アフターコロナ 世界はどう変わるのか?売国企業を税金で救済すべきか?

コロナ終息後、世界はどう変わるのか?

ポストコロナ、コロナの後、どうなるのかというお話をさせて頂きたいと思います。

現在、世界中でロックダウン解除の動きが出ています。

感染者がピークを過ぎた事により、経済活動を再開させようという動きです。

しかし、ロックダウン解除は、第二波の可能性を秘めています。

せっかくこれまで2カ月近くロックダウンによって経済を止めて来たのに、ここにおいて解除する事によって、再びパンデミックが起きるリスクが叫ばれているからです。

このロックダウン解除ですが、2つの条件があります。

感染者がピークを越える事。

そして、根本的な問題として、

治療薬の開発と集団免疫の獲得です。

治療薬に関しては、レムデシビルというアメリカの薬が承認を受けました。

日本のアビガンに関しても、5月中の承認を目指し、今、治験を行っています。

治療薬が出来る事によって、致死率・重症化率が落ちる事で、通常のインフルエンザ同様に扱えるようになるわけです。

パンデミックによる医療崩壊の可能性

ただ、ここには大きな問題があります。

新型ウイルスの怖さというのは、誰もが免疫を持っていない事なんです。

ですから、1度、パンデミックが起きると、医療崩壊を招いてしまう可能性が高い。

だから、この集団免疫を作る上で、必要とされるのが、いわゆるワクチンという事です。

ワクチンというのは、弱毒化したウイルスを体内に植え付ける事によって、感染しづらくなり、免疫を与えるもの、という事になります。

このワクチンに関しても、アメリカのトランプ大統領は、年内の開発を目指す、としているわけです。

ワクチンと治療薬が完成すれば、この新型コロナウイルスの脅威は無くなる事になるわけです。

米中貿易戦争の激化

しかし、そのままコロナが収まったからと言って、経済が過去のような構造になるとは限りません。

現在、世界中の人・物・金の流れが一気に止まっています。

そして、このロックダウンによって、経済活動が大きく制限されているのが実態です。

このような状態において、経済は一気に悪化しているわけです。

アメリカにおいては、労働者の5人に1人が失業状態にあり、このコロナウイルスによる影響で失業したと言われています。

このような状況において、アメリカや世界の国々は、中国に対して強い不満を持っている事は間違い無いでしょう。

特に貿易戦争を抱えるアメリカと中国の間において、対立が激化しているわけです。

そして、問題となるのは、各国の経済構造の問題もあります。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す