水島総 財務省とテレビ朝日の醜悪な癒着と隠蔽の実態!財務省の嘘をテレビ朝日が一切報道しない理由!

財務省とテレビ朝日のセクハラ騒動

今日はですね、財務省とメディアの癒着と腐敗、この問題についてちょっと話してみたいと思います。

皆さんもご存知のようにですね、財務省の前事務次官、福田という方なんですけど、この人とテレビ朝日のまぁ放送女記者ですね、

この2人の間にセクハラ行為があったという事で、この財務次官はその罪は認めないまま、辞任をしたと。

財務省に迷惑をかける、国に迷惑をかけるという形で辞任したわけでありますが、財務省もそれを否定する材料がないという事で、まぁそのセクハラ事実を認定したわけであります。

そしてテレビ朝日は、その女記者の言い分という事で、財務省に抗議状を送ったと、こういう状態だったわけです。

これが、まぁ朝日新聞の見出しによれば早期決着という形になってしまったわけであります。

一体、これはどういう事なんでしょうか。

皆さんもご存知のように、この問題については、なんら事実の解明も、そして事の解決、セクハラ行為があったのか、なかったのかも含めて、解決がついていないわけであります。

当人は、謝罪もしているわけではありません。

財務省が勝手に謝罪をした。

そして、メディアのテレビ朝日は、勝手にメディアとして抗議を送った。

財務省とメディアの癒着と腐敗

これはもうはっきり言いますと、冒頭にも言いました、メディアと財務省の癒着、手打ち。

まぁお互いさまに傷つくのがまずいから、この辺りでお互いに辞めようやと、こういう形になったと見られるわけであります。

おそらくそれは間違いありません。

財務省にとっては、この問題、テープが一部流れたという事。

こういう事で、まぁその前事務次官が、軽口ですね、軽い口をたたいて、その相手の女性に、まぁ、「おっぱいを触らせろ」とかですね「浮気するかい?」とか、まぁそういうような言葉を述べたという事は、ほぼ間違いないわけでありますが。

いつ、どこで、本当に誰に。

相手の女性の声とか、そういうのは発表されておりません。

そして、一回だけの録音なのか、複数回を編集したのか、これも解明されておりません。

テレビ朝日は、数回会ったと言っておりますが、現実には8回以上会っていると、こういう事実も伝えられております。

まぁ一般的に少し時間が経ちましたから落ち着いて考えれば、必死になって前事務次官に取材をする。

加計問題、森友問題、様々な財務省の問題を聞きたがっている、それに対して、酒の席に呼び出して、小娘と言ったら失礼ですけれども、若い一生懸命なんとか取材して言質を取りたい、こういう女性をからかうように、質問に対して、はぐらかす形で。

からかっている。

全くこの人自体は、まぁ例えば「おっぱい触らせろよ」と言って、「いいですよ」と言ったら触るような事じゃない。

その反応をみて、からかって楽しんでいる。

「浮気をしよう」っていうのも全部そう。

「手を縛る」とかなんとか言うのも、みんな相手を見ながら、からかって楽しんでいる。

誠に嫌な男だなぁとは思います。

品のない男だなぁとは思いますが、いわゆる機密を漏らすようなものではない。

そして、そういう口だから、セクハラと思っていない。

これが、当人の現実でありましょう。

しつこくこんな事を聞いてくる。

それも、自分の色香というものを自信をもって、呼び出されれば8回以上通ってくる。

こういう娘をからかってやろうというような形のものだったように思われます。

今、改めて考えるとですね。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す