渡邉哲也 自民党の邪魔をする党内野党石破茂!派閥の知られざる役割とは?

政党と派閥

という事で、今日は政党と派閥について、お話をさせて頂きたいと思います。

統一地方選挙も終わり、今永田町の方はですね、これから行われる参議院選挙に向けて、動き出しております。

また、一部では、衆参同時の選挙が行われるのではないかという事で、衆議院の方もですね、少し浮足立った状況になりつつあります。

まぁそもそも、民主主義とは何なのかと言えばですね、民主主義の基本は多数決。

要は、多数で意見を決めていくというのが民主主義であり、これを確実に実現するための組織というのが、政党であるわけです。

各政党が作る綱領

各政党は、綱領というものを作り、その綱領において、まずどういう政党であるか、何をすべきか、どういう事を目的としているか、という事を決めて、この綱領によって、色々な候補者や議員を集める。

そして、政党として、意見を統一して、多数決においての力をつけて、議会で政治を決めていくといのが本来の政党の役割という事になるわけです。

ところがですね、ここに来て、2012年の選挙以来、自民党1強時代が続いておりまして、野党の方は、なんかガタガタになってしまっている。

野党がガタガタの中で、この政党の最も大切な政治理念を捨てた合従連衡(がっしょうれんこう)が行われるのではないかといのが、今の永田町の状況という事になります。

自民党の最大の目標

本来、自民党にも問題がありまして、自民党の党是、党としての最大目標は、憲法改正と、自主憲法の制定。

GHQに押し付けられた憲法ではなく、自ら憲法を改正して、自分たちの憲法を作るというのが目標ではあるんですが、これに賛同するフリをしながら、邪魔をする。

画像出典:Twitter

いわゆる党内野党というのが、問題になっています。

この党内与党、野党、というものを決めるのがある意味、派閥という事になってきます。

派閥の役割

画像出典:Twitter

人間3人以上集まると、好きな人、嫌いな人で、派閥が出来ると言われています。

自民党の中にも、右派から左派まで、様々な考え方を持った人たちがいて、この人たちが、ある意味、党内での選挙で、党内でのパワーゲームで勝つために、合従連衡しているのが、派閥という事になってくるわけです。

この派閥の役割なんですが、派閥の最大の役割は、議員の教育、そして、議員の支援です。

基本的に選挙は自民党として戦いますが、各候補者を一義的に直接支援するのは、あくまでも派閥で。

派閥単位の支援を行って、そのうえで、党本部が支援する。

これが、自民党における、選挙制度の在り方という事になって来るんでしょう。

そして、この派閥には、もう一つの役割があります。

これは、各議員、当選した議員が、どの委員会に属するか、この属する委員会を決めるのが派閥であり、もう一つは、大臣になるための、大臣推薦を出すのも派閥なんですね。

例えば、国会には17の委員会があり、この17の委員会では、それぞれ別々の議論が行われています。

画像出典:Twitter

例えば財務・金融、外交と、それぞれの委員会単位の別議論が行われて、それが予算委員会になり、本会議にかけられて、最終決定するわけです。

この際に、一つの派閥が一つの委員会を支配してしまうと、派閥の意見で国政が揺れる事になります。

ですから、派閥に何人という枠を与える事によって、意見が、党内の意見がまとまるように、一つの派閥に固まらないようにしているのが、派閥のもう一つの役割という事になってきます。

まぁ、このように言いますと、派閥というのが、ある程度、意味を持つものであるという事が分かるのではないか。

派閥が、悪であるかのように言っている人がいますが、そういう人たちは、選挙、いわゆる党内選挙、多数派工作というものを、理解してしていないのかもしれません。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す