竹島が日本の領土である明確な理由!韓国国会議員が竹島上陸の異常性!青山繁晴

日本の敗戦

これは、1945年に、第二次世界大戦が終わって、日本は敗北しました。

それは、間違いありません。

それについて、「敗北者と認めるな」という右からの脅迫が、僕に来たりするのですが、間違いなく日本は負けました。

それが、昭和天皇の御意でもあります。

御意に逆らう事は、してはいけません。

そして、私たち日本人の公平な考え方であります。

そのうえでですね、5年後に、もう、朝鮮戦争がはじまりました。

その朝鮮戦争を大きなきっかけとして、韓国の態度が変わった、つまり、アメリカに対して変わった。

これは、韓国を批判しているのではなくて、リアルな話として、アメリカは、戦争ばっかりしている国です。

共に戦った国や人々を、大事にします。

戦勝国だと嘘をつく韓国

朝鮮戦争では、米韓の連合軍が、北朝鮮とその後入ってきた、中国人民義勇軍と共に戦った、いわば戦友になりました。

韓国は、これをしっかりと見て、ここは公平に言いますね。

したたか、というよりは、しっかりとその事実を把握して、朝鮮戦争を契機にして、アメリカに強く要求した事がありました。

それは何かというと、朝鮮戦争が始まった翌年の1951年に、サンフランシスコ講和会議というのが開かれます。

つまり、アメリカは、朝鮮半島の情勢も見て、日本をいつまでも敗戦国にして、被占領国に留めておくのではなくて、日本の独立をちゃんと回復させて、アメリカ寄りの日本軍を作って、アジアでもっと強くしたいという事がありました。

そして、1951年にサンフランシスコ講和会議を開ぎ、そこでサンフランシスコ講和条約を結ぶわけですね。

それに向けて、韓国からアメリカに対して、非常に要求が激しくなったのが、

「韓国を連合国だった事にしてくれ」

「連合国だったら、韓国は日本の領土の一部を、韓国領に出来るはずだ」

という2点を要求したんですね。

韓国は連合国では無いと米国が明言

で、その時にアメリカ国務省の幹部だったダレスさんという人は、これもちゃんと記録がありますから調べてください。

ダレスさんが、韓国大使側に明言したのが、

「韓国は、連合国ではありません」

と。

そもそも、大韓民国の建国自体が、1940年代になってからですから、存在していない国を、そもそも連合国として認める事は出来ない。

実は戦争中に、連合国の宣言というものが行われているのですが、その時に、当時の韓国側が、つまり、韓国だと3.1独立運動と言っていますが、その運動の母体も含めて、連合国の宣言の中に加わっていないので、いかなる意味でも、韓国は連合国ではない。

従って、「戦勝国側ではない」とダレスさんが、正式に韓国の大使に通告をしました。

実在しない波浪島を要求する韓国

しかし、韓国はそれに納得せずに、アメリカに要求し続けたのが、竹島と、波浪島(はろうとう)、この2つの島を韓国領として認めてくれ、と要求したんです。

そして、アメリカは、それを調べた所、この波浪島が実在しないと。

ここは、僕の推論が一点だけあります。

つまり、アメリカは、実は軍事国家として、日本海の島々をよーく調べていた。

だから、日本の島々の事はよく分かっていた。

日本は元々海洋国家ですから、さっきの竹島を漁場として活用していたように、日本海の事をよく分かっていた。

しかし、おそらく韓国は、あまり、韓国が今、勝手に東海と言っている、日本海の事をよく知らなかったんじゃないか、これ一点だけは、僕の推測ですよ。

しかし、そう思わざるを得ないのは、なんとこれ、実在していないんですよ。

実在している竹島と、この波浪島を、韓国から入れてくれと言われて、アメリカがそれを調べた。

そうしたら、この島が実在していなくて、未だに見つかっていないんですよ。

岩礁、つまり大きな岩が、波浪島ではないかというのはありますけれども、実は、波浪島という島がありましたという事を、当時の韓国大使も実証できないまま終わっています。

アチソンさんという当時の国務長官、つまり外務大臣ですね。

それが、

「実在しない島を、韓国領にしろというのは一体どういうわけだ」

と、韓国大使に告げた、というのも、事実。

この辺は、全部事実ですね。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後にフォローをお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す