【政治 安倍】入管法改正の内容と問題点!移民政策で日本は中国に乗っ取られる!西村幸祐

単純労働 外国人受け入れ

11月3日産経新聞

日本政府は11月2日に、出入国管理法改正案を閣議決定しました。

そして、衆議院議員に提出しています。

この出入国管理法改正案とはどういうものかと言いますと、外国人労働者の受け入れ拡大に向けて、新たな在留資格を創設するという内容のものです。

経済成長の阻害要因になっている人手不足に対する狙いですね。

そして、単純労働分野での就労を認め、高度な専門人材に限っていた従来の受け入れ政策から転換します。

日本政府は、今国会で成立させたうえで、年内に職場や自治体などの対応策を策定し、来年4月からの運用を目指すと書いてあります。

この改正案の内容なのですが、一定の知識、経験を必要とする特定技能1号と、熟練した技能が必要な2号の在留資格を新設します。

そして、この1号は在留期間が通算5年で家族の帯同を認めませんが、2号は帯同を認め、条件を満たせば、永住にも道が開けます。

この請けいれは、人手不足が深刻な分野に限定して、介護などの14種を検討しているという事です。

安倍政権が強引に進める外国人移民政策

三輪和雄三輪和雄

これね、来年4月から運用というのは、4月に入国管理庁が出来るんですよね。

それに合わせてとしか思えないんだけど、いずれにせよ、これはちょっとここまで焦る必要があるのかと。

確かに、人手不足という面はありますし、コンビニなんかに行けば外国人ばっかりだったりね、という事は分かるし、少子高齢化という流れの中でね、大企業だけではなく、中小企業あたりからの要望も非常にあるというのは事実なんですよ。

三輪和雄三輪和雄

とはいえ、経済の法律なんかは、一回決めても、また変えることは可能だけど、こういう人の身分に関するものはね、やっちゃったら途中でもう切る事は出来ないんですよ。

それから、人・モノ・金の自由化とか言うけれども、モノとか金と違って、人というのは自分の意志で動くからね。

一回入っちゃったものを、期限が終わったから帰りなさいと帰れるかどうか。

日本でやりたい放題な人権商売人の実態

三輪和雄三輪和雄

特に日本みたいな、人権を商売にしている輩が、跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)している所で、出来るかという事を考えると、いくらなんでも、来年4月というのは、あまりにも拙速だという気がしますね。

欧米で失敗した移民政策を日本で強行する安倍政権

西村幸祐西村幸祐

おっしゃる通りでね。

結局ね、欧米社会が今直面している問題で、欧米社会が失敗をした、明らかに失敗であるという結論がこの2018年、この2~3年間でそれが明らかになってきたわけですよね。

それは何かって言うと、移民ですね。

ですから、各国でそれぞれ大きな問題になっているわけで、今もアメリカではですね、中南米からですね、ホンジュラスでしたっけ?

メキシコを通ってですね、アメリカに入国するだというその1団が、1万人近い人たちが行進をしているような、そういった状況でね。

それで、要するに何の根拠も無いわけですよ。

その人たちがアメリカに行くという。

ただ単に、アメリカに行けば職が得られる、アメリカで生活をしたいという人たちが、それが集団になって、今移動していて。

トランプ政権は、メキシコとの国境の所に、軍隊を配備したわけですよ。

移民政策に失敗した欧米の悲惨な実情

西村幸祐西村幸祐

じゃあね、そういう事がなぜ起きたのか、それとあとドイツのメルケル首相の問題。

メルケルが、EUを象徴する存在として、そしてEUの優等生のリーダーという。

実際、経済的にも強かったわけで、そんな綺麗ごととは別に、メルケルの持っていたものというのはあったわけですよね。

一時期まではね。

ところが、そういったものが、どんどん、どんどん瓦解してきた理由というのが、まさにこの移民なわけですよ。

それで、中東からのシリア戦争、あるいはアフリカからのそういった難民の収容にかんしても、ドイツは他のEU諸国に比べてですね、非常に受け入れを肯定的にアピールしていたわけですね。

そういったものが全部裏目に出ているんわけですよね。

西村幸祐西村幸祐

今だって、フランスのパリなんてひどい状況になっていますし、そういった問題にですね、欧米が直面している事を、なんで日本が繰り返すの?っていう事なんですね。

人手不足だったら人手不足で、もっと他の解決方法を考える必要があるわけで、少子高齢化社会という問題をね、少子化の問題だって、まだまだやらなければいけないことは、いっぱいあるわけですよね。

それに反してですね、急にこれ、拙速って三輪さんおっしゃったけど、本当にね何年の4月のすぐですよ。

来年の4月に法律が通っちゃって、これでいいですかって事ですよ。

入管法改正をなぜ強行に進めるのか?

