【安倍 政治】政府賃金統計の嘘と厚労省と安倍政権の詐欺の手口!賃金の下落!尖閣諸島を中国から守る簡単な方法!三橋貴明

自民党総裁選 安倍VS石破の行方

前田有一前田有一

読売新聞の2018年9月17日の紙面、自民党総裁選ですね。

安倍氏51%、石破氏が36%と言うですねことになっています。

これは党員調査なので議員票の方は、もうちょっと安倍さんの方が高いという事で。

兼ねてから、議員票の方はもうずいぶん前から安倍さんが抑えていたと。

ただ党員の方は、前回の石破さんの前線というものがあるのでどうなるのかというところが注目されているところだとは思うんですけれども、こんな結果になっていると。

三橋貴明三橋貴明

今いろいろ討論しているじゃないですか、政策は正直石破さんは非常に抽象的なんですよね。

会議をしましょうとか、議論をしましょうとか、そういう話で総理の方が、安倍総理の方がまだ具体的な事を言っているんだけども、

どちみち予算がつかないと話にならないので、そこをクリア出来るかというのがお互いコミットメントまだしていないんですよね。

例えば、安倍総理は国土強靭化3年かけて予算を増やします言っているけれども、他を減らさないよねと。

防衛費を減らして防災するとか、そういう馬鹿なことになりかねないので。

その追加的な予算の拡大というのを、どちらかにどっちでもいいのでコミットして欲しいなと思っているのだけれども出来ていないですね。

前田有一前田有一

与党の総裁選の話ですから、やっぱり同じ政策論争でもそういう具体的な手法が問われると思うんですけれども、なかなか見ててもそこまで突っ込まないですね。

どっちもボロを出さないようにという、気持ちが大きいのかもしれませんけれども、もうちょっと国民としては突っ込んで欲しいと思います。

鈴木くにこ鈴木くにこ

早くから8割がた議員票がとか言われましたし、競っていればなんかこうなんですけどやっぱり勝ち馬に乗るという心理が働いちゃいますよね。

前田有一前田有一

そうですよね、安倍さんはボロさえ出さなきゃ別にこのまま勝てるわけで、言わないし。

石破さんも攻め切れないしで、石破さんはもうちょっと追っかてける側だから。

三橋貴明三橋貴明

具体的に踏み込んじゃってもいいんです。

例えばびっくりするような、予算を10兆円いきなり増やしますとかやっちゃっていいんですよ。

そうして初めて差別化できるんだけど、やらないんですね。

前田有一前田有一

諦めているわけじゃないでしょうけどね。

三橋貴明三橋貴明

そういうわけじゃないですよ。

前田有一前田有一

もうちょっと頑張って見えるようにしてほしいと思いますが、もう間もなくですよね9月ですからね。

鈴木くにこ鈴木くにこ

20日ですね。

商業捕鯨再開の行方

前田有一前田有一

続きましては、ちょっと久しぶりに商業捕鯨の話がありましてね。

再開遠くというニュースなんですね。

これは国際捕鯨員会、IWCの総会が行われたという事なんですが、捕鯨支持国と反捕鯨国の溝が埋まらないまま閉幕したということで。

なかなかこの問題は、日本は不利な状況なんですけども。

やっぱりザ・コーヴに代表されるようなですね、反捕鯨のところのプロパガンダ、そう言ったものが非常に効果を上げていたのかなと、こういうニュースを見ると思わざるを得ないところもありますね。

