中国のチベット・新疆ウイグル侵略の真実!侵略国家 中国の正体!武田邦彦

中国は確実に侵略国家である

これはですね実は中国という国ははっきりと現在は侵略国家なんですよ。

ですから、これは日本の国内でですね中国が侵略国家であるということをですね、やっぱ合意しておいたほうがいいんじゃないかと。

リベラル派と右翼の論客と言われる人たちがですね、よく話し合って平和を愛するという意味では中国というのは侵略国家に認定できるんだと、そういう風にして中国を一応認定したほうがいいんですね。

中国を信奉するリベラル派の正体

それは、これはかなり難しいのはですね、昔からですねリベラル派っていうのが、左翼の方はですね中国信奉派ってのがいるんですよ。

それから昔は共産主義信奉派ってのがあってですね、それで中国とかまあ共産主義はやたらとですね無批判に尊敬しちゃうんですね。

その一番典型的なのがまあ東西対決のときにですね日本人の左翼の人、社会党あの当時だと社会党ですね。

まぁ今でいえば、隠れ社会党というんでしょうかね。

それとも共産党の一部の人かもしれませんが、もう中国のやることならなんでもいいんですよ、なんでも正しいんですね。

同じことをやってもアメリカがやればアメリカ帝国主義がやった悪さだと、中国がやればそれは非常に正しいんだと。

まあ中国は正しい人たちの集まりで、アメリカは悪魔の集まりだからって分類するのが昔のやりかたですね。

リベラル派のダブルスタンダード

それの一番典型的なのが、中国の原発は綺麗な原発だからいいんだと。

アメリカの原発は汚い原爆だからダメだとこういうのがあったんですね。

核兵器の論争の時に中国の核兵器は綺麗だったんですよ。

つまりこれは正義を守るための剣(つるぎ)だから正しいんだとこういう理屈ですね。

原発に綺麗も汚いも無い

ところがアメリカは元々悪なんだと、だからアメリカの原爆は汚いんだと。

原爆は科学的にどっちも同じなんですね、ウランを爆発させますから。

まあ共産主義で作った原爆が放射線物質は出さないなんてことはないんでね、だからインチキなんですけども、まあ人間の心としてそういう事を言ったわけですね。

非常に偉い人が言ったんですよ、言えば例えば東大の教授とかノーベル賞候補者とかそういうクラスの人たちが真面目な顔をしてですね

「中国の原爆は綺麗な原爆だ」、

「アメリカの原爆は汚い原爆だ」

「だから我々は中国の核兵器は支持するけどアメリカの核兵器には反対だ」と。

いやねぇ、東大教授あたりがそんなこと言ってもらうと国民は混乱しますよ。

やっぱ本当かなって人もでてきますからね。

で、そういうことでまあ中国を侵略国家って日本の中で固定するのはなかなか困難が予想されるんですが、しかしもう現在、歴史事実がそうですからやっぱりそこんとこはっきり見たほうがいいわけですね。