西村幸祐西村幸祐

もしかして、この法案が出てくるよと、政府が閣議決定したよというニュースを知った人でもね、これはまだ先のことなんじゃないかと思っている人、いると思うんですよ。

しかし、きちっと見れば、もう来年の4月に施行されるって事でしょ。

今でさえ問題になっているわけじゃないですか。

多くの外国人労働者の色んな問題が、増えてきていますよね。

外国人による犯罪や病気やトラブル

西村幸祐西村幸祐

それから、不法滞在の問題も含めて、犯罪の増加、あるいは特定の病気の増加、あるいは地域住民との色んなトラブルですね。

ゴミの出し方とか含めてですね、色んなことが、ちょこちょこ、ちょこちょこ、問題になっていますよね。

それがですね、一気に爆発することになるわけですよ。

三輪和雄三輪和雄

ヨーロッパでさえこうなんですよ。

ヨーロッパというのは長い間ね、そこら辺に関しては日本よりも遥かにベテランなわけね。

そこのヨーロッパでさえ、もうお手上げ状態なんですよ。

反日中国人・韓国人を大量に日本に入れようとする安倍政権

三輪和雄三輪和雄

それからね、もう一つね、ヨーロッパで苦労しているのは、イスラム系が多いから文化の違いなわけね。

ところがね、日本の場合はね、そうじゃないんですよ。

何が言いたいかというと、ヨーロッパに来るイスラム人は、イスラム文化を持ち込んで、そこに摩擦が生じるかもしれないけど、例えば反ドイツではないんだよね。

反フランスでもないんだよ。

三輪和雄三輪和雄

ところが、日本に来るこれからの外国人というのは、どこから来るかというと、例えば中国や朝鮮半島ですよ。

そうすると、ここら辺はもう偏見でもなんでもなく、反日的な教育を受けている人達なの。

だから、ヨーロッパの失敗どころじゃないんですよ。

敵地に乗り込むような感覚で来る人達もいる。

それから、中国なんかは国家の意思で、非常に工作員なんかを送り込む可能性もあるわけ。

中国が狙う日本に対する人口侵略

西村幸祐西村幸祐

現にね、中国人民解放軍の幹部がですね、要するに人口侵略という事を、はっきり言っているわけですから。

これは嘘でも何でもなく、はっきり言っているわけですね。

中国人民解放軍が確立した超限戦の正体

西村幸祐西村幸祐

それで、そもそも今世紀の初めころにですね、確立した「超限戦(ちょうげんせん)」という戦法というか戦略ですね。

これを人民解放軍が確立したわけです。

それは何かって言うと、あらゆる限界を超えて戦争は行うべきだと。

それで、単に武力だけの戦争ではなくてね、例えば、世論戦だとか、情報戦というね、そういった工作、あるいは、プロパガンダの利用ですよね。

外側からどんどん弱体化させて行くというそういう戦略。

それと同時に、人口侵略という事もね、当然考えているわけで、実際にそういう事を、資料を出しているわけですよね。

西村幸祐西村幸祐

とにかく、一人っ子政策を中国は辞めましたよね。

辞めた後はっきり言っているのは、子供をいっぱい作ってもいいから、どんどんそれは移民させて、そして中国共産党のために、まぁ、中国共産党のためにとは言わないですね。

人民解放軍の幹部がですね、「チャイナのために」って言うわけですよ。

国のために働くと、それで人民解放軍の先兵としてね、働いてもらうという事を、公言してるわけですからね。

移民政策で日本は中国に乗っ取られる

三輪和雄三輪和雄

これはもう完全に、乗っ取られちゃいますよ、国は、日本は。

北海道の土地を買いあさる中国人

西村幸祐西村幸祐

現にね、今の状態でさえ、北海道で大問題になっていて、土地が買われているわけですね。

それと同時に、沖縄に至ってはですね、反日の知事が誕生して、そしてその非常にこれから危うい状況が、色々と想定出来るわけですね。

徴用工判決後に韓国で日本企業の就職説明会

西村幸祐西村幸祐

おまけにね、韓国の徴用工判決。

ああいう事があったにも関わらずですね、こんな事が行われるんですよ。

西村幸祐西村幸祐

今年の11月5日、11月7日に何が行われていたかというと、日本企業が集まって、ソウルと釜山で韓国人に対して就職の案内をするっていうんですよ。

就職説明会ですよね。

大学の新卒に行うようなね。

それをやるって事が決まったというか、行われているわけで。

西村幸祐西村幸祐

これね、あの徴用工の問題があってですよ、普通に考えたら国交を断絶したっておかしくないような状況の国にですね、なんでこんな事をやるのかと。

こういう動きが出てきたっていうのは、これは単純労働では無いでしょうけど、要するにね、こういった気運というものが、ベースになっているんじゃないですか?