鈴木くにこ鈴木くにこ

あと生態系の維持とか、自然の維持の為の調査捕鯨だったり、増えすぎたから今回も商業捕鯨という事に日本は持っていったと思うんですけれども。

そういう化学的なものが、なんか受け入れられればになってしまっているのが残念だなと思いますね。

三橋貴明三橋貴明

本当ですね。

こういうのは、変な話食べたことの無い人にとってみれば捕鯨なんかいらないじゃんというふうに、なりやすいテーマなんでね。

なかなか構造的に日本も不利なところにいると思うんですけれども。

食文化、守るというのは難しいなと思います。

尖閣諸島を中国に取らせなくする簡単な方法

三橋貴明三橋貴明

もう一つ、産経新聞の2018年9月16日の紙面から行きましょう。

離島奪還、初の訓練場ということで、候補地が鹿児島の臥蛇島というところを検討しているという事なんですね。

離島奪還っていうのは、ずいぶん数年前から本格的にやらなきゃいけないという防衛のテーマなんですけれども。

訓練場という話までなっていると。

鈴木くにこ鈴木くにこ

これ大事ですよね。

ただ離島を奪還して尖閣諸島の周辺というか、沖縄の方とかでもうすでに日米でやっていると思うんですけども。

私行くたびに、前まで佐世保の基地も見学した事あるんですが、そこで感じたのは離島奪還の前に奪還というのは取られてしまったというのを取り返すという訓練ですよね。

それよりも、離島に上らせない。

三橋貴明三橋貴明

その通りです。

鈴木くにこ鈴木くにこ

そうですよね。

抑止をする事が一番だなと思いますね。

三橋貴明三橋貴明

尖閣諸島の問題って、あそこに自衛官でもなんでもいいんですけど公務員が住んだらもうお終いなんですよ話が。

絶対中国は取れないって形になるんですけども、それはやらないで取られたら取りやすく訓練っていろいろちょっと歪んでるなと思います。

鈴木くにこ鈴木くにこ

本当、人を住んで公務員もそうだし人も住めるように昔活動をやったくらいなんで、もしくはまず環境整備、ここ何か共同で国際で使うためにも尖閣諸島に環境整備にまず入りましょうと。

日本と、その友好国・同盟国でもいいですけど一緒に環境整備に人が入って、まず現地調査をする。

こんな事は別に何にも悪い事ではないし、堂々とやったらいいのかなと。

三橋貴明三橋貴明

本当にそうですよね。

鈴木くにこ鈴木くにこ

今回本当に注意しなければいけないのは、昨日ですか中国の方で解禁というか漁が解禁になりまして、また大量の漁船がですね尖閣の方向に向かって来るということなんですね。

安倍総理の訪中が決まっているので、その前後は中国の方も少しはって言うんですけど、そういうわけでも必ずしもないですよね。

中国でペックがあったり、いろいろ国際会議の間に小笠原諸島のサンゴの、サンゴでしたっけ問題もありましたし、そういう意味ではちょっと台風も落ち着いたあとで気をつけなきゃいけないなという事は、

ちょっと常々皆考えていかなきゃいけないなと思います。

三橋貴明三橋貴明

だって、千人の漁民さんが非難しちゃったら尖閣諸島に、どうするんですか。

自衛隊出れないですよ、残念なことに。

鈴木くにこ鈴木くにこ

現実問題だと思います。

前田有一前田有一

中国もそういう形で様子を見てきているんでしょうからね、出方をどうするのか。

中国が尖閣諸島を取る気は明らか

鈴木くにこ鈴木くにこ

中国語で実際にですね、そういう本が出ているんですよ。

尖閣諸島を取るというのを、そういうを結構台湾でも売っていたりして中国語で。

そういう意味でも本当に注意しなきゃいけないなと思います。

前田有一前田有一

日本の漫画もありますけど、意外と奪還って難しんだなと、フィクションなんでかも。

三橋貴明三橋貴明

奪還する事心配するなら取られない事を考えるべきだんですよね、どう考えても。

鈴木くにこ鈴木くにこ

本当ですね。

そっちの方がずっとコストも安く済むし。

三橋貴明三橋貴明

安いですよ。

鈴木くにこ鈴木くにこ

あと、安全かなっていう。

あとそこに変なことがあれば、それこそ国際社会がちゃんと言ってくれるんですよ、今無人だと何かあってもなんで無人の島を争うのって、本当にそう思います。

前田有一前田有一

難しい問題でございます。

という事で、時事問題を解説しました。

政府の賃金統計の嘘

前田有一前田有一

テーマの方にいきましょう、政府の賃金統計の嘘という事で、この賃金統計のニュースというのは連日出たと思うんですけども、これに嘘があると。

三橋貴明三橋貴明

これびっくりすると思いますよ、賃金統計ってどうやって取っているかと言うと、特定の事業者さんがですねサンプル集めてその集合体を毎年、1年前と比べて1前と比べて賃金がいくら上がりました、下がりましたと言っているわけですね。

