武田邦彦 日本にとって中国が永遠の敵国である理由!中国や韓国は日本との戦争を望んでいる!白人の侵略と戦った日本人!

世界情勢を殆ど伝えないNHK、新聞、民放メディア

日本人の一般的な考え方と言いますか、受け取り方はですね、70年くらい前の戦争はですね、大東亜戦争ですね、悪い事をしたと、戦わなければ良かったんだ、というような事が一般的なんですね。

で、多くの人が亡くなったので、戦争は嫌だと。

戦争の事を忘れるなと。

こういう風に思っている人が多いんですけれども、それは私は全然違う考えなんですが、それは色考えがあっていいという風に思うんですね。

ところが、最近のNHK、新聞、民放などを見ますとね、ほとんど世界的な情勢というのをやらないんですよね。

もう全くニュースの伝え方も少ないですし、例えば安倍首相がインドのモディ首相と、

画像出典:産経ニュース

インドでどういうような事が行われたかというような事はですね、非常に日本にとって重要なんですが、ほとんど全く報道されませんでした。

結局戦争が起こるとかですね、平和を保つという事は、相互理解なんですよね。

理解程度が深くなれば、戦争というのはそれほど起こらないのですが。

鬼畜米英と戦争を煽りに煽った朝日新聞

例えばこの前の戦争でも、日本側が朝日新聞を中心として「鬼畜米英」

「鬼であり畜生であるアメリカとイギリスをやっつけろ」という大宣伝を打ちましてね、日本人は、イギリス人とかアメリカ人というのは鬼なんだと、畜生なんだと、こう思ったわけですね。

一方アメリカでは、ルーズベルト大統領を中心として、

画像出典:amanaimages.com

日本人は黄色いサルなんだと。

黄色人種の中でも、日本人だけは生かしておく事は出来ない。

全滅させろと。

皆殺しにしろ、という事を、盛んに言っていたわけですね。

こういうような、相互理解が非常に悪いというケースでは、やはり戦争に突入してしまうわけです。

だから、私たち親の子供に対する役割の最も大切な事は、外交、世界を勉強するという事だと、私は思うんですよね。

その事が非常に大切なわけです。

で、私は自分が出ているテレビとか、それからネットなんかで、出来るだけ多く、外国の事をお話しているんですけれども、とかくですね、そういう事を言っている方もおられるのですが、近視眼的と言ったら失礼なのですが、現在の事しか言わないと。

日本にとって中国が永遠の敵国である理由

例えば、ここで取り上げる中国なんですが、中国の悪口はいくらでも言うんですね。

悪口を言うという事は、戦争への道なんですね。

もちろん、日本の文化と中国の文化は相容れないし、ここでの中国とは永遠にダメという題を付けたのですが、それでもやっぱり永遠にダメな理由はなんなのかと。

悪口ではなくて、お互いに違いを理解するという事で、やっていかなければいけないのではないかという風に思うんですね。

ただ、私なんかは北朝鮮を若干擁護しますと、ものすごい勢いでバッシングされるんですよ。

バッシングする人は、戦争がしたいんですかね。

しかし、割合、平和主義者の人が多いんですね。

どういう心理の歪みがあるのかという風に思います。

ここでもあんまり序文が長いと本体が説明できなくなってしまうのですが、中国と日本はダメなんです。

白人側に唯一寝返った有色人種の国 中国

一番結論として大きな事件はですね、1500年から白人が世界制覇に乗り出しまして、最初はポルトガルとスペイン、次にオランダとイギリスというように、もの凄い勢いで、有色人種の国を植民地にしました。

全ての世界の有色人種の国がですね、戦って、殺されて、やむを得ず植民地になった。

その中で、最後に2つだけ残りました。

2つだけというと、また例外を挙げる人がいるので、エチオピアとか、シャムとかちょっとあるのですが、それはまた複雑な事になるので、ちょっと置きましてですね。

2つの国だけが残ったわけですね。

それは1つが中国で、1つが日本なんですよ。

これだけ世の中に、世界にアジアの国、アフリカの国、南アメリカの国、中南米の国ってもの凄くあるのに、その中で唯一、白人との関係がなんていうか、植民地とかそういうのではなくて、隷属関係では無かった国というのは2つなんですね。

