【福島原発 汚染水処理】金の奴隷に成り下がった東京五輪!汚染水を処理水と呼ばせる子供だまし!損得思考の洗脳!武田邦彦

現在思考と未来志向

ここは私が一番強調したい所なんですが、最初からこういう事を言うとですね、「武田は非現実的だ」とかいう話が来るわけです。

私の話が一般的に分かりにくかったりですね、それから、過激だと言われたりするのはですね、一つにはもちろん私の言い方もあると言って、自分も反省しなきゃいけないんですが、私は最終的に、どこに着地するかという事。

例えば、日本と韓国の関係なんか、それで誤解されるんですね。

それを考えています。

多くの人はですね、現在どうなのか、という事に力点を置いているので。

分かりやすいんですが、「じゃあ最終的に日本と韓国どうなるの?」

「それに向かってどう進むの?」

と言うと、黙ってしまう事が多いんですね。

日本国家繁栄の鍵

それから、私はもう一つはですね、日本国家の繁栄というのはですね、やっぱり誇りだと思うんですよ。

プライドですね。

やっぱり、国民はプライドを持っていないと発展しないんですね。

日本は大東亜戦争で負け。

負けたというか、2勝1敗1引き分けなんですが。

まぁ、そういう事で。

プライドをなくす。

イギリスが、戦後、イギリス病で苦しんだのは、イギリスの誇りを失ったからなんですね。

ですから、私はね、小さい事よりか、大きな日本人の誇りというものを大切にする。

それは例えば、江戸時代であればですね、いつもお話をしますが、宿屋の女中が、親切にしてくれたんで、外人がプラスαでお金を渡そうとすると、「私は当たり前の事をやったんですから、それ以上頂けません」とこう答えると。

これこそがですね、人間を立派にして、国を繁栄させる基である、と私は認識しているんですよ。

原発汚染水問題に対する個人的な見解

その意味で、原発汚水を私は見るんですね。

ですから、他の人と考えが違うんです。

薄めて出すなんて、そういう姑息な手段は、日本民族の誇りを取られると思うんですね。

まず第一に、日本は海洋国家であって。

それも、一流の海洋国家なんですよ。

海洋国家としてはですね、例えばイギリス、それからインドネシア、ノルウェー、そういった所と並んでですね、非常に重要な海洋国家なんですよ。

もちろん、周り、四面を海に囲まれているばかりでなく、日本の文化なり、日本の軍事力といいますか、国防力なんかもですね、経済力ももちろん一流なんですね。

一流の人は、一流の振舞いをしなければいけないんですよ。

それは野球選手であれ、例えば文学者であれですね。

やはり、一流であれば、一流の心構えと、態度と覚悟がいるんですよ。

ですから、日本は海を汚さないという事ですね。

それが非常に大切で。

海というのは人類共通のものであって。

資産とか、そういう経済的な話は使いたくないんですが、ものであって、それを大切にするという事が、世界の人を幸福にするという断固たる決意がいるんですね。

その点では、放射性廃棄物は海を汚しますから。

これは駄目なんです。

焼酎粕を海に捨ててもよいのか?

だけどもまた別にですね、例えば私は焼酎粕を海に捨てるなというのがあって。

今では少し禁止されているんですが、私は「焼酎粕が海を汚染するかどうか分からない」と言っていたんですよ。

それはなぜかと言いますと、これも同じなんですね。

日本は海洋国家だから、他の国が駄目だとか言ってもですね、私たちは私たちの研究成果に沿ってですね、主張すべき事は、海については世界に先立てて主張しなければいけないという事で、言っているわけですね。

日本はプライドも捨て去る気なのか?

それからもう一つは、日本はなんて言ったって、人種差別撤廃条項を反対を押し切って、国際会議に提出したりしてですね、プライドのある国なんですよ。

それはまぁね、中国とか韓国の悪口は言いませんよ。

だけど、ズルして少しでも自分が得しようという国ではないんですよ。

国際審議を守り、自分としてのプライドも守りですね、しっかりした民族として生きて行きたい。

それが一番日本の繁栄になると思っているんですね。

つまり、今はもう経済の時代で。

金の奴隷に成り下がった東京五輪

私はテレビでいつも言うんですけど、オリンピックの効果が2000億円だとかいうのが出て来るとですね、「そんなの放送すべきではない」と僕は言うんですよ。

誰がそんな事言うんですか?