前田有一前田有一

分かりやすいですよね。

三橋貴明三橋貴明

当たり前ですよね、よく考えてみたら。

この上の方ですね、要は1年前の事業者さんたちと今年の事業者さんたちは同じなんですよ。

そうじゃないと、1年前と比較してもしょうがないじゃないですか、なんの意味もないですよね。

今年の1月に厚生労働省が、この事業所のサンプリングを半分入れ替えたんですよ赤に。

前田有一前田有一

事業者を入れ替えたんですか。

三橋貴明三橋貴明

入れ替えたんです、半分。

鈴木くにこ鈴木くにこ

何でですか。

三橋貴明三橋貴明

それはいろんな事情があるからいいんですよ。

例えば、この事業者の塊だといい賃金統計は正確なのが取れないとか、いろんなのがあるのでそれは構わないんですが。

そしたら何をやっているかと言うと、変わる前の事業者群と変わった後を比較してそのまま出しているんです。

前田有一前田有一

これはもしかして、その赤く変わったところはすごく給料が高い。

三橋貴明三橋貴明

給料が高い。

前田有一前田有一

それじゃあ有利な数字が出ちゃうじゃないですか。

三橋貴明三橋貴明

だから要は、賃金が低い人たちを半分だけで、これ濃いかどうか知らないんですよ、別に濃いかどうかはいいんだけど、比べちゃいけないよねという。

前田有一前田有一

確かにそうですよね。

鈴木くにこ鈴木くにこ

下の赤い方にしなきゃいけないって事ですよね。

三橋貴明三橋貴明

そうですね、10年前も赤い方いなくちゃいけないだけど、赤い方いないんだからこの赤い方を使って入れたやつで出していいのは来年からですよ。

それはそうですよね、同じサンプルで比較しましたって事なんですから。

ところが、こういう事をやって且つ補正を本来かけなきゃいけないんですよね。

前田有一前田有一

そうですよね、補正をしなきゃいけない。

21年5カ月ぶりの賃金上昇という厚生労働省の詐欺

三橋貴明三橋貴明

だいたい0.8%くらい下げれば上と同じ感じになると言われているんですね。

それをやればいいのに、それをやらないでそれで報道をしてこうなっています。

これはざっと持ってきたんですけど、最近の安倍政権の賃金、政権下の賃金統計の報道で。

例えば、8月7日には実質賃金21年5ヶ月ぶりの伸びでって言って、それはサンプル変えたんだから当たり前だろうという話なんですよ。

前田有一前田有一

21年ぶりって言うのがすごいですね。

三橋貴明三橋貴明

これって、この中に例えばサンプルが変わりましたとか、補正かけてますとか書いてありません。

前田有一前田有一

書いてないんですか。

三橋貴明三橋貴明

書いてないです。

だから、誰が読んだって21年ぶりに実質賃金上がっているんだ思っちゃいますよね。

前田有一前田有一

思います、どう考えても思います。

三橋貴明三橋貴明

これが8月22日の日経ですね、名目の3.3%も上がりましたと。

これが7月の実質賃金、9月7日ですね時事通信が0.4%増、賃上げ広がると。

これ9月7日の、7月給与総額のですね1.5%増と12か月連続プラスと。

だからサンプル入れ替えて12か月連続プラスとか、21年5ヶ月ぶりとかやってるんですよ、本当に。

なんで補正をかけないんだって言うのは、いろんなエコノミストたちが言っています。

私も含めて、おかしいでしょうと。

そしたらそれに対する厚生労働省の回答は、その赤い人たちをですね、赤い人たちを除いた数字も一応ホームページに載せているんですよ。

1年前も今年も残っている共通事業所って言うんですけども、共通事業所についてはちゃんとデータアップしているんだから補正なんかかける必要ないでしょうという。

これは初めてなんです、こういうケースは。

前田有一前田有一

こういうことやったことなかった。

三橋貴明三橋貴明

当たり前ですよ、常識的に補正かけるかあるいは、新しい事業所が入ったんだったら1年後から対前年比でするべきでしょう。

ところがこういうことをやっているわけ。

私がですね、せっかくなので共通事業所を要は1年前も今年もいる事業所に限った数字と、この赤い人たちが新規の人たちが入った数字っていうのを比較するデータを作ったんですよ。

