とろサーモン久保田が上沼恵美子に放った暴言が酷い!スーマラ武智は更年期扱い!※動画公開※

上沼恵美子さんがM-1審査員引退の謎

「霜降り明星」の優勝で幕を閉じたM-1グランプリ2018

大会終了後、審査員を務めた上沼恵美子さんが、突如審査員の引退を発表されます。

上沼恵美子さんが、「影のM-1優勝者では?」などと、視聴者の間では、上沼さんの審査員出場を楽しみにする声もあり、話題になったりしていたのですが、どうやら裏に、こんな事態があったようですね。

トロサーモン久保田とスーマラ武智の上沼恵美子への暴言動画

M-1グランプリ2018の終了後に、お笑いコンビ、トロサーモンの久保田かずのぶさんと、M-1グランプリ2018にも出場していた、お笑いコンビ、スーパーマラドーナの武智正剛さんが、欠席裁判のように、上沼恵美子さんに対して、暴言を吐く動画をインスタで放送していた事が発覚したようなんですね。

何度も削除されるようですが、その話題の動画というのがこちら。

凄い形相で、お笑いの先輩であり、大阪の大御所である上沼恵美子さんに暴言を吐いているのがトロサーモンの久保田かずのぶさん。

画像出典:livedoor

動画を撮影しているのが、スーパーマラドーナの武智正剛さん。

画像出典:hochi

トロサーモンの久保田かずのぶ氏の横で笑っているのが、M-1グランプリ2018で2位だった和牛の水田信二さん。

画像出典:eximg

トロサーモン久保田の暴言は許されるのか?

ほぼ同期で、一度解散し、再結成するなど努力している後輩であるスーパーマラドーナの敗退に、よほど悔しかったのでしょうけど、それを上沼恵美子さんへの暴言として発散する。

また、スーパーマラドーナの武智正剛さんは、M-12018に出場し、上沼恵美子さんに直接笑いとして返す場があったにも関わらず、後になって欠席裁判のように上沼恵美子さんに対して「更年期」とバカにするような発言し、それをネットに公開してしまう。

それは流石に、大人として、社会人としていかがなものかと。

トロサーモン久保田はなぜ松本人志にクソと言わないのか?

トロサーモン久保田さんの上沼恵美子への暴言騒動に関して、非常に不可解な点があります。

トロサーモン久保田さん、スーパーマラドーナ武智さんは、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属されているお笑いコンビです。

一方で、上沼恵美子さんは、上沼事務所という個人事務所で活動をされています。

トロサーモン久保田さんは、上沼恵美子さんのM-1での採点が気に入らないとして、「もう辞めてください」「クソが」と暴言を吐いています。

ここで一つ、興味深いデータを紹介させて頂きたいと思います。

M-1 2017の審査員採点データ

M-1 2017 トロサーモンは、結成15年目のラストイヤーとして出場し、決勝でミキと和牛をやぶり、見事、優勝をされています。

M-1 2017の予選で、上沼恵美子さんは、トロサーモンに対して93点という高得点をつけています。

これは、他の審査員の中でも、最も高い点数です。

一方で、松本人志さんは、それよりも1点低い92点という点数をつけています。

引用:yama10camera

「上沼恵美子さんは、好き嫌いで点数をつけすぎる」

という批判をされておられるようですが、M-1 2017の決勝での上沼恵美子さんが、好きで贔屓していると主張しているミキではなく、和牛を1位に選んでいます。

松本人志さんも同様に、和牛を1位に選んでいます。

出典:excite

M-1 2017は、

「和牛の方が面白かったのに…」

「ラストイヤーの忖度じゃないのか?」

といった噂も広がった、疑惑の残る大会でもありました。

M-1 2018の審査には、この時の教訓も活かされていたはずです。

M-1 2018の審査員採点データ

トロサーモン久保田さんが、上沼恵美子さんに対して「クソが」と暴言を吐いたM-1 2018の審査員の採点ですが、上沼恵美子さんは、スーパーマラドーナに対して、89点の点数をつけています。

これは、中川家の礼二さんに次いで、2番目に高い点数です。

一方で、松本人志さんは、85点と、審査員の中で、最低の点数をつけています。

出典:nicovideo

つまり、上沼恵美子さんは、松本人志さんよりも、スーパーマラドーナを4点も高く点数をつけて評価しているわけです。

仮に、審査員の上沼恵美子さんの点数を抜いたしても、スーパーマラドーナは7位で、予選通過は出来ていません。

上沼恵美子さんを、「クソが」と批判するのなら、その前にまずは、松本人志さんに対して「こっちは人生かかっとんねん」「このクソが」と批判するべきなのです。

では、なぜしないのか?

それはよしもとクリエイティブ・エージェンシーのお世話になっている大先輩であるからに他ならないと、言われても仕方が無いのではないでしょうか。

審査員の1点で人の一生は変わるのか?

トロサーモンの久保田さんは、

「自分の感情だけで、審査せんとってください。」

「1点で人の一生変わるんで。」

と、上沼恵美子さんを批判しているようですが、果たして本当の事なのでしょうか?

出典:nicovideo

M-1 2018 で上沼恵美子さんがエコひいきしたと噂されているミキ。

上沼恵美子さんは、高得点の98点をつけています。

松本人志さんはミキに対しては88点と低い点数をつけていますが、ネタの好き好き、タイミング、男女という性別の違いだってあるわけですからね。

じゃあ、上沼さんが高得点をつけたミキが決勝に残れたかというと、結果は4位で予選敗退しています。

一方で、上沼さんが、審査員の中で最低得点である88点をつけたジャルジャルはというと、3位で決勝に進出しています。

つまり、上沼恵美子さん一人が最高得点をつけようが、最低得点をつけようが、その点数だけで、M-1の決勝への進出が決まるわけではないのです。

また、例えM-1で優勝できなかったとしても、爪痕さえ残すことが出来れば、

オードリーをはじめ、千鳥、ナイツ、ハライチ、南海キャンディーズ、メイプル超合金、ピース、U字工事、ハリセンボン、スリムクラブ…

と、数多くのコンビが、大活躍しているわけです。

M-1に優勝したコンビよりも、活躍しているお笑いコンビも多数いるわけですから、M-1の結果で全てが決まるという事でもないわけですね。

上沼恵美子さんはラジオで審査員の引退を発表

トロサーモン久保田さんの発言を聞いてか、聞かずか、上沼恵美子さんは、ラジオでM-1の審査員を引退する事を発表されています。

上沼恵美子さんは以下のように語っておられます。

「わたしみないなこんな年寄りが、ちょこんと座って偉そうにしている場合ではないんですよ。」

「だから私は(M-1審査員を)引退します。」

「むしろ(M-1に)出たいですね!」

自虐はウケないといいつつも、本人は自虐を交え、最後はキッチリ笑いに繋げておられるわけです。

お笑いとして、人として、いったいどちらが上だと言えるのでしょうか?

トロサーモン久保田とスーマラ武智 ツイッターで謝罪

トロサーモン久保田に対するネットの反応

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

このサイトが気に入ったら
いいね!してね!

Twitter で