どうですか、その辺?

三輪和雄三輪和雄

ほんとそうだと思います。

で、特に韓国では、日本が怒ってるぞといいつつこんな事をやっているじゃないかという、逆手に完全に位取られるからねこれは。

西村幸祐西村幸祐

さっき三輪さんがおっしゃっていたように、日本に反感を持っている連中がいっぱいいますよね。

三輪和雄三輪和雄

単に文化の違いじゃないんですよ。

日本の場合は。

韓国人は日本人に対して思っている本心を暴露

西村幸祐西村幸祐

そういう人たちがですね、この機会に日本に行って、それで日本をかき回してやろうと、そういう人間は当然応募しますよ、間違いなく。

韓国の、ネット掲示板を見ていれば分かりますもん。

だって、今回の徴用工の問題だって、例えば河野外務大臣が言っている真っ当な事ですね。

あるいは、安倍首相が言った、今回の原告は、徴用工でも無いし、応募の人だったと、事実を言っているわけですね。

西村幸祐西村幸祐

ファクトを説明しているんだけど、それに対して

「安倍の野郎は何言ってだ」

「歴史を知らないヤツらはまた原爆でもくらえ」

平気でそういった事が、ネット掲示板で、ニュースサイトのですよコメント欄に書き連ねられるわけですから。

これから起こる第2、第3の徴用工問題

三輪和雄三輪和雄

そういう人たちが来て、仮に能力が無くて、クビになったとすれば、絶対にその恨みつらみをね。

西村幸祐西村幸祐

第2、第3の徴用工になりますよ。

だって、同じことですから。

募集で来た人だっていっぱいいるわけで、現にこの前の裁判の原告は、徴用された人ではなくて、自ら募集に応じて、応募した労働者の人なんですよ。

それが原告になっているんですね、この前の裁判の4人というのはね。

日本人はなぜ安倍政権に怒らないのか?

西村幸祐西村幸祐

だから、全く同じことの繰り返しになるわけですね。

こんなバカげたこと。

中止にできないんですかね、この就職説明会。

じゃあ、これを管轄している日本の官庁はいったい何なのか。

外務省なのか、

三輪和雄三輪和雄

経産省あたり

西村幸祐西村幸祐

経産省ね。

ですからね、まず官邸でしょうね。

官邸に対して、質問、あるいは抗議のですね、そういったメールなり、連絡をですね。

これはね、日本国民だったら、今声を出すべきじゃないですか。

三輪和雄三輪和雄

これは、突然中止云々言うかもしれないけれども、ああいう判決が出たわけですからね。

状況が変わったわけだから。

これは当然ね、中止してしかるべきだと思いますね。

韓国で再々行われる日本企業の就職説明会

西村幸祐西村幸祐

しかもね、これは11月に非常に大掛かりにやったわけですが、今回のこれが出る前に、今までにも何回もやっているんですよ、韓国の中で、その説明会というのをね。

実はずーっとやっているんです。

それは、やはり日韓議連の政治家も当然、そういう事を推進していた母体だった事は、間違いないわけですね。

韓国人を苦しめる悲惨な不況の原因

西村幸祐西村幸祐

韓国は今不況で、大変なんです。

それもまさに文在寅政権のね、責任であって。

あれだけ企業を締め付けるような法改正をやってですね。

三輪和雄三輪和雄

企業は敵だと思っているわけだからね。

西村幸祐西村幸祐

それこそ、北朝鮮の労働党の一部が今、青瓦台というですね、韓国の大統領府に入っていると言っても過言では無いわけですから。

文在寅大統領の恐るべき正体

三輪和雄三輪和雄

廬武鉉やね金大中よりも酷いですよ、左ですよ。

今の文在寅という男がやっている事は。

西村幸祐西村幸祐

だって、廬武鉉大統領の時はですね、今の徴用工の問題も、個人請求というのは請求できないという事は、廬武鉉大統領ですらですね、言っているんですよ。

三輪和雄三輪和雄

その時に、文在寅は秘書室長なんかでしょ。

西村幸祐西村幸祐

だからそれが、廬武鉉氏がああいう形で自殺した、謀殺に近い自殺と言ってもいいかもしれません。

それはよく分かりませんが、それだけのやはり怨念というか、そういうものを持っていてね、それに復讐するという意味で、今大統領になったわけですから、当然今回の判決だって。