前田有一前田有一

これは見たい。

実質賃金は本当はマイナスだったと判明

三橋貴明三橋貴明

例えば、この青いのが現金給与総額ですね、今年の6月がすごいことになってて3.3%増なんですよね。

7月も1.5%増になっていると、決まって支給する日はボーナスは除いてもプラスで推移しているんですね。

その共通事業所、新たに入ったどうも給料が高そうな人たちを除いたらどうなるかというと、現金給与総額は0ですね、下がってる。

決まって支給する給与も0なんですね、これだけ賃金の伸びが低いと物価の上昇をカバーできないから実質賃金がどうなっているかというと。

これが一番問題だと思うんですが、実質賃金の給与総額は今年6月が2.5%増で決まって支給する給与でも0.5%増と言っていて、7月が現支給総額が0.4%増、決まった支給給与が0%なんですけどね。

実際はマイナスなんですよ、この黒い方が現給与総額でマイナス1%強ですね。

決まった支給賞与給はマイナス1%という事で、これ何が問題かというと、マイナスなのにプラスって出ているわけですよ。

多少のズレはしょうがないですよ、でもマイナスとプラスって全然違うじゃないですか。

前田有一前田有一

全然違います。

三橋貴明三橋貴明

これを平気で補正かけないで発表して、さっきのようなこういう記事になっちゃっているわけですね、多分記者の人たちが何も考えてないで厚生労働省からペーパーをもらって書いてるだけだと思うんですね。

ただ厚生労働省のホームページにいくと、ちゃんと共通事業所の絞った数字が出ているから。

鈴木くにこ鈴木くにこ

それマイナスなんですよね。

三橋貴明三橋貴明

マイナスです。

鈴木くにこ鈴木くにこ

本当にちゃんと出ているんですね。

前田有一前田有一

そんなところだって見ないですから、一般の人はそこまで。

三橋貴明三橋貴明

見ないんですよ。

一番私もやっぱりこれだと思うんです。

7月の実質賃金0.4%増、だからマイナスなんですよこれ。

もしくは共通事業所じゃなくて、一般的な補正だとマイナス0.8%をかけなくちゃいけないから、マイナス0.5%ですね。

というですね、すごいことになっているんですよ今。

鈴木くにこ鈴木くにこ

記者の人もそのままっていうのも。

反対勢力によるストローマン・プロパガンダの手口

三橋貴明三橋貴明

これが面白くて、私が今話を聞いていただいのは分かるけど、別にサンプリングの変更については一切批判していませんよ、いろんな事情があるから変えたっていいんですよ。

でも、古いサンプルと新しい今年のサンプルを比較してですよ、しかもマイナスがプラスに出るよな状況になっているのにも関わらず補正しないでそのまま報じているあるいは、報じさせている事を問題視しているんです。

そしたら、なんかいろんなところで批判されたんだけど、三橋はだからサンプリングの変更を批判をしていると。

そんなの一言も言ってねぇじゃねえかと。

いわゆる、それはストローマン・プロパガンダって言いまして、要は藁人形、私は言ったことがないような事を言ったという三橋貴明を仕立て上げてそれを攻撃すると、そういうプロパガンダなんですよ。

