竹島が日本の領土である明確な理由!韓国国会議員が竹島上陸の異常性!青山繁晴

韓国人の学生から頂いた質問

韓国の国会議員が竹島に上陸するなど、なにかと話題の竹島問題ですが…

アメリカ留学中の韓国人の学生のユンさんという方からこんな質問を頂きました。

私が、青山さんに聞いてみたいものはこれです。

私が朝鮮半島でいうと独島(トクト)、竹島問題についてはよく分かりません。

私が感じるのは、もちろん韓国人ですから、独島が韓国領土だと信じたいですが、そうではない可能性も考えます。

竹島が韓国の領土として、また、日本の領土だと断定しません。

なぜなら、両方の証拠と根拠を、全て見ていないからです。

だから、私は青山さんに聞いてみたいです。

日本の独島、竹島の主張に関する根拠を私におっしゃってください。

それでこそ、私も、両国の主張を論理的に理解して、また他の人たちに論理的に説明が出来るからです。

竹島が国際的に日本の領土でしかあり得ない理由

といった質問を頂きましたので、竹島がなぜ、日本の主張だけでは無くて、国際的に見て日本の領土でしかあり得ないのかという理由をお答えさせて頂きます。

まず、ユンさんは韓国で、独島、竹島は韓国領土だったという話を受けたと思いますが、ユンさんの質問は非常に正直に書いてあって、まぁ、本当に無条件にそう思おうとしているだけだ、という事が書いてあるのですが。

まぁ、普通ですとね、日本の江戸時代に、竹島に流れ着いたところの、韓国の、今の言葉で言えば漁民の人が、日本の殿様と謁見をしたと。

その時にその竹島が、当時は、対馬と言ったはずですけれども、韓国のものだと認めさせた、なんて事がですね、実際に韓国には、書いてある教科書があります。

私は、ソウルでその教科書を見た事がありますが。

これは、もう無茶苦茶な話で、当時の日本の殿様が、漂着した外国の漁民に会う事はあり得ませんので、まず、ここからがもう既に嘘なんですが…

江戸時代、竹島は日本の漁場

まず、その江戸時代を踏まえてですね、日本はこの江戸時代も含めて、この竹島を主に漁場として活用してきました。

そのうえで、1905年、明治38年に、日本政府は正式に、竹島を島根県に編入しました。

その時を、今も島根県は、ちゃんと竹島の日として、最近は国際社会に発信しているわけですね。

2月22日

そして、今、韓国側はどう言っているかというと、侵略戦争の始まりなんで、この決定は無効だと言っているんですね。

韓国の度重なる虚構の始まり

ですが、そもそも、日韓併合は、その5年後の1910年、明治で言うと、もう明治43年になっています。

そもそも時期が合わないのと、ユンさんにも理解して欲しいのですが、日本は韓国と戦争した事がありません。

で、これは、豊臣秀吉による朝鮮討伐と日本側が呼んでいるものとは、全く話が違う事であって。

日韓併合の真実

すなわち、当時の大日本帝国と一緒になったのは、大韓帝国です。

大韓帝国と日本は、戦争したことがありません。

従って、これは西洋諸国が、アジアに対して行ったような、植民地戦争を日本が仕掛けたのではなくて、当時の大韓帝国の首相閣下と、日本の代表がちゃんと条約を結んで、つまり、日韓併合条約という条約を結んで、日韓併合時代が訪れました。

従って、ユンさんも間違いなく、日本が植民地支配したと教わったと思いますが。

実は、大韓帝国の当時の判断、もちろん、色々な解釈がありますけれども、北から朝鮮半島に南下してくるところのロシアの脅威を考えると、同じアジア人の日本と組んだ方が、得策だという判断は、間違いなく背景にあったと思われます。

そして、実際に日本は、日韓が一緒になった時に、例えば、酷い統治を行ったかのように言われていますが、歴史的事実を公平に見ると、全くの逆です。

例えば、帝国大学をソウルに作りましたけれども、武力でインドを植民地にしていたイギリスは、オックスフォードやケンブリッジと同格の大学を、インドに作ってくれましたか?

