日本国民はもう選挙で国をよくする事は出来ないのか?庶民が政治家を動かす知られざる方法

主権者たる国民が出来る事

主権者たる国民が出来る事、という事についてお話をさせて頂きたいと思います。

日本の主権者は日本国民です。

そして、この主権を行使する手段として選挙と請願というものがあります。

選挙によって議員を選ぶ。

自らの意見に近い議員を選ぶ事によって国を変えていく。

これが最大の権利。

国民が持つもう一つの権利

そして、もう一つの権利が請願です。

請願権というと、何か難しい事のように思われますが、実はこれはそんなに難しいものではありません。

逆にデモや集会、結社などよりも強い権利であり、そしてそれは守られているものでもあるからです。

憲法21条によって、集会、結社、言論は自由を保障されています。

しかし、それは自由が保障されているのに過ぎないわけです。

それに対して請願は、権利を認められているわけです。

憲法16条によって、何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。

として、権利として認められているわけです。

請願の様々な形態

この請願には色々な形態があります。

本来の請願というのは、文書などで行い、そして紹介議員が必要など細かいルールが決まっています。

この請願の一つの形態として、陳情というものもあります。

そして、この陳情には細かいルールはありません。

口頭でも出来るわけです。

また、インターネットを使いメールを送る。

そして、ツイッターなどSNSで相手議員にメンションを付ける事によって、相手議員に陳情を行う事が出来ます。

例えば、なんとか大臣、なんとかという国会議員に対して

「先生、これをやってください」

「こうして頂けるとありがたいです」

などの文章を入れる。

これも、陳情の一つのあり方になるわけです。

ただしやはり、文章で行った方が効果的であるのは間違いありません。

文章で送る方法として、手紙を送る。

また、議員の事務所にFAXで送る。

という方法もあります。

議員のホームページでは、議員の住所やFAX番号などを公開している所が多く、そこに自らの言葉を送る事が出来るわけです。

効果的な請願・陳情の方法

ただし、ここで気を付けて頂きたいのが大量に同じ文章を送りつけたり、繰り返し送りつけたり、恫喝や脅迫的な文章は絶対にやってはいけません。

場合によっては、脅迫や威力業務妨害などに該当する可能性もあり、それは逮捕される事もあり得るからです。

まずは、効果的なのは自分の選挙区の地元議員。

国会議員、市会議員、県会議員など、自分の選挙区の議員に意思を伝える事が重要です。

それは与野党問いません。

また、その際には支持者である事を明記し、

「助けてください」

的な文章が、最も効果的な文章であると言えるでしょう。

どんな議員も、やはり志を持って議員になっており、救済、人々を助ける、という事が議員の役割でもあるからです。

ですから、恫喝的な文章ではなく、また脅すような、また相手を傷つけるような文章ではなく、自分がこのように困窮している。

だから、助けてください、という文章を送るのが一番効果的であると言えるわけです。

また、国会などに関しては、それぞれの専門分野の議員。

例えば外国防衛であれば、外交防衛委員会の議員。

財務関連であれば、財務委員会の議員など、その専門分野にあわせた議員にメンションを付けて、ツイッターなどでお願いをしたり、

また、ホームページで調べてFAXなどを送るのも効果的であると言えます。

ただし、この際も複数、大量に送るなど、議員の迷惑になる行為は、絶対に避けてください。

これが、国民の政治参加のあり方であり、選挙だけが国民の政治参加ではありません。

最も効果的な請願・陳情の方法

更に言えるのが、この陳情や請願において、最も効果的なのは実力派議員に直接陳情や請願を行う、という事になります。

党内で力がある。

また、その分野で力がある議員が動けば、世論形成がしやすく、また、法律を作りやすいわけです。

往々にしてこのような議員は、高齢の議員が多く、そしてインターネットと近しい関係に無い方も多いわけです。

ですから、そのような議員に対しては、FAXを送るのが効果的であると言えるでしょう。

また、重鎮になればなるほど、そのような議員を避け、陳情や請願がやりづらい。

陳情や請願件数が少ない、というのも実態です。

若い議員に対しては、誰もが声をかけやすい。

重鎮になると声をかけにくい。

だから、自ずから請願、陳情件数が減って行く、という事になります。

そんな議員に、大量の請願が来た場合、議員としてはそれを動かさざるを得なくなるわけです。

ですから、若手だけではなく、重鎮議員に請願や陳情。

特に陳情を行う事はとても有効であると言えます。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す