なぜ捕鯨IWCを脱退したのか?捕鯨のメリットと問題! 高山正之 上島嘉郎

日本が国際捕鯨委員会 IWC脱退を決定

上島嘉郎上島嘉郎

12月26日付産経新聞1面ですけれども、IWC脱退閣議決定、政府は25日の閣議でクジラの資源管理を担う国際捕鯨委員会 IWCからの脱退を決定したと。

IWCは、反捕鯨国が加盟89カ国の過半数を占め、捕鯨国と反捕鯨国の対立結果で機能不全に陥っており、IWCに残ったままでは商業捕鯨の再開は難しいと判断したということで、まあこれまでもIWCの問題というのは、

ずっと指摘されていましたし、ざっくり言ってしまうとそのクジラという一つの資源を保護しつつ、人間と自然の調和を図っていくっていうようなこのIWCの目的からまったく逸脱していて、ざっくり言えば日本をいじめるという機関でしかなかったと言って差し支えないと思うんですけれども。

日本を見下すポール・マッカートニー

高山正之高山正之

いやもうまさにその通りでね、これ加盟89カ国っていうけど、その本来のIWC、International Whaling Commission、ホエーリングていうのは捕鯨っていう意味で、捕鯨する各国が協定を結んで制限したりなんかしあってた。

そこに、あるときを境に、要するに欧米にとってはクジラの油が、潤滑油として最高だった。

なのでそういうものをやってたのが、もはやクジラから油を取らなくてもいい、合成の潤滑油ができたっていうのを境に、ポンと捕鯨をやめた。

やめた瞬間に、やめたと同時に、もう一つは、あのときアメリカはベトナム戦争やってる最中でね、ベトナムで枯葉剤を撒いたり、いろいろ悪いことをやってた。

そういう人道問題が明るみに出たときに、それをすり替える話題作りでね、ちょうど自分たちが撤退するホエーリング、捕鯨から撤退する時期に、これをかましたわけだ。

なんと人間の友達、高等知能をもっているクジラを日本はこんな殺して、肉をあさり、骨までしゃぶる、まるでカニバリズムだと。

人間の友、クジラを食うんだから、まさに人肉食いだっていう、これポール・マッカトニーだとかショーン・ペンだとかね、ちょっと時代違うけど、今もやってるんだけど、日本を見下すための大きな問題点にしたの。

だってそのときに、さっきも言ったけど、最初は捕鯨国で作った団体に。

世界が行う徹底した日本イジメ

上島嘉郎上島嘉郎

捕鯨に関係ない国がどんどん入ってきてね。

高山正之高山正之

スイスが入ってきたり。

お前、山で、レマン湖でどうやってクジラ捕るんだバカ、みたいな、そんな国までドヤドヤ入ってきて、唱えるのは日本が野蛮だというだけでね。

一番最初はどういうやり方したかっていうと、政府委員だけ出て、各国の水産庁関係の政府委員が出るんじゃなくて、もう捕鯨やめちゃったから、水産庁にその部門なくなるから、それを自然保護団体のやつにそのポストを移譲して、その国の代表として出す。

それでだから、日本以外、日本とノルウェーなんかを除いて、他の委員っていうのは要するに自然保護団体のヒッピー連中だった。

それで日本人の代表のところに赤インクをかけてね、侮辱したり、毎回そういうことをね、人種吊るし上げっていうの、クジラを食う日本人というステレオタイプにした標的を使ってね、日本いじめをやってきた。

だからこんなところに日本はいる必要がないんだよ、いて、いじめてくださいってね、僕悪いんです、もっとぶってぶってみたいなさ、そんな感じでいて、それはもうやりきれんわ、っていうんでね。

いくらイジメても怒らない日本人のマゾ気質

上島嘉郎上島嘉郎

そうですね。

これ別に感情的に脱退っていうよりも、これまでもずっと隠忍自重して、IWCそのものの改革に取り組んできたけれども、もうさすがに無理だと。

で、実際日本政府として、第2のIWC、まさに捕鯨をする国にとってのこういう必要な機関を作っていこうという、構想も含めた上でこういう決定をしてますし。

これまたね、朝日新聞なんかを見るとね、やっぱりこういう国際機関からの脱退っていうのは、戦前のね、さっき高山さんがおっしゃったリットン調査団の報告を受けての国際連盟にひきつけるようなイメージで、まあそのもっと冷静になれとか、大人げないというようなニュアンスの社説をすぐ展開するわけだけれども、