そうじゃなくて、あのガンジーさんも、イギリスに留学をせざるを得なくて、そして、留学生として帰って来た時に、インドを支配していたイギリス人から、列車の中で酷い目に遭わされて、そこで独立運動に目覚めていったという歴史的経緯があります。

ところが日本は、東京帝国大学や京都帝国大学と同格の大学をソウルに作ります。

すなわち、当時の大韓帝国は、皇帝陛下の非常なご苦労もあったけれども、なかなか改革が進まず、改革を進めて行って、今のユンさんもお使いになっているところのハングルも含めて、つまり、当時の韓国の大韓帝国の人々というのは、識字率、つまり文字を知っている割合が、非常に低かったんですね。

その事を日本がむしろ憂いて、大韓帝国のエリートたちは、難しい漢字をそのまま使っていて、それが差別の元になっていて、民衆がそれを学ぶ事が、そもそも難しいという事がありました。

従って、日本統治の時に、日韓併合の状態で、確かに統治者は日本でしたけれども、その使いやすいハングルというものの普及をはかった。

つまり、帝国大学と同列の大学によって、朝鮮民族のエリートを育成すると同時に、庶民の人々がハングルを使えるような下地を作って行ったのは、実は、日韓併合の時代なんですね。

韓国将校も事実関係を把握している

これは、決して、僕が日本の立場で、言っているわけではありませんよ。

これを、アメリカとかイギリスとかフランスで話した時に、反論できる歴史学者は、実はいないんですね。

ソウルでもこの話をいっぱいします。

「うわーっ」と大騒ぎになりますが、後でメールでやり取りをしたりすると、これは伏せてくださいと言いながら、調べてみると、事実関係はそうだったっというのを、敢えて申しますが、今の現役の韓国軍の将校からも、実は頂いております。

立場が悪くなるから、名前とかは申しませんけれども。

話を元に戻すと、だから、侵略戦争の発端が、1905年の竹島の島根県編入だった、という事自体が本当は間違っているんですね。

韓国は戦勝国ではない

1905年にそれがあって、その40年後、1945年に、日本は戦争に負けました。

日本は戦争に負けた事によって、台湾や、朝鮮半島は、日本から離れました。

それは、事実の通りです。

その後、実際、何が起きたかというとですね、これはね、ユンさん、アメリカという自由の地にいますから、英語の文献を中止に、よく調べてみてくださいね。

その文献で、おすすめの英語の文献、ユンさんはおそらく英語が出来るでしょ。

ラスク書簡というのがあります。

ラスクさんというのは、当時のアメリカ国務省の幹部です。

この方が、韓国に宛てた、公式の書簡、私的なものじゃない、この実物が、National Archives(ナショナルアーカイブズ)

ユンさんもご存知ですよね?

ワシントンDCにある、アメリカ国立公文書館、ここに現物が保管されています。

リクエストによっては、その現物を見る事も可能だと思いますが、そのコピーは、間違いなくアメリカ国内にいると、見る事が出来ます。

このラスク書簡の中に、そもそも、竹島は日本領という意味は明記されていて、それと同時に、その背景にある考えとして、韓国は、戦勝国では無いという事を、アメリカははっきりと示しているのです。

日本の敗戦

これは、1945年に、第二次世界大戦が終わって、日本は敗北しました。

それは、間違いありません。

それについて、「敗北者と認めるな」という右からの脅迫が、僕に来たりするのですが、間違いなく日本は負けました。

それが、昭和天皇の御意でもあります。

御意に逆らう事は、してはいけません。

そして、私たち日本人の公平な考え方であります。

そのうえでですね、5年後に、もう、朝鮮戦争がはじまりました。

その朝鮮戦争を大きなきっかけとして、韓国の態度が変わった、つまり、アメリカに対して変わった。

これは、韓国を批判しているのではなくて、リアルな話として、アメリカは、戦争ばっかりしている国です。

共に戦った国や人々を、大事にします。

戦勝国だと嘘をつく韓国

朝鮮戦争では、米韓の連合軍が、北朝鮮とその後入ってきた、中国人民義勇軍と共に戦った、いわば戦友になりました。

韓国は、これをしっかりと見て、ここは公平に言いますね。

したたか、というよりは、しっかりとその事実を把握して、朝鮮戦争を契機にして、アメリカに強く要求した事がありました。

それは何かというと、朝鮮戦争が始まった翌年の1951年に、サンフランシスコ講和会議というのが開かれます。

つまり、アメリカは、朝鮮半島の情勢も見て、日本をいつまでも敗戦国にして、被占領国に留めておくのではなくて、日本の独立をちゃんと回復させて、アメリカ寄りの日本軍を作って、アジアでもっと強くしたいという事がありました。

そして、1951年にサンフランシスコ講和会議を開ぎ、そこでサンフランシスコ講和条約を結ぶわけですね。

それに向けて、韓国からアメリカに対して、非常に要求が激しくなったのが、

「韓国を連合国だった事にしてくれ」

「連合国だったら、韓国は日本の領土の一部を、韓国領に出来るはずだ」

という2点を要求したんですね。

韓国は連合国では無いと米国が明言

で、その時にアメリカ国務省の幹部だったダレスさんという人は、これもちゃんと記録がありますから調べてください。

ダレスさんが、韓国大使側に明言したのが、

「韓国は、連合国ではありません」

と。

そもそも、大韓民国の建国自体が、1940年代になってからですから、存在していない国を、そもそも連合国として認める事は出来ない。

実は戦争中に、連合国の宣言というものが行われているのですが、その時に、当時の韓国側が、つまり、韓国だと3.1独立運動と言っていますが、その運動の母体も含めて、連合国の宣言の中に加わっていないので、いかなる意味でも、韓国は連合国ではない。

従って、「戦勝国側ではない」とダレスさんが、正式に韓国の大使に通告をしました。

実在しない波浪島を要求する韓国

しかし、韓国はそれに納得せずに、アメリカに要求し続けたのが、竹島と、波浪島(はろうとう)、この2つの島を韓国領として認めてくれ、と要求したんです。

そして、アメリカは、それを調べた所、この波浪島が実在しないと。

ここは、僕の推論が一点だけあります。

つまり、アメリカは、実は軍事国家として、日本海の島々をよーく調べていた。

だから、日本の島々の事はよく分かっていた。

日本は元々海洋国家ですから、さっきの竹島を漁場として活用していたように、日本海の事をよく分かっていた。

しかし、おそらく韓国は、あまり、韓国が今、勝手に東海と言っている、日本海の事をよく知らなかったんじゃないか、これ一点だけは、僕の推測ですよ。

しかし、そう思わざるを得ないのは、なんとこれ、実在していないんですよ。

実在している竹島と、この波浪島を、韓国から入れてくれと言われて、アメリカがそれを調べた。

そうしたら、この島が実在していなくて、未だに見つかっていないんですよ。

岩礁、つまり大きな岩が、波浪島ではないかというのはありますけれども、実は、波浪島という島がありましたという事を、当時の韓国大使も実証できないまま終わっています。

アチソンさんという当時の国務長官、つまり外務大臣ですね。

それが、

「実在しない島を、韓国領にしろというのは一体どういうわけだ」

と、韓国大使に告げた、というのも、事実。

この辺は、全部事実ですね。

日本の独立に反対した韓国

そのうえで、当時の大統領の李承晩さんが、どうしたかというと、サンフランシスコ講和条約が結ばれること自体に反対していた。

つまり、「日本は独立を回復するな」「被占領国のままでいろ」と言い続けても、それが相手にされなかったので、どうしたかというと、サンフランシスコ講和条約は、翌年の1952年の4月28日に発効する。

条約が結ばれてから、しばらく周知期間を置いてから発効します。

韓国が勝手に引いた李承晩ライン

その1952年の4月に28日に発効する直前に、日本海に勝手に線を引いたんです。

そして、そのラインに中に、勝手に竹島を入れてしまったんです。

元々、このラインはどういうラインかというと、マッカーサーラインって言うんですね。

あのマッカーサー。

そのマッカーサーラインというのは、領土や領海を決めたものではなくて、とりあえず日本が主権を回復するまでの間、日本の漁業権、日本の漁民が自由に活動していい場所はどうしましょうかという事で、これはアメリカ自身も、はっきりした根拠もなく、概ねこうだろうというかたちで、マッカーサーラインを引いたわけです。

韓国はそれと、ほぼ同じラインを、韓国のライン、李承晩ラインとして引いたんです。

マッカーサーラインの消滅

今の話で、ひょっとしたらユンさんも分かるかもしれないけれども、マッカーサーラインは、1952年の4月28日に、サンフランシスコ講和条約を発効して、日本の主権が開始された当時に、これは廃止になったんですよ、マッカーサーラインは。

国際社会で、公に廃止になったわけです、マッカーサーラインはね。

で、韓国はそれを、大統領の李承晩ラインとして、残したわけですが、これも実は消えて無くたったんです。

いつか?

1965年です。

李承晩ラインも日韓基本条約で消滅

1965年に日韓基本条約が結ばれて、ユンさんが望まれている通り、日韓が連携できる国になった時に、この李承晩ラインというのは、実はこれも無くなったんです。

無くなったという事は、竹島が、韓国領であるといういかなる論旨も失われた、失われたのにそのまま維持し続け、そして、その過程で、日本の漁船の船長が、韓国の軍事力に襲撃されて殺されると。

殺されなかった人も、多くは韓国にだ捕されて、連れていかれて、という事もたくさん起きて、未だに日本政府は、その責任追及が、出来ていないわけですね。

これが、日本の立場で言っているわけではなくて、全て事実だけです。

さっき、波浪島という奇妙な要求をしたのが、韓国は、日本海の事をあまり知らなかったのではないか、少なくとも、アメリカがスパイを使って調べたほどは知らない、それから、日本の漁民の広範囲は活動ほどには、日本海を生活の糧にしていなかったのではないか、という事だけは推測ですが、あとは全てただの事実なんです。

しかも全てにおいて、証拠があるわけです。

竹島が日本の領土と証明するラスク書簡

その一つとして、ラスク書簡というものが、ワシントンDCの誰でもアクセスができる、アメリカ国立公文書館。

法律によって、誰にでも見れる事が担保されていますから、そこにぜひ出かけて行って、ラスク書簡というものを、英語がおそらく読めるユンさんだから、見てください。

僕が言った事実関係の中で、これは事実ではない、と思う事があったら、もう一度質問をください。

朝鮮人の名誉を傷つける嘘まみれの歴史

これは、ユンさんが、韓国の愛国者であることをむしろ信じて、つまり、ユンさん、そしてこれを知った在日韓国人、在日朝鮮人、そして韓国国民、場合によっては北朝鮮の国民、その方々に、僕は本当に、心から語り掛けたい。

これは、朝鮮民族の名誉に関わりますよ。

なぜ、自らの歴史を変えるんですか?

それは、結局、自分たちを貶める事になる。

あの時、大韓帝国が日本と手を結ばざるを得なかったというのは、それは、北からのロシアの脅威に対して、やむを得ざる選択だと、僕は思いますよ。

で、実はその選択は、間違えていなかったじゃないですか。

なぜなら、ハングルが普及し、社会インフラがつくられ、そして、やがて日本が戦争に負けた後、大韓帝国ではなくて、大韓民国をつくる基礎にもなったんですよね。

韓国に対する世界の信認が上がらない理由

それを、真正面からどうどうと受け止めて、良い事も悪い事も含めて、正しい韓国の歴史をきちんと世界に知らしめて、今の大韓民国の存在価値をはっきりさせて、その事が例えば、ウォンの信認を上げる事に繋がるじゃないですか。

本当は、従軍慰安婦像なるものを、でっち上げで作って、それで韓国ばっかりが得をしているっていう風に、日本のメディアは、日本に対してネガティブは報道が大好きだから、そうやって報じているけれども、ちっとも韓国の国際的な地位は上がっていませんよ。

なぜ韓国経済は、日本のメガバンクの融資が無いと、成り立たないんですか?