オリンピックというのは、人間の機能の一つ。

スポーツですね。

それと魂。

それと、世界一流の人達が、必死になってやるスポーツというもので、日本人が精神的な感化を受ける。

より一つ高みに上る。

誇りを持った人間としての高みに上る為のものであって。

それを何億円とか、そんな損得で計算しては駄目だと。

私はしょっちゅう言うんですけど。

私はですね、お金というのは、最低限度あればよくて、それ以上は必要ないですよね。

山本周五郎の小説にあるように、

「どんなに貧乏でも、お金は役に立ちません」

「仕事をまともにするという事のためには、お金は邪魔になります」

という方が正しいんですよ。

ですから、今度のオリンピックもいいですけど、なんか誰かの放送権の為に、真夏の暑い時に東京でやるなんていう事になってですね。

まぁ、本当に金の奴隷になっているという感じですね。

汚染水を処理水と呼ばせる子供だまし

この汚染水もそうですが、損得ばっかなんですよ。

海を汚さないとか、科学的に大丈夫か、とか。

というような事じゃなくてですね、汚染された水なんですから。

汚染された水なのに、汚染水と言うと、そのうち捨てられなくなるから、処理水と言わなければ駄目だとかですね。

なんちゅう事なんですかね。

こういうのを「子供だまし」って言うんですよ。

それで、私は実はですね、今度の汚染水の問題は、もう、検討するまでも無いんですよ。

軽く見られる最も大切な精神論

ロンドン条約であるかとか、ないかとかいう問題じゃなくて、ロンドン条約とかそういう国際社会の海洋に関するものはですね、技術的に、もしくは、経済的に可能である限り、海洋を汚さない努力をするべきである、という精神論が書いてあるんですよ。

それが一番大切なんですよ。

日本はそれでもって、これからの海洋運営について、やって行かなければいけないんですよ。

マグロの捕獲の問題もそうですし、鯨の問題もそうですしね。

あらゆる点において、このくらいいいだろうとか、お金の損得でこうだとかいう態度を国際的に取っていたらですね、私は駄目だと思うんです。

私、虎ノ門ニュースでですね、私が産業界にいた頃、日本が繁栄していた頃、日本人はプライドがあったから、一流会社は絶対に環境を汚すような行動は取らなかったと言ったんですね。

この場合の一流会社と中小企業とに差があるというんじゃないんですよ。

お金の余裕があるから出来るんですよ。

東電はもはや一流企業ではない

東電がですね、汚染水を捨てようと思う事自身が、もう一流会社じゃないという事ですよ。

もう東電は、一流会社だとか言っている人間がいると思うんですけど、全然、経団連とかそういう所に入っちゃ困りますね。

もうそういう指導的立場ではないですよ。

だから私はね、この原発汚染水に見られる、「流してもいいじゃないか」という人達に呼びかけるとしたらですね、やっぱり国の繁栄は、日本人の誇りなんだ、という事です。

日本は海洋国家であり、埃があり、損得よりも哲学を大事にする。

という事ですから。

これはやっぱり、大東亜戦争を始めた、1941年の11月の御前会議でですね、軍令部総長が言った通り、

「戦っても負ける」

「戦わなくても亡びる」

「それなら、日本人は将来プライドを持って国を運営して行かなければいけないから、やっぱりここは戦って負けるのがいいだろう」と。

こう言ったわけですね。

「命は捨てるかもしれない」

しかし、「日本の繁栄は、戦う事によってプライドを守るんだ」と言ったわけですね。

僕はこれに賛成なんです。

つまり、ずる賢く立ち回るというのは、その時だけ得するような感じがしますが、駄目ですね。

ですから、私は福島原発の事故が起こって、そうでなくてもですね、大気を汚染し、海洋を汚染したわけですよ。

ですから、日本は世界に向かって、ズルい国はあるかもしれない。

だけど日本も過ちは起こすかもしれない。

だけども、それの処理とかそういうのにあたっては、やっぱり他国の模範になるような行動を取ると。

これが私の本当に言いたい事なんですね。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す