あの判決だってね、大統領が何一つコメントしていないっておかしいでしょ。

徴用工判決は明らかに文在寅が進めている

三輪和雄三輪和雄

おかしいですね。

あれはだから、裁判所が勝手にやった事だ、みたいなね。

西村幸祐西村幸祐

逃げてるんですよ。

自分で、進めたのは間違いないわけで。

というのは、朴槿恵の時は、最高裁の判決を出るのを先延ばしにしていた最高裁の人を、逮捕しているんですからね。

文在寅大統領は。

中国人・朝鮮人の単純労働者を受け入れてはならない理由

三輪和雄三輪和雄

要は、そういう国とかね、中国という国というものがあってね、こんな風に単純労働を受け入れたらどうなるかというのは、普通の想像力を持っている人なら、子供でも分かる事ですよ。

西村幸祐西村幸祐

だからこれ、単純労働でね、外国人の受け入れを増やすっていうんだったらば、台湾、ベトナム、インドネシア、フィリピン、そういう所でまず大々的な説明会をやるべきですよ。

なんでね、ソウルと釜山でやるのかっていう事なんですよ。

それだったら、まだ理解出来るんじゃないですか。

三輪和雄三輪和雄

ただ、この単純労働の外国人を受け入れなければいけないような状況だという、必ずこれに関してねこういう事を言うと、じゃあどうなんだという反論が出てくるんですよ。

それに対してね、私はもちろんね、少子化を防ぐ事を、色んなことをやらなくちゃいけないけど、当面はね、やっぱり今の日本人が多少の不便さは甘受するという事でね、決意しなくちゃいけないんじゃないかと。

コンビニは24時間やる必要はあるのか?

三輪和雄三輪和雄

コンビニだって、24時間やる必要は無いんですよ。

セブンイレブンが出来た時にご存知のように、朝7時から夜の11時までだったんだから。

だからね、もう夜の11時くらいには終わると。

三輪和雄三輪和雄

あるいは、どうしても必要であれば、その地区内でね、例えば今週はセブンイレブンが24時間営業をすると。

次の週はローソンがする。

次の週はファミマがやるとかですね、ともかく24時間とか、あるいはアマゾンなんかで注文してね、翌日来なくても、2日でも3日でもしょうがないよと。

それで、緊急の場合は自ら店に足を運ぶと。

西村幸祐西村幸祐

牛丼、うどんをね、24時間食べられなくたっていいわけでね。

ほんとにね、そういった所から、私たちが、日本人一人一人がね、自分たちの生活の見直しも含めてね。

それをトータルで考えて。

三輪和雄三輪和雄

ある種のサービス低下は仕方ないと思う。

西村幸祐西村幸祐

それで、どういう仕組みを作っていくのかという、そういう議論を先にするんだったらいいですよ。

それがね、4月にこの法律が施行されるというのはね、これは明らかにおかしいですよ。

三輪和雄三輪和雄

それとね、どうしてもこれをやるであればね、来年4月なんていうのはとんでも無い話で。

やる前にやんなきゃいけない事はいくらでもあんのよ。

西村幸祐西村幸祐

5年先とかね、例えばね。

日本でスパイがやりたい放題の実態

三輪和雄三輪和雄

例えば、スパイ防止法的なものね。

まぁ、スパイ防止法という名前は一回失敗していますけど。

ともかく、スパイ防止法的な法律だとか、色々日本でやるべきことをやって、それでなおかつ色んな合理化をはかっても無理であったら、その時にはじめて少しずつ入れていくとか。

西村幸祐西村幸祐

あと、入管法の厳正な適用ですね。

それとそれを見守るそういった機関をちゃんと作らなければいけない。

ところ今、旧メディアはね、逆のことをやっているんですね。

例えばフジテレビが報道した、入管センターでのドキュメンタリーを報道した、それを批判するんですよ。

あれは差別だなんて言ってね。

おかしいわけですよ。

三輪和雄三輪和雄

朝日新聞をはじめとする人権商売人がこれだけいるところで、これはあまりにも時期尚早だと思いますね。

来年4月だなんて、とんでもない話でね。

西村幸祐西村幸祐

朝日新聞だけに就職させるんだったらいいですけどね。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

One Response to “【政治 安倍】入管法改正の内容と問題点!移民政策で日本は中国に乗っ取られる!西村幸祐”

  1. 山中樵 より:

    日本の保守派が安倍総理がどんな政策を採ろうとも、擁護し続けてきたツケが一気にやってきた。靖国参拝や拉致問題、消費税増税など「安倍さんの売国はキレイな売国」と、自分たちが裏切られているという現実から目を逸らしてきた。

    西村さんの言ってる事はもっともなのだけど、自分がこれまで安倍政権を持ち上げてきた罪の深さと向き合う必要がある。

    特に西村さんは戦後70年談話について「村山談話を上書きする見事な談話だった」と絶賛していた。その反省はあるのか。

    中西輝政教授はさすがにここで見切りを付けたようですけどね。

コメントを残す