日本から100兆円を騙し取る環境詐欺師の終焉!温暖化の嘘で税金を盗み取る悪徳詐欺政治家の実態!

悪徳環境詐欺師の終焉

環境と言えばですね、どんなに不条理な事でも、どんなに人に迷惑をかけてもですね、もうなんでも通るという時代はですね、この2020年、来年をもって、終わりになると思うんですね。

今まで環境問題で、山ほど税金を使いですね、その甘い汁を吸ってきたわけです。

温暖化対策に金を使わない世界のまともなリーダー

例えば、温暖化ですよね。

きちっとした政治家は、温暖化対策なんてものに税金は使いません。

典型的に言えば、一番きちっとしていたのはプーチン大統領ですね。

出展:twitter

「ロシアは寒いんだ」

と、こう言っているわけですね。

「少し温暖化して貰ったほうがいい」

と最初から言っているわけですよ。

だって、もともと現在の地球が第三氷河期にあってですね、これ以上寒くなったら、ロシアって危ないんですよね。

ですからまぁ通っているわけです。

それから、アメリカ大統領。

出典:Yahooニュース

これはなかなかのもんで。

今までは、なんか温暖化対策をやっているようで、全くやらない。

中国も全くやらない。

その点では、プーチン大統領、トランプ大統領、習近平主席はですね、日本では批判する人も多いんですが、批判するどころか、温暖化対策なんて、なんにもやらないわけですよ。

日本はもう100兆円使ったなんて、渡辺先生なんかも計算しておられますが。

酷いわけですよね。

そればかりじゃありませんよ。

リサイクルの嘘で税金を盗み取るリサイクル利権

例えば、名古屋市で私も今度少しお話を名古屋市とする事になっているのですが、分別リサイクルですね。

家庭のゴミを分別リサイクルする。

こんなくだらない事をですね、これはもう利権そのものなんですよ。

一番酷いのはペットボトルの蓋のリサイクルですけどね。

なにしろ経費を600円かけて、40円くらいを儲けると。

儲けるというか取れると。

あとの560円は税金で充てると。

こういうような事を山ほどやってきたわけですよ。

例えば、ゴミ袋なんかも指定ゴミ袋なんかもそうですよね。

誰が作っているのかというのを、どうして役所がそれを応援したのかというのを見ればすぐに分かるわけです。

最近ではそれがまた極端になりまして。

少女が泣けば金が取れる悪徳温暖化詐欺利権

この前の国連のですね、若い女の子がなんにも分からないのに、涙を流して言う。

出典:NRK

そうするとNHKとか朝日深部とかこういうその…

典型的ですよね。

「女の子の涙が分からないのか」

って、そういう問題じゃないでしょ。

女の子の一人が涙を流しゃあいいのか?

子供を使って大量に殺戮する政治プロパガンダ

それはね、子供を使ったら悪辣な政治のプロパガンダというのは、ロシアでもあったし。

何百万人という人を殺しましたよね。

有名なのはポルポトの少年兵ですけど。

国民の60%くらいを殺すというそういう、そういう事もいっぱいあったわけですよね。

まぁ、名古屋の街中でもそうですよ。

大量の石油を使い天ぷら油でバスを走らす反社会勢力

なんか天ぷら油から作った油を使ってます、なんていうバスがですね、正々堂々と街の中を走っているわけですよ。

だって、天ぷら油から取ったバスの燃料を使うんだったらば、その燃料を使うのに、何分の1かの石油で済むのに、何倍もの石油を使って、天ぷら油の使い終わりから、バスの燃料油を取ってですね。

そして、それはもちろん利権なんですよ。

暴利を貪ってるわけですよ。

まぁ言ってみれば、反社会勢力ですね。

暴力団以上の反社会勢力左翼リベラル・環境運動家・NHK・朝日新聞

左翼のリベラルとか、環境運動家とか、というのはですね、僕は名古屋にも反社会勢力というか、暴力団、指定暴力団がいるんですけど。

その方がまだちゃんとしていますよ。

時々問題を起こすから、それは悪いんですけどね。

名古屋市全体に悪い影響を与えるという事はないですよ。

自分たちで色々と抗争もしているし、物騒ではありますけどね、もちろん。

反社会勢力と言われるくらいですから。

だけど、左翼リベラルとか、環境運動家とかね、NHKとか、朝日新聞よりかはましですよ。

それは比較すれば。

子孫繁栄すら否定する狂気の環境運動家オカシオコルテス

だって、この頃、アメリカのリベラルで、環境運動家の筆頭としてやっている若い女性ですけど、オカシオコルテスさんというのがいるんですけどね。

出典:CNN

その環境を守るための政策というのがなんだと思います?

「未来が暗いから子供を産むな」

って言うんですよ、まず。

なんのために人類というのは生きているんですかね?