それは、自国通貨のウォンに対する信認が無いからであって、日本は韓国の朴槿恵さんが、どんな反日工作をやろうとも、実は、ドルよりも人民元よりもユーロよりも、日本の円が、一番世界の信認を得ている、それがなぜなのかを、お考え頂きたいんですよ。

本来の、韓国経済を考えると、韓国経済はかつて、アメリカ主導のIMF(国際通貨基金)の支配を受けて、そして、その屈辱を跳ね返すために、韓国国民、官民を問わず、頑張って来たんですよね。

ところが、頑張って来たのに、サムスンとかヒュンダイとか、一部の特定企業だけが、莫大な利益を上げて、それが、韓国民全体の利益になっていない、あるいは、クレディビリティ、信認性のアップになっていないから、ウォンは軽んじられたまま。

それは、自らの近現代の歴史、つまり、ラスク書簡のような明らかな証拠物があるのに、それを真っ向否定するんならいいんだけれども、無かった事にして、違う歴史を作り上げているから。

自分の票のためなら魂を売るバカげた政治家

本当は、どれほどロビー活動をやって、当面の利益のために、特に地方議員は、韓国系の住民を増やすという戦術に乗っかって、とにかく票が欲しいから。

それは、日本もアメリカも、どこでも、これは民主主義のダークサイドで、「自分の票の為なら魂を売る」そんなバカげた政治家、日米にも、イギリスにもフランスにもいっぱいいますから。

だから、一見、そう動かせているように見えて、本当は、韓国民を誰も信用してくれないというような事に、実は繋がります。

ユンさんも、アメリカでお暮しになっていて、それを、実は、感じる事もあると思いますよ。

何を言っているかというと、良い事も悪い事も、主権国家の歴史にはあります。

だから、日本は、1945年に本当に戦争に負けたという事を、僕も言っているわけですよ。

負けた事を、勝った事には出来ないですよ。

グラグラと揺れる世界

全ての、いい事も、悪い事も、客観的に踏まえて、次の国を、自分の為ではなくて、次世代の為に、それから、自分の国だけじゃなくて、例えば、アジア全体のためにつくっていくという事が、本当は、アメリカの一極支配なるものを、でっち上げようとして失敗した、その事によって、世界がグラグラ揺れている。

それを救うものは、本当は、アジアの人口の多さであり、アジア全体の経済力ですよね。

それが、例えば独裁国家の中国に支配されないように。

自由選挙を行っている韓国は、日本ともちろん連携できる国であって、そしてこれは、本当は、中国の国民とも言えるんですよ。

文化で豊かな歴史を持っている、私たちは、アジアで連携出来るはずです。

本当は、中国の民主化にも、韓国も日本ももっと、貢献できるはずです。

その事をやるためには、まず、証拠が残っている、証拠がある近現代の歴史を、都合よく作り変えない、元に戻って、客観的証拠に基づいて、日本の悪い所は悪いといい、そして、韓国の悪い所は悪いといい、それを日韓お互いがやるという事を、ユンさんのような方々と、僕は連携して行きたいと思います。

もう一度いいます。

どうぞ、僕の話が事実に基づいているかどうかを、証拠に基づいて、自分で調べてみてください。

その意味では、アメリカといういう、いい場所にいらっしゃいます。

ぜひ、活用して頂きたいと思います。

参考図書:危機にこそぼくらは甦る  
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

この話が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す