お金を簡単に増やす驚きの方法!お金が増える原理を解説!三橋貴明

誰もがお金は増やしたいと考えているものなのですが、個人の所得が増えるには、日本の所得増加が不可欠だと。

お給料が増えたり、収入が増えないとだめだよと。

そのためには、どうすればいいかって事ですよね。

お金と所得は違う

まずね、お金と所得って違うんです。

同じだと思ってるんですよ、みんな。

所得と言うのは、我々が働いて、モノやサービス、稼いで、それに支払いを受けると増えてくるんですね。

「その時、お金が払われるじゃないか」

と思われるかもしれませんが、まぁ、そうなんですけどね。

でも、お金って、所得と関係無しに、働かなくても増えるんですよ。

貸し借りによって。

お金は貸し借りで増える

で、みんなが持っているお金って、銀行預金とか現金紙幣って、絶対に誰かの負債です。

例えば、一万円札を持っているとすれば、それは日銀の負債です。

銀行預金が100万円あったら、銀行の負債なんですね。

社会全体で、資産と負債を合計すると、ゼロになっちゃうんですよ。

もちろん、海外純資産という外国との分があるんだけど、国内だとそういう話なんですね。

結局お金って何なの?

結局、お金って何なのって話なんですが、お金って社会全体のお金をマネーストックって呼びますので、大体、銀行預金と現金ですね。

みなさんが使えるお金ですね、要は。

これで定義しますよ、と。

これで、どうやって増えるんですか?と。

これ、びっくりされると思うんですけどね、例えば、A銀行というのがありましたと。

A銀行から1000万円借りましたと。

その時に、普通は、A銀行が1000万円という現金とか持ってて、それを貸し出したんでしょという、イメージじゃないですか。

そうじゃないですよ、だって、A銀行から1000万円借りた時に、私がA銀行に持っている口座に、1000万円って記帳されるだけですから。

厳密に言うとですね、A銀行のバランスシート、貸借対照表の借り方、資産とかを計上する方に、私への貸付金1000万円がのって、負債とかを計上する貸し方に銀行預金1000万円というのがポンと出現するんですよ。

逆に私のバランスシートには、借り方に、銀行預金1000万円が出て、貸し方に、A銀行からの借入金1000万円がポンと出現する。

この時点で、日本全国の預金は1000万円増えたでしょ。

資産としての私の預金であり、負債としてのA銀行の預金、1000万円が増えるというわけです。

という事でございましてですね、お金って貸し借りで増えるんです。

銀行と我々民間、もしくは政府ですね、の貸し借りで増えるんですけれども。

借金を返済するとお金は消える

逆を言うと、借金を返済すると、お金って消えるんです。

私がよく、

「お金って使っても消えません」

って言うのは、あれは使っても消えないという話ですね。

あなたがモノやサービスを買っても、別の人の所に行って、所得になるだけでしょ、って話だけど、返済が行われると消えるわけですよ。

面白いでしょ?

日本人は、そんな事、考えもしないんですね。

人間の頭は現金思考

で、現金なら分かりやすいんですよ。

例えば、A銀行が、私に現金を1000万円貸しました。

そうすると、物が動いているから分かりやすいんですよね。

私が、その1000万円を別の人に支払うんでしょうね、たぶん。

支払うために借りたんだろうから。

で、支払いを受けた誰かが、それを銀行に預金しました、と。

そうすると、全体の預金が1000万円増えましたと、これは分かりやすいんですけどね。

そうじゃないんですよ、社会全体のお金殆どって、預金のデジタルデータが動いているだけなんですね。

これ、多分、今言っただけではね、全く理解出来なかったと思いますね。

これはね、私ね、1年間をかけて、テーマにしてやっていこうかなというくらい、面白い話でしょ。

しかも、難しいんです。

政治家はお金を理解しているのか?

現金と預金の増え方を政府は理解しているのか?

この仕組みを政府が理解しているのかというと、うーん、どうなんでしょうか、分かりませんね。

残念な事に分からない。

特に政治家はね、多分99.9%、つまり分かっていない人が殆どじゃないかと思いますよ。

なぜかとい言うとね、こういうレトリックがあるじゃないですか。

日本は財政破綻する?

今は家計の金融資産、銀行預金が十分だから、国債を発行できるけど、そのうち、家計の銀行預金が無くなれば、政府は財政破綻する、なんて話、聞いた事ありますよね?

あのねと。

そもそも、政府って、銀行預金、借りてませんからね。

もう、この時点で、呆れたレトリックなんですけれども、何を借りているかと言うと、実は、日銀当座預金。

銀行が日銀に持っている日銀当座預金を借りているわけです、政府は、国債発行の時に。

それで、我々に対して、政府小切手とかで支払いして、支払いを受けた我々は、政府小切手を銀行に持って行って、それで銀行預金にして貰う。

それではじめて使えるわけですね。

だって、政府小切手貰ったって、あるいは日銀当座預金も払われないしね。

日銀当座預金は、我々は口座を持っていないから払われないと。

政府小切手を貰っても給料を払えないですよ。

だから、銀行預金にしなくてはならない、それを銀行がやってくれると、そういう仕組みになってるんですよね。

政府が借りるのは日銀の当座預金であって、銀行預金ではありません。

政府がお金を借りると銀行預金が出来る

逆に、今の話で分かったと思いますが、政府が国債発行して、日銀当座預金を借りて、で、政府小切手で支払いをして、支払いを受けた我々が、それを銀行に持って行った時に、銀行預金が出来るですよ。

だから、逆なんですよ、話が。

政府がお金を借りると、銀行預金が出来るんですよ、最終的に。

みんな、逆に思っているでしょ。

銀行預金をそのまま持ってくる、だから現金発想なんですよ、頭の中が。

現金発想になっちゃうんですよ、人間って。

という事はね、銀行当座預金をどれだけ増やしてもね、マネーストック、社会全体のお金の量が増えるとは限らないんですよ。

まぁ、実際、増えていないんだけどね。

なぜかというと、銀行預金って、民間とか政府がお金を借りないと生まれないから。

じゃあ、今まで何をやってたんだ?って思うでしょ。

うん、何やってたんでしょうね?

マイナス金利はどこにかかる?

マイナス金利は日銀当座預金にかけるんです。

でも、日銀当座預金にマイナス金利をかけたからと言って、銀行が日銀当座預金を我々に貸し出す事は出来ません。

だって、我々は、日銀当座預金を持ってないもん。

あれは、単に銀行にプレッシャーを与えているだけなんですよ。

「貸し出せー」

と。

ただ、貸し出せと言われたって、我々が借りる気が無かったら、借りないですよね。

という事なんです。

なぜこんな事になるかと言ったらね、経済学とか社会全体の常識が、頭の中で、

「お金=現金」

になっているんですよ。

お金=現金では無いんです。

確かに、現金もありますよ。

でも100兆円しかない、残りの900兆円くらいは銀行預金です。

みなさんが使えるお金って…

参考図書:日本人が本当は知らないお金の話  
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA