きたいと思います。 3月9日、アメリカのニューヨーク市場は大暴落を起こしました。 これは、月曜日であったため、ブラックマンデーと呼ばれています。 その理由としては、まず原油の減産合意に達しなかった事。 今回の事態により、

続きを読む

トランプ大統領が再選できる可能性は?アメリカ大統領選挙の行方

世界に最も影響を与える米国大統領選選挙 本日は、世界に最も影響を与える次のアメリカ大統領について、お話をさせて頂きたいと思います。 世界の最も影響を与える国。 それは、誰が考えてもアメリカです。 まぁ、中国という対抗馬もおりますが、中国の場合、習近平体制は、独裁体制で変わらない。 それに対して、アメリカは、選挙で大統領を決める為、この選挙の結果が、世界の趨勢を大きく変

続きを読む