第二次世界大戦とアジア・アフリカの独立

えっと、第二次世界大戦では日本がですね、いいか悪いかちょっとここで議論したくない。

私はいいと思うんだけど、悪いという人もいますからそれは避けといて、第二次世界大戦で日本はとにかく奮闘・努力してですね、

有色人種でただ一人イギリスとかフランスとかオランダに勝って、まぁその前にドイツにも勝って、まぁ第一次世界大戦ですが、

世界に平和をもたらしたわけですね。

第二次世界大戦のあと、アジア・アフリカの人たちはみんな独立して今の世界ができたわけです。

それができたのが1945年ですよ。

まあ日本が戦争が終わったとともに、まあそういう世界に移っていったってわけですね。

第二次世界大戦後 侵略を進める中国

ところがそん中で唯一、戦後ですね、つまり第二次世界大戦のあと侵略に侵略を重ねた国が1個だけあるんですよ、世界で。

それが中国なんですね。

中国は1950年からチベットを占領し、これ武力でですよ。

まぁ多量の虐殺をし、新疆(しんきょう)ウイグル地区を占領し、ここはトルコ系の開教ですからねイスラム教ですから。

相当違う文化を持っているんですが、これを占領しそれからモンゴルの南、内モンゴルというところなんですけどこれを占領し、さらに日本が持っていた満州も占領しました。

満州は元々中国のものではない

満州っていう国はもともと今の中国支那とは違うんですね。

これは私がよく言ってますように、満州は違う国ですよってことも支那地方に住んでる人はもう繰り返しいってるんですね。

それが今の万里の長城です。

万里の長城は北京のから車で1時間もいかないところにずーっとあるんですね、つまり北京がだいたい中国の北の端なんですよ。

ですから、満州っていうのは別の国なんですね。

たまたま秦のときに満州の人たちが中国を占領してたってことで、中国が満州を占領してたってのはないんです歴史的に。

あそこには昔から金とかですね、漁とかですねまあそうゆう国がおったわけです。

まあ言わば遊牧民ですからね。

低地に住んでて農耕している中国の漢民族なんかとは全然種類が違う人たちが満州に住んでてそれでその秦のときに、中国を満州人が攻めて支配してその最後くらいのときに日本が満州を今度独立させたと。

ですから秦の最後の皇帝をまぁ傀儡でしたけど一応連れてきて満州国を作ると。

だから、支那は一度も支那というものですね支那という国は一度も満州を占領したことないんですよ。

国にしたことないんですね、逆は1回あったんですけど。

チベット・新疆ウイグルは中国の完全な侵略である

だから現在のチベット・新疆ウイグル・内モンゴル・満州っていうのは完全に侵略地なんですよ。

ですからやっぱり侵略地を早く返しなさいってことは、絶えず国際的に中国に言わなきゃいけないんですね。

台湾は中国のものではない

台湾は非常に微妙ですが中国のもんじゃないでしょうね。

それから、あれ1900…57年だったかベトナムに侵攻しますね

それからまあ、あの朝鮮半島にも侵攻します。

つまり中国支那、中国共産党ですね。

支那に正しければ支那という地域にいた中国共産党は支那の統一政府としては理解ができますが、チベット・新疆ウイグル・内モンゴル・満州・台湾・北朝鮮・ベトナムなんていうのはですね、

全然、支那の中国共産党と関係ない地域ですよ。

ですからそれをずーっと戦後、まあ60年70年にわたって占領状態を続けていると。

チベットで150人に及ぶ僧侶の焼身自殺

画像出典:1.bp.blogspot.com

現在でもチベットでですね、150人及ぶ僧侶が焼身自殺をしてる、元首は国外に追放になってるということですから、明らかに占領なんですよね。

やっぱこれをですね、国際世論を動員してですねやっぱり中国支那の人にですね丁寧に、「あなたがたね…この世の中よ…」と、せっかく日本が頑張って戦って、

それまでイギリスの植民地、4千万人のイギリス人が4憶3千万人の人を植民地にしてたそれを覆して、世界はみんな民族が独立してるのよと。

そこで貴方たちだけが、チベット人とかウイグル人とかモンゴル人とか満州人はては、朝鮮人とかベトナム人まで自分の国にしようとしてるけども、それ止めたほうがいいですよと。

それはもう時代錯誤なんだと。

中国の嘘に日本人は騙されてはならない

日本がかつてやったことに対して、中国共産党が非常に強い反感を持っているのは自分たちが侵略したいからなんですね。

日本が侵略したんじゃないんですね、論理を逆転してるわけなんですね。

日本は侵略しなかったけど中国は侵略してる。

それがばれるといけないので、反日ということで日本の侵略を過去の侵略を許すなといってるんですけど、これは論理をすり替えてるだけですね。

これは日本人であればリベラルな人でも左翼の人でも右翼の人でも合意できると思うんですよね。

だって地図がそうなんですから、まず教科書から変えないといけませんね。

子供たちに教える教科書は支那のところに中国共産党支配と書いてそれから、チベットとかウイグルには「中国占領地:チベット」「中国占領地:ウイグル」「中国占領地:内モンゴル」モンゴルかな、

それから「中国占領地:満州」と、こう書かないといけないと思うんですね。

だから、そういうことから始めて平和を愛するためには、他国が占領してる状態を認めるとですね、やっぱり平和っつうのは上手くいかないと思うんで、

そこんところをもう少しきちっとやったらいいんじゃないんかなと。

まずそう思いますので、まあ平和を愛する人たちへの呼びかけの二はですね、中国をまず侵略国家であるという規定をしてですね、それを国際社会に訴えるとゆうまあ必要があろうかと思います。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

コメントを残す