【福島原発 汚染水処理】金の奴隷に成り下がった東京五輪!汚染水を処理水と呼ばせる子供だまし!損得思考の洗脳!武田邦彦

現在思考と未来志向

ここは私が一番強調したい所なんですが、最初からこういう事を言うとですね、「武田は非現実的だ」とかいう話が来るわけです。

私の話が一般的に分かりにくかったりですね、それから、過激だと言われたりするのはですね、一つにはもちろん私の言い方もあると言って、自分も反省しなきゃいけないんですが、私は最終的に、どこに着地するかという事。

例えば、日本と韓国の関係なんか、それで誤解されるんですね。

それを考えています。

多くの人はですね、現在どうなのか、という事に力点を置いているので。

分かりやすいんですが、「じゃあ最終的に日本と韓国どうなるの?」

「それに向かってどう進むの?」

と言うと、黙ってしまう事が多いんですね。

日本国家繁栄の鍵

それから、私はもう一つはですね、日本国家の繁栄というのはですね、やっぱり誇りだと思うんですよ。

プライドですね。

やっぱり、国民はプライドを持っていないと発展しないんですね。

日本は大東亜戦争で負け。

負けたというか、2勝1敗1引き分けなんですが。

まぁ、そういう事で。

プライドをなくす。

イギリスが、戦後、イギリス病で苦しんだのは、イギリスの誇りを失ったからなんですね。

ですから、私はね、小さい事よりか、大きな日本人の誇りというものを大切にする。

それは例えば、江戸時代であればですね、いつもお話をしますが、宿屋の女中が、親切にしてくれたんで、外人がプラスαでお金を渡そうとすると、「私は当たり前の事をやったんですから、それ以上頂けません」とこう答えると。

これこそがですね、人間を立派にして、国を繁栄させる基である、と私は認識しているんですよ。

原発汚染水問題に対する個人的な見解

その意味で、原発汚水を私は見るんですね。

ですから、他の人と考えが違うんです。

薄めて出すなんて、そういう姑息な手段は、日本民族の誇りを取られると思うんですね。

まず第一に、日本は海洋国家であって。

それも、一流の海洋国家なんですよ。

海洋国家としてはですね、例えばイギリス、それからインドネシア、ノルウェー、そういった所と並んでですね、非常に重要な海洋国家なんですよ。

もちろん、周り、四面を海に囲まれているばかりでなく、日本の文化なり、日本の軍事力といいますか、国防力なんかもですね、経済力ももちろん一流なんですね。

一流の人は、一流の振舞いをしなければいけないんですよ。

それは野球選手であれ、例えば文学者であれですね。

やはり、一流であれば、一流の心構えと、態度と覚悟がいるんですよ。

ですから、日本は海を汚さないという事ですね。

それが非常に大切で。

海というのは人類共通のものであって。

資産とか、そういう経済的な話は使いたくないんですが、ものであって、それを大切にするという事が、世界の人を幸福にするという断固たる決意がいるんですね。

その点では、放射性廃棄物は海を汚しますから。

これは駄目なんです。

フォローして最新情報をチェックしよう!