これ2つ問題があって、1つ目はまず私の発言とか言論の信用が貶められちゃうでしょう。

だって、私だってサンプリング変更なんて提案してないのに、三橋サンプリング変更して馬鹿じゃないのってやられちゃうわけですよね。

それは本当にそんな事やったら私馬鹿だと私も思うんですが、これが1個目。

2つ目は肝心要のこういう馬鹿げた事をやっているじゃないかっていう議論がですね、消えるんです。

皆サンプリングの変更は正しいどうのこうのという話になってしまって、そんなのはどうでもいいんですよね。

どうでもいいんだけど、またわざとでしょうね。

そっちに話を転換する事によって、安倍政権がなにやっているのかいう事が薄まっちゃうんですよ。

というのがこれが賃金統計の嘘、嘘ですよ絶対これ、私間違ってる。

鈴木くにこ鈴木くにこ

ちゃんとその、本当に三橋さんのを見るとホームページを見ればちゃんと両方載っていて、1つはマイナスだと。

だから報道もプラスもあるけどマイナスもありますよって、プラスの意味はこうですよってちゃんとやればいいわけですよね。

厚労省の詐欺を一切見抜けない記者のレベル

三橋貴明三橋貴明

せめて補正をかけていませんとか、補正をかけたらどうだという事を書かなきゃいけない、書かないんですよ。

だって厚生労働省のペーパーそんな事書いてないですし、それで勉強しませんから記者さんたち。

給料は上がらず物価だけ上昇させた安倍政権

鈴木くにこ鈴木くにこ

これ本当に、私女性だから言えるんですけれども、スーパー行って買い物するのは女性です。

子供とかいろいろ教育費とかそういうのを見ているのも女性です。

わたしやっぱり、数日前に何人かのママ友さん複数の皆とお話した時に、やっぱり物価上がっているよねと、その割に賃金上がっていない。

三橋貴明三橋貴明

実質賃金が下がっているからなんですよ。

鈴木くにこ鈴木くにこ

そうなんですよ、そういう話で。

スーパー行くと野菜は高いし、高くないのは物が500gあった例えばヨーグルトが400gになっていたりとか、そんなの知らなかっただって容器一緒じゃんみたいな話で、

なんかそうなの初めて気づいたみたいなので、ちょっとママ友同士は盛り上がっちゃったりしているんですけども。

やっぱりそういう事なんだなと今日話し伺って。

前田有一前田有一

最近はやっぱり、バレてきていますよね。

だってホームページ見ても、シュリンクなんとかって言うんですよ、量が下がる前のパッケージと下がった方のパッケージを比較していろんなリストを出しているホームページもあったりして。

三橋貴明三橋貴明

しょうがないですよ、本来インフレかインフレにも移ろうとしているから価格は上げないんですよ。

でも多分上げたら消費者からの反発がって言う事で中身を減らす、これもだからインフレですよ一種のそれをやっているんですよ。

巧妙化する厚労省や安倍政権の詐欺の手口

前田有一前田有一

実質的に鈴木さんのおっしゃった通り、物の値段って上がってるんだけど給料だけは上がらない、追い付いてないって事ですよね。

ただその、さっきのストローマンの理論もそうだけど、ちょっと酷いですね。

三橋貴明三橋貴明

酷いですよ、プラス1.2が1.1だったとかじゃないんですからね。

プラスが1.5マイナス0.5でしたと。

前田有一前田有一

プラスとマイナスを入れ替えるっていうのは酷いですよ。

やっぱりこの最近、ちゃんとホームページとか政府の庁長のホームページを見ると一応データはちゃんとあるんだけど、PDF見ると一番下の方に実はあったりして一応ね後でいいわけ出来るようになっているんですよ。

ただ、こういうマスコミの発表はこんなふうに書かれるような発表をするわけです。

すごく巧妙な形になってきていると思います。

三橋貴明三橋貴明

批判されたら、いやここにデータあるじゃないですか、誰も見ないですよそんなところ。

前田有一前田有一

こういう事が最近続いてきて多いなと思います。

経済政策の失敗を嘘で隠蔽する安倍政権と官僚

三橋貴明三橋貴明

結局その安倍政権の経済政策が上手くいっていないわけです。

それを上手く誤魔化すために、こういう事が増えているなという事が正しい見方だと私は思いますよ。

前田有一前田有一

大本意発表じゃないですか。

これを入れ替えて、入れ替えるのはいいとそれを発表する時に悪く発表するって事ってはないですから、良くなるんですよね必ず入れ替えて。

ということは、そこには確信犯というかちゃんと意図があるんじゃないのかと。

三橋貴明三橋貴明

むしろ本当に日本国の、国民を豊かにしたいと考えるんだったら悪く発表するべきなんですよね。

これだけ酷いんでこれだけ頑張ってやりますってやらなくちゃいけないんだけど、逆でしょう考え方が。

鈴木くにこ鈴木くにこ

確かにそうですね。

前田有一前田有一

なかなかこういうのは、今見て分かる通り報道も追いついていかないし問題だと思いますね。

本当は報道陣がそういうところをちゃんと見抜いてやればいいんですけど、なかなか速報性にこだわっちゃうとそこまで検証している時間もなかったり。

三橋貴明三橋貴明

貰ったペーパーのまま書いちゃうんですね。

前田有一前田有一

そういう事ですね、特に通信社が多かったですね。

またその通信社を基にして、普通の新聞も似たような記事を出すという悪い連鎖になっているようなので。

本当の事を言ってるのは、三橋さんのブログとか。

三橋貴明三橋貴明

私だけじゃないです。

これだって誰が見たっておかしいから、皆言ってますけどこれは。

前田有一