韓国が日本に仕掛けた戦争行為!中国に勝手に横流す韓国は一番のリスク!米韓合同軍事訓練は金の無駄!コレグジットと日韓断交!渡邉哲也

韓国軍が竹島上陸訓練

渡邉哲也渡邉哲也

という事で、GSOMIA破棄は、日本が先にしたという事をしながら次のニュース。

前田有一前田有一

こちらですね、産経の同じ26日の紙面なんですが、韓国軍が竹島上陸訓練という事でね、ニュースになっております。

イージス艦も出したなんていうね。

渡邉哲也渡邉哲也

そうですね。

最も、規模最大と言われておりまして。

非常に大きな訓練を日本に対する明確な嫌がらせ。

またこれ逆に言うと、明確な軍事的敵対行動ですからね。

明確に。

日本が領有権を主張している所に、他国の軍隊が入って来て、そこで軍事行動を行ったというのは、これ戦争行為ですね。

国際法上、いつ戦争になってもおかしくない行為を、韓国軍が行ったという事になって来ます。

当然これはもうですね、日本側としても、今後ですね、韓国との付き合い方を考えなければいけない状況になってしまっているという事なんですね。

で、更に色々いくつか大きな事がありまして、ハリス在韓大使がいますよね。

これ、ハリーハリスさんって元々日系人。

元軍人さんですね。

画像出典:shisokuyubi.com

米国が韓国に持つ最大の懸念

渡邉哲也渡邉哲也

ですから、第7艦隊を中心とするアメリカ軍の司令官をやっていた日系人。

沖縄出身の日系人の方が、今韓国の大使。

元々、オーストラリアの大使をする予定が韓国大使になったわけです。

で、彼がですね、このいわゆるGSOMIA破棄の前々日、韓国の全経連、日本でいう経団連ですね。

経団連と財閥幹部全員を集めて、懇親会をやったんです。

非公開の。

この場において、一部漏れてきている所では、GSOMIAの破棄に対する反対を財界としてやってくれと。

という事と同時に、韓国企業のこれからの問題について話し合ったと言われているんですね。

先ほどから輸出管理の話をしていますけれども、日本がホワイト国から韓国を外しましたね、輸出管理において。

で、アメリカが今持っている最大の懸念というのは、韓国はフッ化水素等を中国に不正に横流しをしていた可能性が高いとされている。

で、日本経済新聞などによりますと、その一部はイランなどに渡っていたと言われている。

禁輸国に大量に流れていたと言われているわけですよ。

そんな中ですよ、結局韓国に日本から輸出した物がどこに行ってしまうか分からないんでは困ると。

財閥も、このまま韓国で営業をしていると、お宅の会社の将来無いよという事になりかねないわけです。

アメリカが一番懸念しているのは、バイオだとか、半導体だとかの最先端の技術が、中国に盗まれる、持って行かれる事なんです。

一番のリスクは、韓国なんです。

間違いなく。

なのでここにおいて、ハリス大使は韓国企業に対して、釘を刺したのではないかと。

場合によってはですよ、パテント、特許の部分だけをですね、アメリカにパテント・トロールと言って、特許管理会社を作ってアメリカに移してしまえば、アメリカの管理の下になるし、これアメリカのEARにかかってくるんですよ。

輸出管理に。

ですからアメリカに特許だけを移して、出来るだけ工場も移せというような話をしたのではないかとも言われているわけですね。

ソフトコレグジット ハードコレグジット

渡邉哲也渡邉哲也

という中で、いわゆる日米と大中華、小中華。

中韓ですね。

との間の亀裂がどんどん進んでいると。

で、韓国、コリアがエグジット、出て行く。

西側から出て行く事をコレグジット今呼ばれておりまして。

コレグジットには、ソフトコレグジット。

柔らかいコレグジットですね。

これはですね、今のように段階的に意見の相違で緩やかに外れて行く、離れて行く。

西側から出て行く。

ハードコレグジット。

これは、日韓断交ですね。

というどちらがあってもおかしくないし。

アメリカの激怒というのは、非常に厳しいものになっておりまして、現在。

渡邉哲也渡邉哲也

トランプ大統領 米韓合同軍事訓練は金の無駄

アメリカはですね、トランプ大統領と安倍総理が会った席でですね、米韓合同軍事訓練に関して、金の無駄だと。

米韓の合同軍事訓練に対して、金の無駄だと。

俺はやるなと言っているが、担当大臣がやりたいと、長官が言っているから好きにしろと言いているけれども、俺は金の無駄だと思う。
[/char]

前田有一前田有一

そこまで言ったんですか?