「昆虫を食べろ」

って言うんですよ。

「牛肉を食べちゃいけない」

って言うんですよ。

「牛はげっぷをするから」

って。

いやいや、あなた何を言っているんですか?

計算も何も出来ないんですか?

牛の体というのは、草を食べる事によって、できるわけですね。

普通は草なんですが、トウモロコシを使う事もあるんですが。

トウモロコシでも草でもまぁそれは一緒で。

栽培するか、自然に生えているかという事なんですけれども。

げっぷというのはそのうちのですね何百分の1くらいなんですよ。

つまり、げっぷがCO2である事がなぜかというと、牛が草を食べて、草から自分の肉が出来て、その肉とか栄養が、酸素と結合してCO2になり、それがげっぷとなるわけですから。

牛が食べた栄養の何百分の1なわけですよ。

それがなんか牛の肉と関係があると言うわけですね。

飛行機に乗らずに鉄道に乗る狂気の環境少女

それから飛行機を止めるというのも変ですね。

なんかあの国連で演説したグレタさんが飛行機に乗らない。

例えば私たち、東京から大阪へ行くとしたら、新幹線とかレールでもどっちでも通常鉄道でも同じなんですけれども。

新幹線か、鉄道か、飛行機なんですね。

どっちがエネルギーを使っているか。

エネルギーを使ってもいいんですよ。
CO2を出してもいいですが。

まぁ、エネルギーが少ない方がいいとしますとね、それは飛行機の方がエネルギーが少ないんですよ。

「そんなのおかしいだろう」

と言うけれども、計算をしたらすぐ分かるんですよ。

ちゃんと計算したらですよ。

というのは、新幹線はですね、重力を枕木と石と、それから鉄橋とかトンネルとかで支えて地上を走るんですよ。

あの重たいやつを支えて、高速で支えるからかなりお金がかかるんですね。

だからJRはですね、建設費は国が2/3、地方自治体が1/3というのが一応の基準なんですよ。

色々と時代によって、東海道新幹線の時とか、整備新幹線の時とか色々と違うんですが、基本的にはそうなんですね。

JRも少し負担しますが、それはJRが過度に儲けない範囲で払うんですよ。

ですから鉄道を敷くときに、主要なエネルギーは地盤なんですよ。

トンネル、橋、それから砂利、駅。

そういう所なんです。

それはですね、国が払わざるを得ないくらい大変なエネルギーをかけるんですよ。

で、その上を走るだけだったらば、まぁ東京から大阪、1万3000円だっていうわけです。

だいたいCO2の発生とかエネルギーの発生というのは、ほぼ値段に比例しますからね。

値段が正当であれば、値段に比例します。

飛行機な、重力に逆らって空を飛ぶので、重力に逆らう時だけ、油がいるわけですね。

だけども、着率地点は羽田と伊丹空港しかいりませんから。

もうとにかく、大阪と東京全線をですね、鉄道を敷くよりかは、それはエネルギーは全然違うんです。

片っ方は建設時とか補修時にかかる。

片っ方は日頃かかる。

だいたい、東京大阪でいろんな運賃がありますが、だいたい1万6000円から2万円くらいですね。

ですから、もう到底ですね、鉄道の方がかかるわけですよ。

名古屋もね、昔、変な車内広告があったんですよ。

自動車より地下鉄の方がCO2が出ないと騒ぐアホ

自動車で走るよりか地下鉄で走った方が、地下鉄に乗った方がCO2が出ないなんていうのが、堂々と吊られていたんですよ。

アホじゃないかと思いますよね。

だって、僕らは大人でしょ。

だから、バカ息子がですね、「車を親父が買ってくれたから安く済む」んだなんて言っているのと同じなんですよ。

「電車に乗るよりか車が安い」っていうから、なんで?って聞いたら、「車は親父が買ってくれるから」だって。

それはね、社会全体の事を考えずに、自分だけの事を考えればそうですよ。

地下鉄なんていうのはですね、地下を掘るのが大変なんですよ。

地下を掘るエネルギーなんて、いくら地下鉄を走らせたって、回収できないんです。

しかし、この手のね、子供っぽいやつをやる。

環境の為と言いアホから税金を騙し取る時代の終焉

そして、いくらおかしくたって、

「環境の為だ」

って言えばですね、許される。

最近自治体でですね、節電なんてやって。

昔から、節電なんかやっているんですよ。

なんでその、自治体と節電が関係があるんですかね?

僕なんか、外国人に「なんで日本では節電なんてしているんですか?」って聞かれて困るんですよね。

だって、人間が生活するうえで電気はいるんですから。

だからまぁね、なんというかもう思考がこのくらい停滞するというのは、もう酷い時代になったと私は思いますね。

だけど、これも2020年に終わりますから。

ようやく、一応理屈ではまともな時代に生きる事が出来ると思われます。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す