しかし今高山さんがおっしゃったとおりで、集団いじめの場にずっという耐えていたようなもんですよ。

個人の生活にちょっと置き換えれば、もういい加減にやめてくれと、我々は新しい環境に行くよ、っていうことなんであって、私はこれやっぱり国民がその強くかつ冷静にこれを支持していくっていうことが大事だと思うんですよね。

外国人にも生活保護や医療費を出す日本人

高山正之高山正之

こういう、IWCも含めて国際機関って日本は入らなくていいようなね、要するに日本くらい人権を尊びね、なにもかも。

だってあなた、外国人にさえ生活保護を出してるね、日本人の税金で。

上島嘉郎上島嘉郎

医療費もね。

高山正之高山正之

出してやってる、そんな福祉国家ないですよ。

そんな国が、なんであの国連人権委員みたいな入るの。

あれ入ると、入ったメンバーでいじめっ子をやるわけよ、もう本当にたちの悪いね。

そういうたちの悪さがなんか、社民党の、滅びゆく社民党の社是がさ、いじめっ子しましょうみたいな、陰険ないじめは社民党、みたいのがある、共産党も乗っかってるんだけど。

そういうなんていうの、組織が、日本は喜んでいまだ入ってた、ユネスコもそう。

でもう全く機能してないところは、例えばアメリカみたいに出ちゃうとか、いう区切りは何もできなかった。

でも今度IWCはね、そういうところでもやめられるんですよ。

いうことで一つの手本を見せて、だからそうすると国連人権委員会も入ってなくてもいいようなところからどんどん出てくると、連中は食い上げになるしね。

イジメられるために金を出す日本人

上島嘉郎上島嘉郎

日本はだから、予算を引くっていう手が本当にあるわけで、いじめる側の主体に資金供給し続けるなんていうのは、こんなおかしなことはないわけで。

根本が、高山さん、国際連合って今略してますけど、連合国で、国連憲章の冒頭も、我ら連合国の国民は云々と言うところからスタートしていて、我々は旧敵国のままで実はずっととどめ置かれているっていう根本の枠がある。

今度分担金がようやく中国がね、日本の上の2番目を負担するそうなんですよ、次の年度から。

でもこれは考えてみたらね、どれほど日本がお人好しにこれまでやってきたかっていうことですもんね。

国連の出資金をどんどん減らすべき理由

高山正之高山正之

ああいうね、それこそ人権もない全く何もなくて、ウイグル100万人いっぺんに強制収容所に入れちゃうような国が、何か知らんけど、5大国をそのまま継承するみたいね。

蒋介石はさんざん日本の足を引っ張った、よくやったけど用済みだっていって、今度は毛沢東を入れてね。

それで、要するにあそこにいる5大国っていうのは、かつて米英を支えてね、日本を叩き潰しに回ってた国々の集まりなんだよ。

そんなのが5大国、模範にもならない。

ソ連なんか、今ロシアになったけどソ連なんかあれですよ、もう自分たちの思う通りにならないとビートって拒否権出すじゃない。

たった1回だけね、ビートなしでやったのは、アフガン撤退するときに国連軍で守ってくださいっていってね、国が滅びるときにね。

そんな時にしか、要するに、あいつらの都合である存在だから、別に国連はやめなくてもいいけど、出資金はもうどんどん減らしていっていいし。

上島嘉郎上島嘉郎

日本のために使うっていう、その発想で行くべきですよね。

高山正之高山正之

余計な人権委員会だとか、残虐拷問なんとか委員会、あんなの日本人、関係ないんだから。

入るのはやっぱり中国政府だけだよね、資格があるのは。

上島嘉郎上島嘉郎

いや本当に、ウイグルやチベットのね、状況を本当にすればほんとそうですよね。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す