渡邉哲也渡邉哲也

言っている。

で、これに関して、じゃあ金正恩と意見が合ったね、という報道が出ているわけですよ。

これ、中央日報という所なんですけれども。

金正恩とトランプが合意したと。

米韓合同軍事訓練は金の無駄、という事で。

ですから、本当にコレグジットでですね、これ近い将来日本はですね、選択しなくちゃいけない。

韓国、中国を切り捨てるという厳しい選択が、訪れるのかもしれませんね、という事ですね。

鈴木くにこ鈴木くにこ

日米同盟の上にね、成り立っている日本の平和でもあるのでね。

これが出来なければ日本は韓国を守るつもりはございません

渡邉哲也渡邉哲也

だから今日もですね、ウォンが暴落しているわけですね。

コレグジットというかGSOMIAの問題、米中貿易摩擦の激化という事でですね。

で、今ですね、一つ皆さん知らない方がいらっしゃるかもしれない。

今世界のセーフティーネット構造、資金のセーフティーネット構造。

アジア通貨危機で、日本は保険をかけたんです。

まず、IMFという国際的な保険があります。

そして、チェンマイイニシアチブというアジアだけの保険システムがあります。

そして、今リーマンショックによって、FRBと世界のバンクオブイングランド、大映銀行だとかですね、ECBだとかスイス銀行だとか、日銀だとか。

世界の主要な大きな銀行が、無制限のスワップ。

お互いにドルをいくらでも借りられる。

円をいくらでも借りられるとう無制限状態になっている。

FRBがあって、ドル構造で言うと、日本がアジアの代理店です。

で、日本政府としては、IMF、チェンマイイニシアチブ以外に、二国間スワップという事で、インドに対しては7兆円以上のドルを貸し出しますよという契約をしている。

そして、アジア各国に対して、緊急事態が起きた時に、日本が破綻しないように。

いわゆる通貨危機って連鎖しちゃうんですよ、アジア通貨危機のように。

連鎖するのが怖いので、日本が後見人になって、守ってあげますよ、って今やっているんですね。

これをどんどん必要に応じて額を出すという事を言っているわけです。

で、これ一部はスワップになっていますし、それ以外ににも、日本はアジアの安全保障、いわゆる金融面での安全保障を守る役割を果たして行くと明示しているわけ。

ただし、ここにポイントある。

中国と日本との間では、一応3兆円ちょっとの円スワップがあります。

韓国にはございません。

ですから、日本は韓国を守るつもりはございません。

現在、世界的なアジア地域で通貨危機が起きた場合、日本政府は他の国、ASEANの国々を守る意思を明示しております。

それに対して、韓国を守る意思はございません。

というのが今の状況です。

鈴木くにこ鈴木くにこ

コレグジットしても構わないという事ですよね。

渡邉哲也渡邉哲也

コレグジットになって頂いて構わないですしね。

韓国を除くという事ですよね。

という状況に、今なっているというのは、今の世界構造で。

これからどうなるか分かりませんけどね。

まぁ、韓国側がどうするのか。

日本側としてはですね、誠意をもって対応してきたわけですよね。

まずは韓国側がこの状況を打開したければ、7月12日の輸出管理の説明会の後についた嘘をまず全面否定すれば、日本側が貿易協議に応じると言っているわけですから。

まず、7月12日についた嘘。

貿易説明会の後についた嘘を否定して頂いて。

また、竹島への上陸等、日本への攻撃的行為を全面否定して頂いて。

ホワイト国除外に関する間違ったミスリードを全面否定して頂いて。

徴用工問題に関する世界各国についてきた嘘も全面否定して頂いて。

慰安婦問題に関する世界についてきた嘘も全面否定して頂ければ、日本としてはですね、いかようにもいたしますというのが今の状況ではないかなと思われます。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す