この2つが全く違う方法を選んだんです。

中国は白人に寝返ったんですね。

白い中国人というのが一番いい言い方ですが、例えば日本を包囲した包囲網というのはABCD包囲網って言うんですけど、アメリカがAですね。

Bがイギリスですね、ブリテンですからね。

Cがチャイナ、中国。

それからD、オランダ。

つまり、最後に残った独立国、有色人種の独立国に対して包囲した国の一つが中国なんですよ。

中国だけが、白人と戦わなかった。

インでもですね、インドネシアでも、アフリカの諸国でも、南アメリカでも、インカ帝国ですけど、戦いに戦って、全滅したり、力で屈服して白人の植民地になったり、亡びたりしたわけですが、

中国だけは、ただ1カ国なんですよ。

世界で、ただ1カ国だけが、白人側に寝返ったんです。

有色人種の国に侵略し続ける中国

これを言いますと、またアヘン戦争とかが出てくるのですが、アヘン戦争というのは、戦争という名前がついてるだけで、本当の小競り合いですね。

あの時は、清だったのですが、中国はですね。

清軍が2000人くらい死んで、イギリス兵が9人だったですかね。

9人ですから、戦争とは言えないんですよね。

それが1つちょっとあっただけで、それでもう後は戦っておりません。

アヘン戦争に負けたから、全部軍隊を集めてきちっとイギリスと戦おうじゃないかとか、そんな事は全く中国はしませんね。

それで白人側について、アジアを攻めます。

日本ばかりじゃありません。

現在では、チベット、ウイグル、それから内モンゴル、満州、それから1978年にベトナムに侵攻し、北朝鮮も朝鮮戦争。

中国という国はですね、それから日本ですからね、戦った国は、有色人種としか戦わない国なんですよ。

白人の侵略と戦い唯一勝った有色人種の国 日本

ところがまた日本はですね、全く逆で。

世界中の有色人種が白人と戦って、敗れて植民地になったにも関わらず、ただ1つ、軍事力で、つまり、ちゃんとした力で。

自分たちの力で、独立したのが日本なんですね。

日清戦争、日露戦争。

第一次世界大戦ではドイツ。

第二次世界大戦ではイギリス。

まぁ、実質的にはフランス、オランダ、それからアメリカと戦って。

最後にはアメリカにちょっとやられましたけれども、殆どの戦争に勝ち、相手に勝ってですね、それで独立を保った。

現在、サミットという白人のグループに、日本も参加しているのも、これはやっぱり日本だけが独立したという事ですね。

それから、日本が戦った相手というのはですね、裏切るチャイナと別にしたら、中国を別にしたら、全部白人なんですよ。

日本が東南アジアに侵略したという嘘

よく日本が東南アジアに侵略したというけど、あれは嘘で。

日本が戦った、日本軍が戦った相手はですね、中国を別にしたらというか、中国は白人側ですから。

中国、アメリカ、フランス、オランダ、イギリス、ドイツ、ですからね。

当時、フィリピンという国は無いんですから。

アメリカの植民地です。

インドネシアというのはオランダの植民地。

だから、インドネシアに行った日本軍が戦ったのは、もちろんオランダ軍なんです。

それから、ビルマの方に進出した日本軍は、インド独立戦線、

画像出典:ଉଇକିପିଡ଼ିଆ – Wikipedia

つまり、インドの有色人種、インド人と組んで、イギリスと戦ったものが有名な悪名高きインパール作戦なんですね。

だから、もの凄く違うんですよ、考え方が。

これはもう、歴史的にそうなんです。

中国という国は実際にはなくて、チャイナ、シナなんですけれども。

シナは、中華思想を持っている、って言うんですけど、中華思想っていうのは、「俺がアジアの中心だからお前らを守ってやるぞ」という事を言っているのに、お前らを守るというのが、その人たちに刃を向けるのが中国なんです。

日本こそが中華なんですよ。

日本はずっと中華なんです。

それで、白人が来ても、日本だけは戦ったわけです。

この2つの国はね、私はおそらく未来もダメだろうと思います。

なぜかと言ったら、アジアにこれだけ多くの国があるのに、白人側に唯一寝返って、戦わなかった中国と、白人と唯一戦って勝った日本がですね、やっぱり相容れないんですね。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す